ジェネリック医薬品・市販薬 TOP > アレロックジェネリック(オロパタジン)
【海外商品】花粉症の鼻炎症状などにも使用される海外医薬品アレロックジェネリックです。ジェネリックなので同一成分で価格が安いのが特徴です。処方箋なしでご自宅住所へお届けいたします。

アレロックジェネリック(オロパタジン)

アレロックジェネリック(オロパタジン)の体験・口コミ評価は4.5点 4.7点(118件の口コミ 2017/08/01 更新
¥3,200 送料無料

5mg100錠 1箱 ¥3,200

数量
  • 代引不可
  • 銀行振込
  • 郵便振替
  • カード払い
  • コンビニ
[海外発送]納期:5~10日
商品コード:1543 メーカー:Sun Pharma Laboratories Ltd.製造国:アレロックジェネリック(オロパタジン) は、インドで製造されていますインド出荷国:アレロックジェネリック(オロパタジン) は、シンガポールから発送されますシンガポール
返品について

返品できません。但し、破損・誤送の場合は再発送させて頂きます

医薬品 自己責任でご使用の程をお願い申し上げます。

商品説明

有効成分であるオロパタジン(Olopatadine)は、花粉症などで起こるアレルギー性鼻炎、じんましん、皮膚疾患に伴うそう痒(湿疹、皮膚炎、皮膚そう痒症、尋常性乾癬、多形滲出性紅斑)の症状を改善します。

説明文につきましては商品の説明書をを要約したものになりますので日本国内の使用方法と異なる事があります。薬の使用につきまして詳しくは最寄の病院にてご相談ください。

※本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者は使用できません。
※処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします
※現地在庫状況によりお届けする商品のメーカーやデザインが異なることがあります。
※2017/4/14 Torrent Pharmaceuticals Ltd.社製からSun Pharma Laboratories Ltd.社製のアレロックジェネリックをお手配いたします。

オロパタジンの副作用と効果


アレロックは、第2世代の抗ヒスタミン薬といわれていて第一世代に比べ眠気などの中枢に作用する副作用が少ないのが特徴ですが、やはり代表的な副作用として一般的にヒスタミンの濃度に影響がでる抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤には眠気が出るものが多く、アレロック(オロパタジン)につきましても服用時には運転などお仕事などには注意が必要です。以前、アレロックについては、劇症肝炎の副作用が注目されたことがあります。服用中に、不快感やだるさが出た時は服用を中止して一度もよりの病院にて検査いただくことをおすすめいたします。 効果が強い一方でアレルギー症状をおさえるのにすぐれている成分なので、花粉症に使うお薬の副作用が強く出やすい方は他のアレルギー薬を使用する事も考えた方がよろしいかと思います。 花粉症に使う抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬は病気の症状をおさえる薬になりますので、根本的な治療にはなりません。薬には必ず副作用がありますので、漠然と薬を使用し続けることの無いように薬と体調管理にはご注意ください。 現在、日本の市販薬としてアレロックは購入することはできないので、病院か個人輸入による海外からの海外医薬品を取寄せる方法でアレロックを使用することができます。第2世代の抗ヒスタミン薬のなかで市販されているものにアレグラがありす。アレグラとアレロックを比較するとアレロックの方が強いイメージがありますが、個人差があるためアレグラの方が効くという方もいますので、体質に合ったお薬でコントロールすることをおすすめいたします。

アレロックジェネリック(オロパタジン)の用法・用量

大人は1回オロパタジン塩酸塩力価5mgを朝及び就寝前の1日2回経口使用する。

※添付文書の要約になります。
※処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします。

アレロックジェネリック(オロパタジン)の効果効能

<適応症>
大人:皮膚疾患に伴うそう痒(湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症、尋常性乾癬、多形滲出性紅斑)、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎
子供:皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎

※添付文書の要約になります。
※処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします。

アレロックジェネリック(オロパタジン)の副作用

主な副作用は、眠気、口渇、ALT(GPT)上昇、けん怠感、AST(GOT)上昇等

※添付文書の要約になります。
※自己責任でご使用の程をお願い申し上げます。

アレロックジェネリック(オロパタジン)の有効成分

Olopatadine(オロパタジン塩酸塩) 5mg

アレロックジェネリック(オロパタジン)についての補足説明

<保管方法>
室温保存(1~30度)

<別名ジェネリック医薬品>
アレロック、オロパタジン、オロパタジンOD、パタノール、アレニル、アレベント、IF2

<作用機序>
オロパタジンは、選択的にヒスタミンH1受容体拮抗作用する。更に化学伝達物質のロイコトリエン、トロンボキサン、PAF等の産生・遊離抑制作用を有し、神経伝達物質タキキニン遊離抑制作用もしめす。

