新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 8月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

2017年 9月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

ジェネリック医薬品・市販薬 TOP > ジェネリック医薬品とは?
創業36年の実績!本社は東京 安心の日本の会社が 商品をお届けします。

ジェネリック医薬品とは?

新薬の特許が切れた後に発売される、同じ成分で自己負担の少ない(薬価の安い)後発医薬品のことです。
研究開発や臨床試験の費用がかからないため、ブランド商品と比較し大幅に安価で製造・販売が可能なのです。
かつては「ゾロ」などと呼ばれていましたが、現在では「ジェネリック医薬品」という呼称が定着しつつあります。

医薬品の分類

医薬品には薬局・薬店の店頭で販売される一般用医薬品と、医療機関で使われる医療用医薬品があります。
医療用は、更に特許を取得したブランド薬と、特許の切れた後に同じ成分で作られたジェネリック医薬品に分けられます。

※たとえば「味の素」は味の素株式会社の商品名ですが、成分名(一般名)でいうと「グルタミン酸ナトリウム」となります。

高額な費用をかけて開発・製造販売されているブランド商品と比較し、低価格で製造・販売されているジェネリック医薬品では
やはり多少の違いがあると考えられており、消費者の自己責任でどちらをも選べる環境を作ることが大切ではないでしょうか。

日本ジェネリック医薬品研究会「ジェネリック医薬品の役割」 日本ジェネリック医薬品研究会「ジェネリック医薬品の役割」

ジェネリック医薬品のメリットとデメリット

■ジェネリック医薬品のメリット

既に有効性、安全性が確立された先発品と同一成分の医療用医薬品を安く提供できるため、保健医療内の 患者の自己負担額を軽減し国の医療費の削減・抑制ができる。また貧しい人でも同じレベルの医療の恩恵を受けられる。

■ジェネリック医薬品のデメリット

製薬会社にとって利益率が低いため、突然生産中止してしまう可能性がある。
また開発費、臨床試験の規模がまったく異なるため、医薬品の添付文書の情報量が、先発品と比べて少ない。

アイジェネリックストアでは、これらジェネリック医薬品の特性を十分にご理解いただいた上で、
お客様ご自身がジェネリック医薬品のメリット/デメリットを比較してご検討いただくようお願いしております。

 

海外のジェネリック医薬品事情

日本ではまだ十分に普及していないジェネリック医薬品ですが、諸外国では医薬品の中心的な役割を演じることもあります。ここではアメリカを例にとって見てみましょう。

■アメリカのジェネリック医薬品事情

合理主義の浸透したアメリカでは、同じ効き目なら安い薬をという発想を皆が持ち、ジェネリック医薬品の普及を官民挙げて徹底して進めています。

日本のように国民皆保険の制度がないため、消費者、保険会社、政府の誰もがジェネリック医薬品の普及で利害を一致させており、公的保険はジェネリック医薬品での調剤が原則となっています。

また製薬会社の売上高ランキングの上位10社中3社がジェネリックメーカーとなっており、アメリカではすでに一般的な市場として存在しているのです。

さらに詳しくは、「海外のジェネリック事情」へ。 さらに詳しくは、「海外のジェネリック事情」へ。

アイジェネリックストアでは、こういったジェネリック医薬品の特性を十分にご理解いただき、選択されたお客様へ、
信頼のおけるジェネリック医薬品を海外で調達し、輸入代行でお客様のお手元へお届けするサービスの推進を行っております。