カテゴリー

マルチソルト(BioTechUSA)
運動時の塩分やミネラルなど電解質補給をサポートするサプリメントです。

マルチソルト(BioTechUSA)

¥1,960~ 海外発送 送料無料 ほしいものリストへ登録

数量
メーカー BioTech USA
製造国 ハンガリー
商品番号 30390
納期 7~14日
お支払方法 ちょコムクレジット コンビニ決済 銀行振込 郵便振替
返品 返品できません。但し、破損・誤送の場合は再発送させて頂きます

商品説明

運動時の塩分やミネラルなど電解質補給をサポートするサプリメントです。

商品の説明文につきましては、箱書きと添付文書の要約したものを記載しております。

※本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者は使用できません。
※商品画像につきましては、撮影時期、在庫状況により使用期限、製造番号、デザインが異なることがございます。
※海外商品につきましては、入金から商品到着まで10日前後を予定しております。使用開始予定日から余裕を持って注文操作お願いいたします。

マルチソルト(BioTechUSA)の用法・用量

大人は、1回1粒を目安にたっぷりの水(500ml)とともにお召し上がりください。

※添付文書の要約になります。

マルチソルト(BioTechUSA)の有効成分

Sodium chloride, Magnesium oxide, Potassium chloride, Capsule shell [Gelatin, colours (Titanium dioxide, Iron oxide black)], Maltodextrin, Tricalcium phosphate, Anti-caking agent (Silicon dioxide)

マルチソルト(BioTechUSA)についての補足説明

<保管方法>
高温多湿を避け室温保存

<注意事項>
・腎臓や心臓の治療を受けている方、高血圧の方、ナトリウム制限食をされている方は使用しないでください。
・自己責任でご使用の程をお願い申し上げます。
・18歳未満の方の使用は、勧められていません。
・1日の使用目安量を守り、過剰な摂取はお控えください。
・本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
・医師による治療・投薬を受けている方は、ご摂取前に医師にご相談下さい。
・妊娠中・授乳中の方は、ご使用の前にかかりつけの医師や専門家にご相談の上、摂取してください。
・海外医薬品は、海外の製造基準により造られているため日本の製造基準とは違うことがあります。
・直射日光の当たらない涼しい場所に保管してください。
・お子様の手の届かない場所で保管して下さい。

※添付文書の要約になります。

マルチソルト(BioTechUSA)は海外発送です。

  • 全商品送料無料でございます。
  • 課税対象額(商品代金の60%)が10,000円を超える場合、受取りの際に関税などがかかります。
  • マルチソルト(BioTechUSA)の配送方法につきましては国際書留郵便、日通メイルプラス、EMSを利用します。
  • マルチソルト(BioTechUSA)は配送の希望日時は指定できません。
  • マルチソルト(BioTechUSA)の効果効能については個人差がございます。合わない場合は直ちに利用を中止し、医師に相談してください。

※ご注意ください

お届け先は「ご自宅を住所」のみ承っております。お届け先がお勤め先・事業所の場合、個人使用と認められずお荷物が税関で止められることがございます。詳しくは「こちら」からご確認ください。

症状から商品を探す

関連カテゴリー

熱中症の初期症状と対策

  • 体内の水分と塩分(ナトリウム)のバランスが崩れ
    体内の調整機能が破綻するなどして、発症する障害の総称。
    高温環境で起こる症状。

    症状として【熱疲労・熱けいれん・熱失神・熱射病】の4種類があります。

    【熱疲労】

    症状:めまい・吐き気・頭痛が挙げられる。

    対策:体を冷やすこと。衣服を緩め安静にさせる。水分補給をする。

    脱水症状のことで大量の汗をかくことで体内の水分や塩分が不足して起こる。
    急に気温が上がった日は注意です。

    【熱けいれん】

    症状:筋肉痛・足がつる・筋肉のけいれんが挙げられる。

    対策:けいれんを起こした箇所を冷やすこと。薄めたスポーツドリンクを補給すること。

    たくさん汗をかいて水分は補給するが塩分を補給しないことで
    塩分濃度が薄まることで水分と塩分(ナトリウム)のバランスが崩れ起こる。


    【熱失神】

    症状:めまい・失神・意識がなくなる

    対策:体を冷やすこと。衣服を緩め安静にさせる。水分補給をする。

    高温環境で激しい運動をした時に起こる。
    体内の水分が急激に減り脱水状態になることで、血液循環に異常が現れ脳に十分な血液が送れない。


    【熱射病】

    症状:意識障害・ショック症状・全身のけいれんなど

    対策:早急に体を冷やすこと。
    首筋、わきの下、足の付け根など血管が集中している場所を冷やすこと。

    熱中症の中で一番重症で体温上昇に身体が対応できず中枢機能に異常が出ている状態。

熱中症には電解質補給

  • 熱中症は体内の水分と塩分(ナトリウム)のバランスが崩れ
    体内の調整機能が破綻するなどして、発症する障害の総称。
    高温環境で起こる症状。

    電解質とは水に溶けると電気を通す物質のことでイオンと言われています。
    この電解質(イオン)が細胞の浸透圧を調節し、筋肉細胞や神経細胞の働きに関わる
    重要な役割があります。
    夏の高温環境で汗をかくことにより電解質(イオン)が失われ体液のバランスが崩れ 熱中症に陥ります。
    熱中症予防には水分補給だけでなく水分+電解質(イオン)を同時に摂ることが良いとされています。