アレロック・オロパタジン | 市販薬の通販・購入と花粉症や蕁麻疹治療薬ならアイジェネリックストアー

全商品送料無料
ジェネリック医薬品・市販薬 TOP > アレロックジェネリック(オロパタジン)
6月セール
【海外商品】花粉症などのアレルギー症や蕁麻疹につかう飲み薬です。ジェネリックなので同一主成分で価格が安いのが特徴です。処方箋なしでご自宅住所へお届けいたします。

アレロックジェネリック(オロパタジン)

アレロックジェネリック(オロパタジン)の体験・口コミ評価は4.5点 4.7点(135件の口コミ 2018/06/06 更新
¥2,980 送料無料 表示価格よりさらに値引き!

5mg 100錠 ¥2,980

数量
[海外発送]納期:7~14日
商品コード:1543 メーカー:Sun Pharma Laboratories Ltd.製造国:アレロックジェネリック(オロパタジン) は、インドで製造されていますインド出荷国:アレロックジェネリック(オロパタジン) は、シンガポールから発送されますシンガポール
返品について

返品できません。但し、破損・誤送の場合は再発送させて頂きます

医薬品 自己責任でご使用の程をお願い申し上げます。

商品説明

有効成分であるオロパタジン(Olopatadine)は、花粉症などで起こるアレルギー性鼻炎、じんましん、皮膚疾患に伴うそう痒(湿疹、皮膚炎、皮膚そう痒症、尋常性乾癬、多形滲出性紅斑)の症状を改善します。

説明文につきましては商品の説明書をを要約したものになりますので日本国内の使用方法と異なる事があります。薬の使用につきまして詳しくは最寄の病院にてご相談ください。

※本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者は使用できません。
※処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします
※現地在庫状況によりお届けする商品のメーカーやデザインが異なることがあります。
※2017/4/14 Torrent Pharmaceuticals Ltd.社製からSun Pharma Laboratories Ltd.社製のアレロックジェネリックをお手配いたします。

アレロックジェネリック(オロパタジン)の用法・用量

大人は1回オロパタジン塩酸塩力価5mgを朝及び就寝前の1日2回経口使用する。

※添付文書の要約になります。
※処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします。

アレロックジェネリック(オロパタジン)の効果効能

<適応症>
大人:皮膚疾患に伴うそう痒(湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症、尋常性乾癬、多形滲出性紅斑)、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎
子供:皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎

<蕁麻疹への効果>
アレルギー性の蕁麻疹は、ヒスタミンなどのアレルギー症状を起こす化学伝達物質により起こります。アレロックに使用されるオロパタジンは、抗ヒスタミン作用(選択的ヒスタミンH1受容体拮抗作用)、抗アレルギー作用、化学伝達物質の産生・遊離抑制作用(ロイコトリエン、トロンボキサン、PAF等)、神経伝達物質のタキキニン遊離抑制作用などにより症状の発現を抑えます。細菌感染による皮膚炎などによる痒みや発疹につきましては、本剤には抗菌作用がないため通常、抗生物質などの抗菌薬により治療します。

※添付文書の要約になります。
※処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします。

アレロックジェネリック(オロパタジン)の副作用

主な副作用は、眠気、口渇、ALT(GPT)上昇、けん怠感、AST(GOT)上昇等

重大な副作用として、劇症肝炎、肝機能障害、黄疸があります。血液検査ではAST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、LDH、Al-Pの上昇等など肝機能に関する数値に異常が出る事がありますので使用時はご注意ください。その他見られる副作用としては、紅斑等の発疹、浮腫(顔面・四肢等)、そう痒、呼吸困難、眠気、だるいなどのけん怠感、口渇、頭痛・頭重感、めまい、集中力低下、しびれ感、不随意運動、腹部不快感、腹痛、下痢、嘔気、便秘、口内炎・口角炎・舌痛、胸やけ、食欲亢進、嘔吐、肝機能異常、白血球増多、好酸球増多、リンパ球減少、白血球減少、血小板減少、尿潜血、BUN上昇、尿蛋白陽性、血中クレアチニン上昇、頻尿、排尿困難などの腎機能障害、動悸、血圧上昇、血清コレステロール上昇、尿糖陽性、胸部不快感、味覚異常、体重増加、ほてり、月経異常、筋肉痛、関節痛などがありますのでこのような症状があるときは最寄りの医療機関にご相談ください。また高齢者については、肝臓や腎臓の機能が低下していることがあり副作用が出やすくなりますのでご注意ください。個人輸入医薬品につきましては、ご本人様の使用のみ認められていますので、子供に使用またはお薬を他人へ譲渡しないようにお願いいたします。

