【PC商品】7月 夏の皮膚炎対策
初めてのお買い物も安心

安心の日本法人運営

カテゴリー

零売は通販で利用できる?お薬をオンラインで調達する代替案をご紹介

零売は通販で利用できる?お薬をオンラインで調達する代替案をご紹介

どうしてもお薬が必要!そんなときに「零売」を使ったかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
一部いつものお薬(アレルギー薬やビタミン材等)を病院に行かずに薬局でもらうことが出来る零売制度。
街中で看板やPOPを見かけることも増えてきました。
しかし、薬局に行く機会がみつからず「通販で利用できたらなー」と思っていたかたも多いのではないでしょうか。
そこで、忙しいときに通販でお薬を調達できる方法を3選お伝えさせていただきます!

目次

[結論!]通販で「零売」は利用出来ません!・・・が別の方法があります。

残念ながら、現在日本の法律では零売を通販で利用することはできません。
薬剤師の指導の元、どうしても医療機関に行くことができない「緊急時」
において利用可能な制度であるからです。
「それでもなんとか通販でお薬を調達したい」
そう思ったかたは、
下記の方法で代替としてお薬を通販で調達可能となっております。
お薬調達の選択肢として、ぜひご検討いただきますようよろしくお願いいたします。

3選!通販でお薬を調達する方法

①お薬の個人輸入代行サービスを利用する

個人輸入とはご自身の判断でお薬を海外から輸入し利用するサービスとなっています。
お薬によっては「価格が安い」、「市販薬よりも注文できるお薬の種類が多い」
といったことが特徴です。
すでに自分が使用しているお薬についての知識をお持ちのかたは
こちらの記事の下部にあるお薬の検索から、お薬名を正しく正確に入力してみてください。
※医療機関に受診し、正しいお薬の知識をもったうえでのご利用を推奨いたしております。


②オンライン診療を利用する

コロナ以降、急激に拡大したオンライン診療。
診療がオンラインで完結するとても便利なサービスとなっております。
処方箋が必要なお薬も手に入れることができ、
どのオンライン診療が良いか比較検討できるかたやネットでの通話環境が整っているかた
にはおすすめの選択肢といえるでしょう。


③市販薬を通販で調達する

ビタミン剤、アレルギー薬や漢方薬は市販薬としてドラッグストアーで販売されています。
代表的なものがアスコルビン酸(ビタミンC)やアレグラ等です。
これらについては通販サイトにて取り扱い可能な為、
通常の通販と同様に購入可能となっております。
当店でも購入できますので、ぜひチェックしてみてください。


薬局で行っている零売とはそもそもなんだっけ?

病院で処方されるお薬は「医療用医薬品」とよばれますが、
そのうちの半分は処方箋が必要ではないお薬(約7,000種類)となっており、
薬局で薬剤師の指導の元、必要最低限の量を購入することができます。
例として、痛み止め、抗アレルギー剤、胃腸薬、かぜ薬、ステロイド軟膏 等が挙げられます。 しかしながら保険が効かず、薬局が自由に価格を決められる為
お薬によっては価格が高い等のデメリットがある為注意も必要です。
あくまで、緊急時の利用が原則となっている為、定期的に受診をし
医師の指導の元、お薬を服用することを推奨させていただきます。

お薬をもらう時間が確保できないときの解決策「お薬の個人輸入」!

普段のお薬の不便は医薬品の個人輸入で減らすことができます!
お薬を海外から輸入し、ご自宅に薬が届きます。
いつもご利用いただいているネット注文のように使うことができ、
難しい操作は一切ございません。
まずは、下記をごらんいただき、お手持ちのお薬を検索してみてください!

自分の時間をもっと増やせる。個人輸入でお薬を便利に!

さっそく自分のお薬を検索する!簡単注文で届くのを待つだけ。

●検索方法

(例)商品名「アイウエオ錠50mg」の場合は「アイウエオ」で検索してください。「アイウ」だと表示されません。

※商品名を省略すると表示されませんのでご注意ください。

個人輸入代行について