<注意事項>
海外医薬品は、海外の製造基準により造られているため日本の製造基準とは違うことがあります。
日本国内では市販薬に使われない成分が使われているため医師の処方箋が必要な医療用医薬品になりますので医師の指導のもと使用いただくことをおすすめします 。

※添付文書の要約になります。
※処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします。
  • アレロックジェネリック(オロパタジン)は海外発送です。
  • 全商品送料無料でございます。
  • 課税対象額(商品代金の60%)が10,000円を超える場合、受取りの際に関税などがかかります。
  • アレロックジェネリック(オロパタジン)の配送方法につきましては国際書留郵便、日通メイルプラス、EMSを利用します。
  • 納期:支払日から通常7~14日。ただし祝日や郵便・税関の混雑によって遅れることもあります。
  • アレロックジェネリック(オロパタジン)は配送の希望日時は指定できません。
  • 品名表示は指定できません。MedicineもしくはSupplement HealthProductなどと表示されます。
  • アレロックジェネリック(オロパタジン)の効果効能については個人差がございます。合わない場合は直ちに利用を中止し、医師に相談してください。
※アレロックジェネリック(オロパタジン)をご購入時のご注意※
海外発送のアレロックジェネリック(オロパタジン)は通関の際に、お送り先がお勤め先・事業所の場合、個人輸入と認められず、お荷物(アレロックジェネリック(オロパタジン))が税関で止められることがございます。
その場合最悪アレロックジェネリック(オロパタジン)は没収となりますので、アイジェネリックストアーでは、お送り先はご自宅のみ承っております。
アレロックジェネリック(オロパタジン)の個人輸入について、詳しくはこちらをご覧下さい。

抗アレルギー薬のアレロックジェネリック(オロパタジン)とは

  • アレロックジェネリックは、抗ヒスタミン作用のあるアレルギー症状に使用するオロパタジンが配合された医薬品なので、花粉症の症状以外にも、喘息、蕁麻疹、皮膚炎などのアレルギー症状にも使用することがあります。

    特にアレロックについては、症状をおさえる効果が強力と言われることがありますが、副作用についてもその他こうアレルギー剤と比べて多いといわれています。抗ヒスタミン薬全般に抗コリン作用という副作用があります。この抗コリン作用によって、副交感神経の働きをおさえてしまうため、便秘やオシッコのでがわるくなったり、緑内障の人にはさらに眼圧が上昇したりする危険があります。第一世代よりも脳に薬の成分が働きづらいように改良されていますが第二世代のアレルギーに使うお薬にも眠気が出てしまうので注意が必要です。 またアレロックにはインターロイキンー6やインターロイキンー8の分泌を抑制することで炎症を緩和する働きもあるのでヒスタミンなどのアレルギー症状を起こす原因物質の放出を抑制します。シーズン初めから服用することで花粉の飛散ピーク時期にひどい症状を発症するのを抑える期待ができます。さらに花粉症で粘膜が傷つき炎症がひどい時にもインターロイキンの働きをおさえてくれるアレロックは相性がいいお薬といえます。

アレロックに使用されるオロパタジンの効果と効く症状

  • 花粉症やハウスダストなどのアレルギー性鼻炎症状をおさえるお薬としてトップクラスの最も効果があるといわれている成分オロパタジンが使用されているアレロックは、アレルギー性鼻炎(くしゃみ、鼻水等)の他にもアレルギー性の皮膚疾患にも使用されるお薬です。

    日本の調剤薬局や病院で処方されるアレロックには、2.5mgと5mgのものがあります。さらにアレロックにはアレロックOD錠という唾液で溶かして飲むこともできるOD錠があります。今まで使っていた花粉症のお薬をアレロックに変えたことで症状が軽くなったという報告もあります。 一般的に抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンの作用をおさえる成分なので現在発生している鼻水やクシャミの症状を抑える作用があります。一方でアレロックに含まれるオロパタジンは現在の症状をおさえる作用に加え、ヒスタミンが放出ブロックする作用があるのでシーズンの前から薬を使用することで症状の発生を予防したり悪化を防ぐことにも期待ができる成分です。

アレロックを買った人が見ているアレルギー関連市販薬

  • 【飲み薬】【第2類医薬品】1日2回で眠気が少ないフェキソフェナジンです。胃腸への負担が少なく空腹時にも服用可能で、さらに唾液分泌への影響が少ないのでアレルギーの薬で口が渇く人にも使いやすいのが特徴です。

    第2世代抗ヒスタミン成分のフェキソフェナジン塩酸塩が,花粉やハウスダストによる鼻みず,鼻づまり,くしゃみなどのつらいアレルギー症状に優れた効果を発揮します。脳に影響を及ぼしにくいため,眠くなりにくいアレルギー専用鼻炎薬です。「集中力,判断力,作業能率の低下」といった,気づきにくい能力ダウン(インペアード・パフォーマンス)も起こしにくいお薬です。さらにアレグラFXは第2世代の抗ヒスタミン薬なのでアレルギー症状を発症する原因物質のヒスタミンが放出されるのを抑制するのでシーズン初めから飲み始める事で花粉飛散ピーク時に起こるアレルギー症状の悪化を防ぐ期待ができます。また抗コリン薬などの副交感神経に直接働く成分が使用されていないので鼻炎薬を使用して口が渇きやすい人でも使いやすい成分になります。空腹時にも服用できます