※添付文書の要約になります。
※自己責任でご使用の程をお願い申し上げます。

アレロックジェネリック(オロパタジン)の有効成分

Olopatadine(オロパタジン塩酸塩) 5mg

アレロックジェネリック(オロパタジン)についての補足説明

<保管方法>
室温保存(1~30度)

<別名ジェネリック医薬品>
アレロック、オロパタジン、オロパタジンOD、パタノール、アレニル、アレベント、IF2

<作用機序>
オロパタジンは、選択的にヒスタミンH1受容体拮抗作用する。更に化学伝達物質のロイコトリエン、トロンボキサン、PAF等の産生・遊離抑制作用を有し、神経伝達物質タキキニン遊離抑制作用もしめす。

<注意事項>
海外医薬品は、海外の製造基準により造られているため日本の製造基準とは違うことがあります。
日本国内では市販薬に使われない成分が使われているため医師の処方箋が必要な医療用医薬品になりますので医師の指導のもと使用いただくことをおすすめします 。


詳しくは医療情報サイトのQLifeでお調べいただけます。

※添付文書の要約になります。
※処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします。
  • アレロックジェネリック(オロパタジン)は海外発送です。
  • 全商品送料無料でございます。
  • 課税対象額(商品代金の60%)が10,000円を超える場合、受取りの際に関税などがかかります。
  • アレロックジェネリック(オロパタジン)の配送方法につきましては国際書留郵便、日通メイルプラス、EMSを利用します。
  • 納期:支払日から通常7~14日。ただし祝日や郵便・税関の混雑によって遅れることもあります。
  • アレロックジェネリック(オロパタジン)は配送の希望日時は指定できません。
  • 品名表示は指定できません。MedicineもしくはSupplement HealthProductなどと表示されます。
  • アレロックジェネリック(オロパタジン)の効果効能については個人差がございます。合わない場合は直ちに利用を中止し、医師に相談してください。
※アレロックジェネリック(オロパタジン)をご購入時のご注意※
海外発送のアレロックジェネリック(オロパタジン)は通関の際に、お送り先がお勤め先・事業所の場合、個人輸入と認められず、お荷物(アレロックジェネリック(オロパタジン))が税関で止められることがございます。
その場合最悪アレロックジェネリック(オロパタジン)は没収となりますので、アイジェネリックストアーでは、お送り先はご自宅のみ承っております。
アレロックジェネリック(オロパタジン)の個人輸入について、詳しくはこちらをご覧下さい。

アレロックジェネリック(オロパタジン)に関する情報

アレロックジェネリック(オロパタジン)は、日本で市販されていて購入できるのか?

  • アレロックや有効成分のオロパタジンを含む医薬品は日本で市販されていません。個人輸入で購入するか、病院で処方してもらう医療用医薬品です。

    アレロック並びに、アレロックに使用されるオロパタジンを使用した医薬品は現在日本で市販されていません。オロパタジンを使用したお薬を手に入れるためには、個人輸入で外国から取り寄せるか、病院で処方してもらう必要があります。アイジェネリックストアーでは、国内市販薬だけではなく病院などで使用される医療用医薬品も海外から個人輸入でお手配しておりますので自己治療の選択肢を広げてお薬をお選びいただけます。なお、個人輸入医薬品アレロックジェネリック(オロパタジン)の使用につきましては自己責任となりますため医師の指導のもと使用いただくことをおすすめします 。

アレロックジェネリック(オロパタジン)に似た効果がある日本の市販薬について

  • フェキソフェナジン塩酸塩

    フェキソフェナジンを服用してから血液中の有効成分濃度が最高濃度になるまで約2.5時間ほど時間がかかり、体内に吸収された薬の濃度が半分になる時間は約5時間かかります。通常、指示通り薬を飲み続けると約20時間ほどで薬の体内濃度が安定して体に作用し始めるため効果が安定します。またアレグラFXの主成分であるフェキソフェナジン塩酸塩は、医師によって処方される医療用医薬品として、15年以上の使用実績があり比較的副作用が少なく安全性が高いことから一般用医薬品に転用された成分の市販薬です。2016年11月1日に第1類医薬品から第2類医薬品に区分変更されました。【セルフメディケーション税対象】

