【海外商品】海外医薬品なので同一成分で価格が安いのが特徴です。処方箋なしでご自宅住所へお届けいたします。

バルトレックス

バルトレックスの体験・口コミ評価は4.5点 4.5点(123件の口コミ 2017/10/17 更新
¥3,740~ 送料無料
数量
  • 代引不可
  • 銀行振込
  • 郵便振替
  • カード払い
  • コンビニ
[海外発送]納期:5~10日
数量
  • カード払い
  • 代引不可
お客さまが決めたお日にち、お時間に自動的にご希望の商品をお届けする、便利なご購入方法です。
商品コード:612 メーカー:GlaxoSmithKline製造国:バルトレックス は、スペインで製造されていますスペイン出荷国:バルトレックス は、シンガポールから発送されますシンガポール
返品について

返品できません。但し、破損・誤送の場合は再発送させて頂きます

医薬品 自己責任でご使用の程をお願い申し上げます。

商品説明

ヘルペスウイルス感染症、単純疱疹、帯状疱疹に使用するバラシクロビルが配合された抗ウイルス薬になります。くすりをしようする病気・症状により使用方法が変わりますので必ず医師の指導の下ご使用ください。こちらの商品は、GlaxoSmithKline社製のスペイン製造の海外から発送される医薬品となりますので入金から商品到着まで10日前後を予定しております。なお個人輸入商品につきまして、お届け先には住民票登録のあるご自宅住所をご記入ください。

説明文につきましては商品の説明書をを要約したものになりますので日本国内の使用方法と異なる事があります。薬の使用につきまして詳しくは最寄の病院にてご相談ください。

※本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者は使用できません。
※画像はバルトレックス500mgのものを使用しております。
※市販薬と同じように処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします
※現地在庫状況によりお届けする商品のメーカーやデザインが異なることがあります。


▼▼バルトレックス(バラシクロビル)の効果効能
<適応症>
帯状疱疹、性器ヘルペスの再発抑制、単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、水痘


▼▼バルトレックス(バラシクロビル)の用法・用量
<単純疱疹>
大人はバラシクロビルとして1回500mgを1日2回使用する。

<帯状疱疹>
大人はバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回使用する。

<性器ヘルペスの再発抑制>
大人はバラシクロビルとして1回500mgを1日1回使用する。HIV感染症の大人はバラシクロビルとして1回500mgを1日2回使用する。

<造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制>
大人はバラシクロビルとして1回500mgを1日2回造血幹細胞移植施行7日前から施行後35日まで使用する。

<水痘>
大人はバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回使用する。

※添付文書の要約になります。
※処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします。

アイジェネリックストアーのバルトレックスは専門調査会社の成分検査をしております。

バルトレックスの成分鑑定結果 バルトレックスの成分鑑定結果

バルトレックスの用法・用量

<単純疱疹>
大人はバラシクロビルとして1回500mgを1日2回使用する。

<帯状疱疹>
大人はバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回使用する。

<性器ヘルペスの再発抑制>
大人はバラシクロビルとして1回500mgを1日1回使用する。HIV感染症の大人はバラシクロビルとして1回500mgを1日2回使用する。

<造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制>
大人はバラシクロビルとして1回500mgを1日2回造血幹細胞移植施行7日前から施行後35日まで使用する。

<水痘>
大人はバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回使用する。

※添付文書の要約になります。
※処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします。

バルトレックスの効果効能

<適応症>
帯状疱疹、性器ヘルペスの再発抑制、単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、水痘

※添付文書の要約になります。
※処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします。

バルトレックスの副作用

主な副作用は、頭痛、眠気等の意識低下、肝機能検査値の上昇等。

※添付文書の要約になります。
※自己責任でご使用の程をお願い申し上げます。

バルトレックスの有効成分

バラシクロビル塩酸塩

バルトレックスについての補足説明

<保管方法>
室温保存(1~30度)

