カテゴリー

葉酸(FIT-BioCeuticals)

葉酸(FIT-BioCeuticals)

¥3,280~

脳神経や代謝、胎児の発育をサポートする活性型葉酸で高濃度500μgの葉酸を使用したサプリメントです

海外発送

送料無料

ほしいものリストへ登録

サイズ

数量
メーカー FIT-BioCeuticals Limited
製造国 オーストラリア
商品番号 30594
納期 7~14日
お支払方法 ちょコムクレジット コンビニ決済 銀行振込 郵便振替
返品 返品できません。但し、破損・誤送の場合は再発送させて頂きます

商品説明

脳神経や代謝、胎児の発育をサポートする活性型葉酸で高濃度500μgの葉酸を使用したサプリメントです。

商品の説明文につきましては、箱書きと添付文書の要約したものを記載しております。

※本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者は使用できません。
※商品画像につきましては、撮影時期、在庫状況により使用期限、製造番号、デザインが異なることがございます。
※海外商品につきましては、入金から商品到着まで10日前後を予定しております。使用開始予定日から余裕を持って注文操作お願いいたします。

人気サプリメントの葉酸に関する情報

  • 葉酸とは葉酸が含まれる食べ物とは葉酸のおすすめランキング葉酸の働きとはテトラヒドロ葉酸とは葉酸の摂取量とは葉酸不足とは妊娠・妊活時に必要なビタミンとは


  • 葉酸(FIT-BioCeuticals)の用法・用量

    大人は、1日1回、1回1粒を目安にお召し上がりください。

    ※添付文書の要約になります。

    葉酸(FIT-BioCeuticals)の有効成分

    Calcium folinate 694mcg
    equiv. folinic acid 500mcg

    葉酸(FIT-BioCeuticals)についての補足説明

    <保管方法>
    高温多湿を避け常温保存

    <注意事項>
    ・神経管欠損症や二分脊椎などの先天異常のある胎児がいる場合は専門の医師の指示を受けてください。
    ・自己責任でご使用の程をお願い申し上げます。
    ・18歳未満の方の使用は、勧められていません。
    ・1日の使用目安量を守り、過剰な摂取はお控えください。
    ・本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
    ・医師による治療・投薬を受けている方は、ご摂取前に医師にご相談下さい。
    ・妊娠中・授乳中の方は、ご使用の前にかかりつけの医師や専門家にご相談の上、摂取してください。
    ・海外医薬品は、海外の製造基準により造られているため日本の製造基準とは違うことがあります。
    ・直射日光の当たらない涼しい場所に保管してください。
    ・お子様の手の届かない場所で保管して下さい。

    ※添付文書の要約になります。

    葉酸(FIT-BioCeuticals)は海外発送です。

    • 全商品送料無料でございます。
    • 課税対象額(商品代金の60%)が10,000円を超える場合、受取りの際に関税などがかかります。
    • 葉酸(FIT-BioCeuticals)の配送方法につきましては国際書留郵便、日通メイルプラス、EMSを利用します。
    • 葉酸(FIT-BioCeuticals)は配送の希望日時は指定できません。
    • 葉酸(FIT-BioCeuticals)の効果効能については個人差がございます。合わない場合は直ちに利用を中止し、医師に相談してください。

    ※ご注意ください

    お届け先は「ご自宅を住所」のみ承っております。お届け先がお勤め先・事業所の場合、個人使用と認められずお荷物が税関で止められることがございます。詳しくは「こちら」からご確認ください。

    症状から商品を探す

    関連カテゴリー

    人気サプリメントの葉酸に関する情報

    葉酸とは

    • 葉酸(ビタミンB9)

      ビタミンB群のビタミン1つで、体内で葉酸からジヒドロ葉酸さらにテトラヒドロ葉酸と還元されたのちに補酵素として体内で働きます。葉酸は主に、アミノ酸や核酸を合成する時に活躍する成分なので、細胞が分裂が盛んな受精卵や血液成分を合成する細胞でよく消費されます。

    葉酸が含まれる食べ物とは

    • ほうれん草

      生のほうれん草100gには葉酸が約210μg含まれますが、葉酸は水溶性ビタミンで水に溶けやすいため茹でて調理すると約110μgまで減少します。

      枝豆

      生の枝豆100gには葉酸が約320μg含まれますが、葉酸は水溶性ビタミンで水に溶けやすいため茹でて調理すると約260μgまで減少します。

      レバー

      生のレバー100gで葉酸の量を比較するとニワトリが1300μgで一番多く続いて、牛が1000μg、豚が810μg含まれます。葉酸は、植物の葉から発見されたビタミンですが動物食品にも多く含まれる栄養素です。

    大人気の葉酸サプリメントのおすすめランキング

    • おすすめランキング 1位

      高濃度500μgの葉酸を使用したオーストラリアのFIT-BioCeuticals Limited社製の葉酸サプリメントです。1日1回、1回1粒を目安にお召し上がりください。

    • おすすめランキング 2位

      妊娠や葉酸欠乏症が気になる方の健康をサポートする吸収力を高めた活性型の葉酸(5-メチルテトラヒドロ葉酸)を使用したサプリメントです。妊娠初期時に栄養補給の他、葉酸欠乏による貧血などにも栄養補給しやすい大人気の葉酸サプリメントです。

    • おすすめランキング 3位

      妊娠中に赤ちゃんの栄養が気になる方の健康をサポートする葉酸、カルシウム、鉄、マグネシウム、ビタミンE、ビタミンB 12などの必須ビタミンやミネラルを使用したサプリメントです。DHAも含まれているので魚が苦手な人や魚を食べる機会が少ない方にもおすすめです。