    アゼラスチン塩酸塩

    アゼラスチンを服用してから血液中の有効成分濃度が最高濃度になるまで約4時間ほど時間がかかり、体内に吸収された薬の濃度が半分になる時間は約16.5時間かかります。指示通り薬を飲み続けると約66時間ほどで薬が安定して体に作用し始め、薬の効き始めが遅い人でも6日ほど服用を続けると薬の作用が安定します。アゼラスチンの効果を安定的に作用させるため飲み忘れに注意してください。【セルフメディケーション税対象】

    メキタジン

    メキタジンを服用してから血液中の有効成分濃度が最高濃度になるまで約6.5時間ほど時間がかかり、体内に吸収された薬の濃度が半分になる時間は約5.5時間かかります。指示通り薬を飲み続けると約22時間ほどで薬の体内濃度が安定して体に作用し始めるため効果が安定します。【セルフメディケーション税対象】

    エピナスチン塩酸塩

    エピナスチンを服用してから血液中の有効成分濃度が最高濃度になるまで約2時間ほど時間がかかり、体内に吸収された薬の濃度が半分になる時間は約9時間かかります。指示通り薬を飲み続けると約36時間ほどで薬の体内濃度が安定して体に作用し始めるため効果が安定します。【セルフメディケーション税対象】

    セチリジン塩酸塩

    セチリジンを服用してから血液中の有効成分濃度が最高濃度になるまで約1.5時間ほど時間がかかり、体内に吸収された薬の濃度が半分になる時間は約7時間かかります。指示通り薬を飲み続けると約28時間ほどで薬の体内濃度が安定して体に作用し始めるため効果が安定します。服用方法が1日1回なので使用時に注意が必要です。【セルフメディケーション税対象】

アレロックジェネリック(オロパタジン)の期待される効果効能について

  • アレルギー性鼻炎

    アレロックジェネリックに使用されるオロパタジンには「アレルギー性鼻炎」の効能効果が確認されています。アレルギー性鼻炎とは、スギ花粉や、ヒノキ花粉、ハウスダストなどのアレルゲンとよばれる原因物質が体内に入ると起こるアレルギー症状です。アレルギー性鼻炎には種類があり毎年同じ季節に起こる季節性アレルギー性鼻炎と1年中発症する通年性アレルギー性鼻炎があります。花粉が原因で起こるアレルギーは季節性アレルギー性鼻炎といわれ、ハウスダストが原因で起こるアレルギーは通年性アレルギー性鼻炎と言われます。通常アレルギー性鼻炎により起こる症状は透明の水っぽい鼻水、鼻づまり、くしゃみが起こります。

    蕁麻疹

    アレロックジェネリックに使用されるオロパタジンには「蕁麻疹」の効能効果が確認されています。蕁麻疹とは、皮膚の一部が赤く盛り上がり時間がたつと消えてしまう皮膚の病気です。蕁麻疹には種類があり、細菌やウイルスなどが原因で起こる急性蕁麻疹、温度や光などの刺激で起こる物理性蕁麻疹、食べ物や虫、動植物などが原因でおこるアレルギー性蕁麻疹などがあります。オロパタジンにはアレルギー症状の原因となるヒスタミンに対して作用を抑える働きがあるので皮膚炎や痒みに対して効果は確認されていますが、急性蕁麻疹の原因となる細菌やウイルスに対しての増殖を抑える効果は確認されていません。

    尋常性乾癬に伴うそう痒

    アレロックジェネリックに使用されるオロパタジンには「尋常性乾癬に伴うそう痒」の効能効果が確認されています。尋常性とは、普段から起こっている症状をいいます。乾癬(かんせん)とは、皮膚が赤く盛り上がり白く皮膚がフケのようにポロポロ剥がれる病気です。尋常性乾癬に伴うそう痒とは、乾癬とともにカユミが長期間の続いている症状をいいます。

    湿疹に伴うそう痒

    アレロックジェネリックに使用されるオロパタジンには「湿疹に伴うそう痒」の効能効果が確認されています。湿疹とは、皮膚に痒みをともなう赤い発疹が現れる症状で、皮膚に湿疹の原因となるものが接触したり、食べ物や薬などで起こることがあります。湿疹は赤い発疹から水を含む水泡になるのが特徴です。この湿疹とともにでるかゆみに対して効果があります。