<使用期限等について>
海外商品の使用期限等の読み方について

<別名ジェネリック医薬品>
バルトレックス、バラシクロビル、バルシビル

<作用機序>
バラシクロビルは肝臓で、アシクロビルに変わり抗ウイルス作用をする。アシクロビルは、単純ヘルペスウイルスに感染した細胞内に入ると、ウイルス性チミジンキナーゼにより1リン酸化された後、細胞性キナーゼによってリン酸化されて、アシクロビル三リン酸(ACV-TP)となる。アシクロビル三リン酸(ACV-TP)は正常細胞にあるdGTPと競合してウイルスDNAポリメラーゼによりウイルスDNAの3'末端に取り込まれると、ウイルスDNA鎖の伸長を停止させ、ウイルスDNAの複製を阻害し抗ウイルス作用をしめす。

<注意事項>
海外医薬品は、海外の製造基準により造られているため日本の製造基準とは違うことがあります。
日本国内では市販薬に使われない成分が使われているため医師の処方箋が必要な医療用医薬品になりますので医師の指導のもと使用いただくことをおすすめします

※添付文書の要約になります。
※処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします。

<ヘルペスウイルス感染症の飲み薬バルトレックスに含まれるバラシクロビルの服用期間とは>
ヘルペス感染症に使用されるバルトレックスの服用期間は症状により日数、服用方法、ミリ数が違います。
○単純ヘルペスウイルス感染症の口唇ヘルペスに使用する場合バルトレックスに含まれるバラシクロビルを1回500mgを1日2回使用します。1錠500mgのバルトレックスの場合は1日2回を1錠ずつ使用することになります。服用期間については、通常口唇ヘルペスの場合は5日間使用します。

○単純ヘルペスウイルス感染症の性器ヘルペスに使用する場合はバルトレックスに含まれるバラシクロビルを1回500mgを1日2回使用します。1錠500mgのバルトレックスを使用する場合は1日2回を1錠ずつになります。服用期間については性器ヘルペスを初めて感染する場合も、再発する場合も通常5日ほどですが症状によっては10日間使用することもあります。

○単純ヘルペスウイルス感染症の性器ヘルペスの再発抑制で使用する場合は、バラシクロビルを1回500mgを1日1回使用します。1錠500mgのバルトレックスを使用する場合は、1日1回1錠使用することになります。服用期間は1年間です。
○帯状疱疹ウイルス感染症で使用する場合は、バルトレックスに含まれるバラシクロビルを1回1000mgを1日3回使用します。1錠あたり500mgのバラシクロビルが含まれるバルトレックスを使用する場合は1日2回を2錠ずつ使用することになります。1錠当たり1000mgのバラシクロビルがふくまれるバルトレックスを使用する場合は、1日2回を1錠ずつしようすることになります。服用期間については通常10日使用します。

抗ウイルス薬のバラシクロビルについては、ヘルペスウイルスの増殖を防ぐ作用のある抗ウイルス薬になりますので、症状がではじめの早いうちに使用することでヘルペスの症状の悪化をふせぎやすくなります。ヘルペスが再発する時期に感じる皮膚の違和感、ピリピリ感、カユミなどを感じた時は早めに抗ウイルス薬のバラシクロビルが使用されたバルトレックスを使用することで再発、ヘルペスウイルスの増殖を防ぐことができます。