  • 【飲み薬】【第2類医薬品】1日1回で長く効く忙しい人に使いやすい成分です。脳への影響を極力すくなくするように改良されているので眠気が出にくいのも特徴です。

    「アレジオン10 」は、第2世代抗ヒスタミン成分に分類されるエピナスチン塩酸塩を配合したアレルギー専用の鼻炎症状改善薬です。アレルギーの原因物質の作用を阻害し、放出自体を抑えることでアレルギーによる鼻炎症状にすぐれた効果を発揮します。1日1回就寝前の服用で効き目を表します。花粉・ハウスダストなどによるアレルギー性鼻炎症状にお悩みの方や、日中に眠気やパフォーマンスの低下を起こしにくい薬をお探しの方におすすめの1日1回持続性に優れた鼻炎薬です。この第2世代の抗ヒスタミン薬であるエピナスチンは抗ヒスタミン作用に加えアレルギー症状を引き起こす原因物質の発生もおさえるため、シーズン初めから飲み始める事で花粉飛散ピーク時の症状悪化を防ぐことが期待できます。

  • 【目薬】【第2類医薬品】抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬配合だからダブルでアレルギーの原因物質をブロック!さらに炎症止めも配合しているので花粉症の充血にもぴったりです。

    花粉などによるつらい目のかゆみ・充血に効きます。アルガード史上、最強の処方設計!アレルギー抑制成分※1、かゆみを止める成分※2、炎症を鎮める成分※3を最大濃度配合※4!従来の一般用アレルギー用点眼剤を2日間位使用し、十分な効果が得られなかった方におすすめします。花粉症は1度症状が出ると治りにくいため、年々患者数が増えていく国民病です。花粉症の症状に使う抗アレルギー薬は対症療法になります。1度花粉によりアレルギー症状が出てしまった人は、花粉が体内に入らないように対策することで症状を緩和するように心がけましょう。

  • 【目薬】【第2類医薬品】鼻炎、鼻水に使用する漢方薬です。大人は1日3回、1回1包を食前または食間に使用してください

    「クラシエ 小青竜湯エキス顆粒A 10包」は、漢方の古典といわれる中国の医書「傷寒論(ショウカンロン)」 に収載されている顆粒タイプの鼻炎薬です。鼻水、鼻炎、うすい水様のたんを伴う咳などに効果があります。アレロックに使用されているオロパタジンが使用されていない漢方タイプの鼻炎薬なので眠気が辛い時は漢方タイプでコントロールすると比較的眠気のリスクが少なくつらい鼻水を抑えてくれます。

  • 【目薬】【第2類医薬品】化粧かぶれ、花粉、乾燥などによる、顔などのかゆみ、かぶれ治療薬です。1日数回、適量を患部に使用してください

    非ステロイド系の炎症止めの塗り薬です。花粉の飛散シーズンに顔のかぶれが出る人は顔についた花粉でアレルギー症状が起こっていることが考えられます。抗ヒスタミン薬のジフェンヒドラミンが使用されていますので花粉などから起こるアレルギー症状にも対応しています。花粉症対策の基本はアレルギー原因物質である花粉に触れないことが重要です。花粉症の症状を抑えるために使用する抗アレルギー剤は対症療法になりますので、花粉症の症状を抑えるためには花粉と接触しないことが大切になります。

  • 洋服から花粉をやさしく落とします!このブラシに使用される馬の毛は豚毛よりもやわらかく、服地にやさしく静電気が起き難いので花粉を落としやすいのが特徴です。

    使い方は簡単!繊維の流れに逆らうように軽くブラシをかけ、ホコリや汚れなどを浮かしたら、次は繊維の流れに沿ってブラシをかけて生地の表面に浮いてきた汚れを払い落とすだけ。花粉症のシーズンは外出すると衣服や体に花粉が付着します。外出時、花粉症対策に使用していたマスクやメガネ、帽子、服にも付着します。この花粉症はアレルギー症状なので原因物質の花粉が無ければアレルギー症状は起こりません。外から花粉を避けるために部屋にはいっても室内に花粉を持ち込んでしまったら花粉症の症状は治まりませんので、花粉症の症状がひどい方は、花粉を室内に持ち込まない対策も心がけるようにしてください。また、花粉症シーズンは窓を開けるのも極力避け花粉を室内に入らないように注意しましょう。

商品の閲覧履歴
この商品を買った人はこんな商品も買ってます ( ページ )
前へ 次へ