    多形滲出性紅斑に伴うそう痒

    アレロックジェネリックに使用されるオロパタジンには「多形滲出性紅斑に伴うそう痒」の効能効果が確認されています。多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)とは、皮膚表面の細い血管が広がり赤く発疹があるいろいろな形の紅斑があり、紅斑からは体液がにじみ出ている状態にある皮膚にを言います。

アレロックジェネリック(オロパタジン)と市販薬の相互作用について

  • 市販の風邪薬とアレロックジェネリック(オロパタジン)の飲み合わせについて。

    アレロックジェネリックに含まれるオロパタジンは、ヒスタミンの作用を抑える働きがあるため、風邪薬に含まれる鼻水を抑える成分や、くしゃみを抑える成分の作用に影響を与え副作用が出やすくなることが考えられ、口の乾き、便秘、眠気などの副作用が出やすくなります。また医薬品は併用薬が増えるにつれ肝臓や腎臓に負担がかかり薬の作用が強く出る危険性がありますのでアレロックジェネリック(オロパタジン)の使用は医師の指導のもと使用いただくことをおすすめします 。

    市販の鼻炎薬とアレロックジェネリック(オロパタジン)の飲み合わせについて。

    アレロックジェネリックに含まれるオロパタジンは、ヒスタミンの作用を抑える働きがあるため、鼻炎薬に含まれる鼻水を抑える成分や、くしゃみを抑える成分の作用に影響を与え副作用が出やすくなることが考えられ、口の乾き、便秘、眠気などの副作用が出やすくなります。また医薬品は併用薬が増えるにつれ肝臓や腎臓に負担がかかり薬の作用が強く出る危険性がありますのでアレロックジェネリック(オロパタジン)の使用は医師の指導のもと使用いただくことをおすすめします 。

    市販の咳止め薬とアレロックジェネリック(オロパタジン)の飲み合わせについて。

    アレロックジェネリックに含まれるオロパタジンは、ヒスタミンの作用を抑える働きがあるため、咳止め薬に含まれる咳を抑える成分や、くしゃみを抑える成分の作用に影響を与え副作用が出やすくなることが考えられ、口の乾き、便秘、眠気などの副作用が出やすくなります。また医薬品は併用薬が増えるにつれ肝臓や腎臓に負担がかかり薬の作用が強く出る危険性がありますのでアレロックジェネリック(オロパタジン)の使用は医師の指導のもと使用いただくことをおすすめします 。

    市販の胃腸薬とアレロックジェネリック(オロパタジン)の飲み合わせについて。

    アレロックジェネリックに含まれるオロパタジンは、抗コリン作用という副作用があるため、一部の市販の胃腸薬と併用すると副作用が出やすくなります。通常、胃腸薬は抗コリン作用によって過剰に働いている胃腸の状態を落ち着かせることで胃腸の症状を改善する目的で使用されますが、併用する事で効果が強く作用し口の乾き、便秘や胃腸障害などの副作用が出やすくなります。また医薬品は併用薬が増えるにつれ肝臓や腎臓に負担がかかり薬の作用が強く出る危険性がありますのでアレロックジェネリック(オロパタジン)の使用は医師の指導のもと使用いただくことをおすすめします 。

    市販の乗り物酔い止めとアレロックジェネリック(オロパタジン)の飲み合わせについて。

    アレロックジェネリックに含まれるオロパタジンは、眠気という副作用があるため、一部の市販の乗り物酔い止めと併用すると眠気の副作用が出やすくなります。また医薬品は併用薬が増えるにつれ肝臓や腎臓に負担がかかり薬の作用が強く出る危険性がありますのでアレロックジェネリック(オロパタジン)の使用は医師の指導のもと使用いただくことをおすすめします 。

アレロックジェネリック(オロパタジン)の抗アレルギー作用と抗ヒスタミン作用とは

  • 抗アレルギー作用

    抗アレルギー作用はアレルギー症状を起こす物質の放出を抑える作用します。アレロックにはインターロイキンー6やインターロイキンー8の分泌を抑制する作用があります。アレルギー反応を起こす原因物質の放出を抑えるのでシーズン初めから服用することで、アレルギー症状の悪化を抑え花粉の飛散ピーク時期に症状を和らげる期待ができます。