<バルトレックスの飲み薬の特徴とは>
バルシビルに使用されているバラシクロビルとは、抗ウイルス薬として使用される成分です。バラシクロビルについて適応症としては、性器ヘルペスの再発抑制、単純疱疹、水痘、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹があります。バラシクロビルは、単純ヘルペスウイルス1型、単純ヘルペスウイルス2型、帯状疱疹ウイルスのどのヘルペスウイルスについても使用される抗ウイルス成分で、ヘルペスウイルスの増殖を抑える作用があります。バラシクロビルを経口投与すると胃から腸に流れ体内に吸収されます。体内に吸収された後は肝臓にて初回通過効果によりバラシクロビルからアシクロビルに加水分解されて抗ウイルス作用を発揮します。肝臓でバラシクロビルを加水分解して作られたアシクロビルはヘルペスウイルス感染細胞内に取り込まれるとヘルペスウイルスのDNA合成を阻害することによりヘルペスウイルスの増殖をおさえることができます。ヘルペスウイルスはアシクロビルの作用によりDNAの合成を阻害されると増殖ができなくなりヘルペスウイルスの数を増やすことができなくなります。ヘルペスウイルスの増殖時期はヘルペス症状初期にもっとも活動が活発になるので、抗ウイルス薬のバラシクロビルを使用するのは感染後期ではなく、感染初期に使用するのが最も効果的です。バラシクロビルの使用する濃度については、ヘルペスウイルスの種類、症状によりことなりますので医療機関にて診断後に適切なバラシクロビルの濃度にてヘルペスの治療に使うことをおすすめしております。バラシクロビル塩酸塩は、白い粉末で水に溶けやすく、アルコールには溶けにくい特徴があります。バラシクロビルは、腎臓から排出される成分なので腎臓が悪い人が使用する際はバラシクロビルの血中濃度が高くなりやすいので注意が必要です。アシクロビルを使用していることによる重大な副作用としては、アナフィラキシーショック、急性腎不全、間質性肺炎、呼吸抑制、肝炎、神経症状などを起こすことがあります。異常がある場合は直ちに使用を中止して適切な処置を最寄りの医療機関にてうけてください。なお、高齢者は、腎臓の機能が低下していることが多いためバラシクロビルを使用すると血中のアシクロビル濃度が高くなり、副作用が出やすくなることがあるためバラシクロビルの使用には特に注意が必要になります。ヘルペスの症状はヘルペスウイルスにより起こるため他の人に感染する感染症です。バラシクロビル使用時もヘルペス症状がある時は他の人に感染するリスクありますので、症状が発症している最中は他の人に感染させないように注意が必要です。

<海外医薬品バルトレックスの値段とは>
個人輸入医薬品のバルトレックスは、海外から発送されるため為替の影響により値段が変わります。通常、海外からお手配する多くの海外医薬品はドルの為替レートに影響がでやすく、円安になると国内でのお支払価格が値上がりしますが、円高になりますと国内でのお支払金額が安くなります。その他に個人輸入医薬品につきましては現地での薬の値段がかわることがございますので、現地価格にしたがって商品の売価調整されることがあります。できるかぎり価格を一定に保つように心がけておりますが、現地価格の値上がりや、円安などによる為替の影響による値上げにつきましてはご理解の程お願いいたします。為替レートとは、日本の通貨と海外の通過の交換比率のことをいいます。1ドルが110円の場合、1ドルを日本円で購入する金額が110円ということを意味します。1ドルが100円になり円高ドル安になった場合、日本円の価値が上昇してドルが安くなります。逆に1ドルが120円になり円安ドル高になった場合は、日本円の価値がさがっているためにドルが高くなります。海外商品につきましては、海外医薬品取り扱い店舗から直接医薬品を発送手配する関係で販売価格には為替の影響があります。
なおアイジェネリックストアーにて個人輸入医薬品の代金をお支払いただく金額につきましては、注文操作時に最終確認いただいた金額になります。最終確認後に為替の影響や、現地価格にて値段の変動があったさいにも、通常最終確認画面にて確認いただいた金額にてお支払いただく形になります。ご不便おかけしてもうしわけございませんが、円高による値下げ、円安による値上げなどにより最終確認いただいた金額と現在表示価格が違うことがございますが海外商品につきましては為替などの影響により価格に変動がございますことをご理解の程よろしくお願いいたします。
  • バルトレックスは海外発送です。
  • 全商品送料無料でございます。
  • 課税対象額(商品代金の60%)が10,000円を超える場合、受取りの際に関税などがかかります。
  • バルトレックスの配送方法につきましては国際書留郵便、日通メイルプラス、EMSを利用します。
  • 納期:支払日から通常7~14日。ただし祝日や郵便・税関の混雑によって遅れることもあります。
  • バルトレックスは配送の希望日時は指定できません。
  • 品名表示は指定できません。MedicineもしくはSupplement HealthProductなどと表示されます。
  • バルトレックスの効果効能については個人差がございます。合わない場合は直ちに利用を中止し、医師に相談してください。
※バルトレックスをご購入時のご注意※
海外発送のバルトレックスは通関の際に、お送り先がお勤め先・事業所の場合、個人輸入と認められず、お荷物(バルトレックス)が税関で止められることがございます。
その場合最悪バルトレックスは没収となりますので、アイジェネリックストアーでは、お送り先はご自宅のみ承っております。
バルトレックスの個人輸入について、詳しくはこちらをご覧下さい。