    • おすすめランキング 4位

      葉酸、鉄分、7種類のビタミンB群を配合した女性にうれしいピジョンブランドの日本製サプリメントです。ビタミンB群の特有のにおいをカットし、ソフトカプセルに仕上げていますので召し上がりやすくなっています。香料、保存料は使用しておりません。

    • おすすめランキング 5位

      妊娠・授乳期の栄養サポートに小林製薬の葉酸サプリメントです。カバンに入れやすいパウチタイプなので持ち運びが楽々です。

    葉酸の働きとは

    • アミノ酸や核酸の合成

      葉酸は、体内でジヒドロ葉酸になりテトラヒドロ葉酸と還元されてから補酵素として働きます。補酵素とは、補酵素だけでは体の中で作用しないため、酵素を助ける事で作用します。葉酸は、補酵素の一つでビタミンの多くは補酵素として体内で働きます。葉酸がテトラヒドロ葉酸に還元されるとメチル基というアミノ酸合成や核酸合成に必要な部品を受け渡すことができるようになります。体内でメチル基を必要とするアミノ酸合成や核酸合成がスムーズに行われるために葉酸は重要な働きをします。

    5-メチルテトラヒドロ葉酸とは

    • 活性型葉酸の1つで葉酸が体内では還元された物です。

      葉酸は、タンパク質や核酸を合成する時に働く補酵素です。5-メチルテトラヒドロ葉酸とは、葉酸がテトラヒドロ葉酸に還元されたのちにメチル基という炭素が結合したもので、葉酸に結合したメチル基をアミノ酸や核酸に渡すことで新しい細胞合成のサポートをします。葉酸を5-メチルテトラヒドロ葉酸にして摂取することで、通常の葉酸よりも吸収率と細胞合成の働きをより効率的にすることが考えられます。

    葉酸の摂取量とは

    • 葉酸の1日摂取量は成人で200μgです。

      18歳以上の成人の葉酸の1日摂取量は200μgで、厚生労働省の食事摂取基準での推奨摂取量は240μgになります。また、妊娠を計画している女性や妊娠の可能性がある女性は、神経管閉鎖障害のリスクの低減のために、付加的に 400µg/日の葉酸の摂取を推奨されています。

    葉酸不足による症状とは

    • 葉酸不足は、細胞合成が活発に行われる血液成分や胎児、精子の生成などに注意が必要です。

      葉酸は、アミノ酸や核酸を合成する時に必要なビタミンなので、葉酸が不足すると正常に細胞合成ができなくなります。特に血液細胞などを合成する細胞の合成が活発なところで葉酸が不足すると葉酸欠乏性貧血などが起こりやすくなります。妊娠初期の女性が葉酸不足になると胎児の細胞分裂が正常に行われにくくなるため胎児の神経管閉鎖障害などの発育不全になるリスクが高くなります。酸素を運ぶ血液成分の赤血球も毎日細胞合成が盛んにおこなわれていますので、葉酸が不足すると貧血にもつながりやすくなります。男性の精巣も精子が毎日合成されていますので妊活中の男性にも葉酸不足にならないよう注意が重要です。

    妊娠・妊活時に必要なビタミンとは

    • 葉酸

      妊娠初期は、胎児の細胞分裂が活発に行われているので核酸やアミノ酸など細胞合成に葉酸が消費されます。そして生まれてくる子供の神経管閉鎖障害のリスクを軽減するために葉酸を1日400μg摂取することが厚生労働省の日本人の食事摂取基準にて推奨されています。葉酸の多く含まれる食べ物には、ほうれん草、モロヘイヤパセリ、アスパラガス、レバーなどがあります。

      ビタミンB1

      神経細胞の合成やエネルギー合成に必要なビタミンです。大人(18~49才)のビタミンB1の1日推奨摂取量は、女性1.4mg、男性1.1mgです。妊婦は年齢に対して推奨摂取量は0.2mg増やした量になります。なお50~69才になると1日推奨摂取量は女性1.0mg、男性1.3mgに減少し、70才以上では女性0.9mg、男性1.2mgになります。ビタミンB1を多く含むものに豚肉、納豆、胚芽、ゴマ、マイタケまどがあります。

      ビタミンB6

      アミノ酸合成に必要なビタミンです。大人のビタミンB6の1日推奨摂取量は、女性は1.2mg、男性1.4mgです。妊婦はさらに0.2mg追加した量が推奨摂取量になります。ビタミンB6を多く含むものにバナナ、サンマ、レバーなどがあります。

      ビタミンB12

      大人のビタミンB12の1日推奨摂取量は男女ともに2.4μgです。妊婦はさらに0.4μg追加した量が推奨摂取量になります。葉酸と同時に摂取することでよりアミノ酸の合成をサポートしやすくなります。ビタミンB12を多く含む食べ物には、カキ、アサリ、レバーなどがあります。

      ビタミンC

      大人のビタミンCの1日推奨摂取量は男女ともに100mgになります。妊婦はさらに10mg追加した量が推奨摂取量になります。ビタミンCは、抗酸化ビタミンの一つで免疫力の改善や血管を丈夫にしたり鉄分の吸収に関係します。大人のビタミンCの1日推奨量は100mgです。ビタミンCを多く含む食べ物には、いちご、ブロッコリー、赤ピーマンなどがあります。水溶性のビタミンで排泄されやすいためこまめに摂取することがポイントです。

    人気サプリメントの葉酸に関する情報