    抗ヒスタミン作用

    抗ヒスタミン作用は、アレルギー症状を起こすヒスタミンに作用します。花粉症や蕁麻疹などのアレルギー反応にはヒスタミンが関係します。花粉やほこり等のゴミが体に入ると、体から異物を外に出すためにアレルギー反応を起こします。アレルギー反応を体が起こす時には、まず肥満細胞という体の中にある細胞からヒスタミンが分泌されます。このヒスタミンが鼻に作用するとクシャミ、鼻水、鼻づまりなどが起こります。アレロックジェネリックに含まれるオロパタジンは、このヒスタミンの作用を抑える事でヒスタミンから起こる体の症状を抑制します。

アレロックジェネリック(オロパタジン)の副作用とは

  • 抗コリン作用

    アレロックジェネリックに使用されるオロパタジンには「抗コリン作用」の副作用が報告されています。抗コリン作用とは体の動きをコントロールする神経のうち副交感神経の働きを抑える作用の事をいいます。抗コリン作用によって、副交感神経の働きをおさえてしまうため内臓の動きが悪くなり、便秘やオシッコのでが悪くなったり、緑内障の人にはさらに眼圧が上昇したりする危険があります。アレロックジェネリックに使用されるオロパタジンは第2世代の抗ヒスタミン薬に分類され、第一世代よりも脳に薬の成分が働きにくく改良されていますが、第二世代の薬にも中枢系の眠気などの副作用も確認されています。

    劇症肝炎

    アレロックジェネリックに使用されるオロパタジンには「劇症肝炎」の副作用が報告されています。劇症肝炎とは、短期間のうちに肝臓の細胞が広範囲で機能しなくなり肝臓が機能しなくなる症状をいいます。使用中に、不快感やだるさが出た時は服用を中止してもよりの病院にてご相談ください。

    黄疸

    アレロックジェネリックに使用されるオロパタジンには「黄疸」の副作用が報告されています。黄疸とは、通常肝硬変や肝炎などの肝臓の病気により胆汁の分泌ができなくなることで起こります。使用中に白目が黄色くなったり、肌が黄色くなった時には服用を中止して最寄りの病院にてご相談ください。

    眠気

    アレロックジェネリックに使用されるオロパタジンには「眠気」の副作用が報告されています。脳内でヒスタミンは、脳を活性化する働きがあります。抗ヒスタミン作用のある薬を使用すると脳内で働くヒスタミンの作用を抑えるので眠気が出やすくなります。 薬を服用中は、眠気がでやすくなりますので自動車の運転等危険を伴う機械の操作にはしないでください。

    けん怠感

    アレロックジェネリックに使用されるオロパタジンには「けん怠感」の副作用が報告されています。けん怠感とは、心身のつかれにより体がだるく感じる事をいいます。通常は、過労や睡眠不足、ストレス、栄養バランスの乱れなどで起こりますが、薬の副作用や病気からも倦怠感が出る事があります。

    紅斑等の発疹

    アレロックジェネリックに使用されるオロパタジンには「紅斑等の発疹」の副作用が報告されています。紅斑とは、皮膚表面にある細い血管が拡張することにより皮膚が赤く見え通常の皮膚と紅斑部位の境目はあいまいな症状です。紅斑等の発疹とは、紅斑に発疹をともなう状態を言います。

    顔面や四肢等の浮腫

    アレロックジェネリックに使用されるオロパタジンには「顔面や四肢等の浮腫」の副作用が報告されています。浮腫とは、顔や手足などの体の先で痛みが無い状態で腫れることをいい、皮膚に血管から体液が漏れて溜まっている状態をいいます。

    頭重感

    アレロックジェネリックに使用されるオロパタジンには「頭重感」の副作用が報告されています。頭重感とは、文字通り頭がが重く感じる事を言います。頭を重く感じる事から、立ちくらみやふらつきなどを感じる事もあります。

    不随意運動

    アレロックジェネリックに使用されるオロパタジンには「不随意運動」の副作用が報告されています。不随意運動とは、意識とは無関係に体が動く症状で、特に日常生活に支障が出る動きの事を言います。

    食欲亢進

    アレロックジェネリックに使用されるオロパタジンには「食欲亢進」の副作用が報告されています。食欲亢進とは、食欲の異常な状態を言い、食べ物を食べたいという欲求が異常に高まることを言います。

アレロックジェネリック(オロパタジン)を個人輸入で購入するメリットとは

  • アレロックジェネリック(オロパタジン)を個人輸入により購入する際に処方箋は必要ありません。直接、ご自宅住所へお届けすることができるので周囲にきづかれないでプライバシーを守ることができます。