口唇ヘルペスに使用するバルトレックスとは

  • バルトレックスに含まれるバラシクロビルは、単純ヘルペス感染症で起こる口唇ヘルペスにも使用されます。単純ヘルペス感染症に使うバラシクロビルは1日2回服用し1回あたり500mg使用します。

    バルトレックス500を使用する際は1錠当たり500mg配合されているので1日2回、1回1錠しようします。バラシクロビルを口唇ヘルペスの際に使用する期間については通常5日服用しますが症状によっては10日使用することがあります。詳しい服用日数につきましては症状によってことなりますので恐れ入りますが最寄りの病院にてご相談ください。バルトレックスに含まれるバラシクロビルは、口から服用して胃にで錠剤が溶けて、腸で薬の成分が吸収されます。腸からバラシクロビルが吸収されると血液に乗って肝臓に移動して初回通過効果という肝臓の代謝により加水分解されアシクロビルになります。肝臓でアシクロビルに加水分解されることで抗ウイルス作用を発揮できるようになります。肝臓でバラシクロビルからアシクロビルになり血液にのりヘルペスウイルス感染細胞にたどり着くと、ヘルペスウイルスのDNA合成を止める働きによりヘルペスウイルスの増殖を防ぐことができます。ヘルペスウイルスそのものには作用がよわくDNA合成が活発な細胞内で増殖中のヘルペスウイルスにもっとも作用をしめします。このことから、バルトレックスに含まれるバラシクロビルの使用するタイミングは感染初期がもっとも有効です。ヘルペスウイルスが皮膚にいどうすると違和感や、ピリピリ感、カユミなどを感じることがありますのでその感染初期に使用することで症状の悪化を防ぐことができます。バラシクロビルの作用については、ヘルペスウイルスの持つ酵素に反応してDNA合成を阻害するため、ヘルペスウイルス感染細胞内のみで通常作用します。そのためヘルペスウイルスに感染していない細胞でのDNA合成阻害は少ないと考えられます。ただしヘルペスウイルスに感染していない細胞でも副作用が起こることが考えられますので使用には注意が必要です。もともとバラシクロビルにアレルギー歴をお持ちの方が使用すると、重大な副作用としてアナフィラキシーショックなどがでることがあります。初めて使用する方もバラシクロビルについてアレルギー反応を起こすことがありますので使用には注意が必要です。

帯状疱疹に使用するバルトレックスとは

  • 帯状疱疹感染症についてバルトレックスに含まれるバラシクロビルを1回1000mg使用し1日2回使用します。1錠当たり500ミリグラムバラシクロビルが含まれるバルトレックスの場合は1回当たり2錠使用します。

    バルトレックスに含まれるバラシクロビルは帯状疱疹ウイルス感染症に使用されます。帯状疱疹ウイルスはヘルペスウイルスの一つでバラシクロビルの作用により症状の悪化を防ぐことができます。バルトレックスに含まれるバラシクロビルは、胃で溶けて腸で吸収されると肝臓へ向かいます。バラシクロビルが肝臓にいくと初回通過効果という肝臓での代謝を受けて加水分解されアシクロビルになります。バラシクロビルがアシクロビルになるとヘルペスウイルス感染細胞でヘルペスウイルスのDNA合成阻害作用を示しヘルペスウイルスの増殖を防ぐことができるようになります。帯状疱疹ウイルスについてもバラシクロビルは同じようにDNA合成阻害作用を示しヘルペスウイルスの増殖を防ぐ作用を示します。帯状疱疹感染症についてバルトレックスに含まれるバラシクロビルを1回1000mg使用し1日2回使用します。1錠当たり500ミリグラムバラシクロビルが含まれるバルトレックスの場合は1回当たり2錠使用します。1錠当たり1000mgのバラシクロビルが含まれれるバルトレックスを使用する場合は1回あたり1錠使用します。単純ヘルペスウイルス感染症で使用する倍量服用するので最寄りの病院にて症状を確認後に症状にあった服用量にて使用してください。帯状疱疹でバラシクロビルを使用する場合通常の服用期間は10日ほどになります。バラシクロビルを使用する服用期間についても症状や病状具合によってかわりますのでご注意ください。バルトレックスに含まれるバラシクロビルはウイルスの増殖を防ぐ作用のためウイルスそのものを殺す効果はありません、もっともバラシクロビルを使用する効果的な時期はウイルスが増殖する時期になります。ヘルペス症状がでるときや再発する時には、皮膚に違和感やピリピリがおこりますのでそのヘルペスウイルスの増殖が活発な時期にバラシクロビルを使用するとヘルペスウイルスの増殖がおさえられるので症状の悪化を防ぐことができます。こちらのバルトレックスにつきましては、海外からの個人輸入医薬品となりますので使用につきまして自己責任となります。バルトレックスをご使用の際は医師の指導の下使用いただくことをおすすめしております。海外発送の個人輸入医薬品につきましては入金から商品到着まで10日前後を予定しておりますので使用開始予定日から余裕を持って注文操作をお願いいたします。

バルトレックスを買った人が見ているその他ヘルペスの治療に使うおすすめのお薬

  • 【塗り薬】【第1類医薬品】抗ウイルス薬アシクロビルを配合した第1類医薬品です。ヘルペスウイルスの増殖を抑制するため唇に違和感が出始めたらすぐに使用するのが効果的です。

    「ヘルペシアクリーム 2g」は、抗ウイルス薬アシクロビルを配合した口唇ヘルペスの再発治療薬です。ピリピリ・チクチクなどの再発のきざしがあらわれたら、早めに治療を開始すると効果的です。アシクロビルは1974年にアメリカで合成された抗ウイルス薬で世界100カ国以上で承認され使用されています。ヘルペスは人との接触によって感染しますので、特に症状が出ている時期はウイルスの量が多く感染しやすいためヘルペスウイルスの免疫がない人や、免疫力が落ちてる人は注意が必要です。

  • 【塗り薬】【第1類医薬品】唇やそのまわりにピリピリ、チクチクなどの違和感をおぼえたら、すぐに使用するのが効果的です。1日1-4回、患部に適量を使用してください。

    抗ヘルペスウイルス成分のビダラビンを使用した第1類医薬品です。ビダラビンはウイルスのDNA複製を阻害する作用、ウイルスDNA材料のヌクレオチドの生成抑制作用、ウイルスのタンパク質合成抑制作用の3つの作用でヘルペスウイルスの増殖を抑制します。特にウイルスヌクレオチド合成抑制作用とウイルスタンパク質の合成抑制さようはビダラビン特有の作用と言われていますので今まで使ったお薬の効きがいまいちな時は薬の成分を変えてみるのもいいかもしれません。口唇ヘルペスは再発しやすい感染症の症の一つです。日ごろから過労、ストレス発熱、風邪、強い日光に当たるなどのヘルペスウイルスの増加原因を避けるようにしましょう。また口唇ヘルペスは感染症です。水泡やただれがあるときは他の人に感染さないようにお風呂上がりのタオル、食器など共有しないように注意してください。

  • 【塗り薬】【第1類医薬品】抗ヘルペスウイルス成分アシクロビル含有する口唇ヘルペスの再発治療薬です。1日3-5回、患部に適量を使用してください。

    世界100カ国以上でアシクロビル製剤を販売している弊社グラクソ・スミスクライン(GSK)が販売している抗ヘルペスウイルス薬です。アクチビアには皮膚保護と保湿作用のあるマクロゴールがしようされているのでひび割れしやすい口唇ヘルペスと相性のいいお薬です。口唇ヘルペスは、“かぜの華”、“熱の華”と呼ばれ体調が弱った時に起こりやすい感染症です。

商品の閲覧履歴
この商品を買った人はこんな商品も買ってます ( ページ )
前へ 次へ