    アイジェネリックストアーではアレロックジェネリック(オロパタジン)を処方箋不要でご自宅住所へお薬をお届けいたします。お届けの荷物の表記についてもプライバシーを重視しておりますので直接商品名を記載することはありませんのでご安心ください。(荷物の表記について詳しくはこちらから)また注文についてはインターネットもしくは電話にて操作いただけるので商品をゆっくり確認しながら周囲の人に気づかれないで注文することができます。またアイジェネリックストアーはいつもお求めやすい安価で入手できるように心がけています。厚生労働省医薬食品局による「医薬品等の個人輸入について」の情報は、こちら(厚生労働省:http://www.mhlw.go.jp/topics/0104/tp0401-1.html)からご確認いただけます。

注目されている市販薬

  • 【目薬】【第2類医薬品】「クロモグリク酸ナトリウム」をはじめ、4つの有効成分を配合

    エージーアイズの3つの特徴。その1 抗アレルギー剤として高い効果を発揮する「クロモグリク酸ナトリウム」をはじめ、4つの有効成分を配合したアレルギー専用点眼薬なので、アレルギー症状や、悪化した炎症を改善し、目の潤いを保つことで、こすらずにはいられないつらい目のかゆみに良く効きます。その2 抗炎症成分「グリチルリチン酸二カリウム」を追加配合。花粉等のアレルギーにより発症した、つらい目の充血を抑えます。その3 「すっきりクールタイプ」です。【セルフメディケーション税対象】

  • 【目薬】【第2類医薬品】アレルギー症状を引き起こす誘発物質が体内に放出されないように元から抑えます。

    ザジテンAL鼻炎スプレーαは,3つのはたらきをもつ抗アレルギー薬「ケトチフェンフマル酸塩」を配合した「アレルギー専用点鼻薬」です。アレルギーの「発症」から「悪化」までのメカニズムに作用し,軽い症状を感じたときから,アレルギーをコントロールすることができます。 液ダレしにくい高粘度の薬液が鼻の奥まで広く密着し,長くとどまるため、成分が効果的に浸透します。 どの角度(横向き・逆さ)でも噴霧が可能な,エアレス容器を採用しています。【セルフメディケーション税対象】

  • 【目薬】【第2類医薬品】鼻炎、鼻水に使用する漢方薬です。大人は1日3回、1回1包を食前または食間に使用してください

    「クラシエ 小青竜湯エキス顆粒A 10包」は、漢方の古典といわれる中国の医書「傷寒論(ショウカンロン)」 に収載されている顆粒タイプの鼻炎薬です。鼻水、鼻炎、うすい水様のたんを伴う咳などに効果があります。

  • 【目薬】【第2類医薬品】化粧かぶれ、花粉、乾燥などによる、顔などのかゆみ、かぶれ治療薬です。1日数回、適量を患部に使用してください

    非ステロイド系の炎症止めの塗り薬です。花粉の飛散シーズンに顔のかぶれが出る人は顔についた花粉でアレルギー症状が起こっていることが考えられます。抗ヒスタミン薬のジフェンヒドラミンが使用されていますので花粉などから起こるアレルギー症状にも対応しています。花粉症対策の基本はアレルギー原因物質である花粉に触れないことが重要です。花粉症の症状を抑えるために使用する抗アレルギー剤は対症療法になりますので、花粉症の症状を抑えるためには花粉と接触しないことが大切になります。

  • 【目薬】【第3類医薬品】9種類の有効成分配合の薬液が洗い流し、眼病を予防します。

    1日3-6回、1回5mLを用いて洗眼してください●コンタクトレンズを装着されている場合は、使用前に必ずコンタクトレンズをはずすこと●使用前に目のまわりの化粧や汚れはきれいにふきとること●洗眼カップは使用前後に水道水で充分洗浄すること●保存状態によって容器の口周辺にオレンジ色の結晶が付着することがあるので、その場合は清潔なガーゼ等で軽くふきとること●コンタクトレンズを使っていない人も使用できます。

国内OTC医薬品店舗販売業の医薬品販売許可証の情報

  • 要指導医薬品及び一般用医薬品の販売に関するご案内

    アイジェネリックストアーで取り扱う日本国内医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品)等の一般用医薬品の販売に関しては、薬事法に基づく許可を受けて販売しております。

アレロックジェネリック(オロパタジン)に関する情報

商品の閲覧履歴
この商品を買った人はこんな商品も買ってます ( ページ )
前へ 次へ

商品の
選択へ