新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 8月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

2017年 9月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

ジェネリック医薬品・市販薬 TOP > 特集 > ワキガを薬で対策する
ワキガ特集

ワキガ特集

~ワキガを薬で対策する!~

夏到来で汗をかくことも増えてきました。そんなときに悩みとなるのが、そう汗臭さです! そんな汗の臭いでも、汗臭さとは一味違った脇汗からくるイヤーな臭い・・・ワキガ。 自分はワキガなのか?ワキガではないのか?それともワキガ予備軍なのか?今回はそんな多くの人を悩ませるワキガ、ワキ汗について特集しました。 ワキガの原因や対策だけではなく、パースピレックス、サーテンドライやボディミントなどのワキガ対策商品まで一挙にご紹介しております。
※医師の指導の下ご使用ください

ワキガについて

・汗臭さとワキガの違い!

一般的にワキガのニオイは「汗臭さ」とは違いキツイといわれていますが、ワキガのニオイとは一体どのようなニオイでしょうか。
ワキガはよく「なんとも言えない独特のにおい」と表現されることが多いですが、ワキガのニオイの質、ニオイの強さには個人差があり、一言にはなかなか片付けられないのがワキガのニオイの特徴と言えます。
感覚的な表現ですが、汗臭さとはムワっした、ワキガはツーンとしたニオイだという風によく表現され、より具体的な表現では、汗臭さは「お酢のようなニオイ、生乾きの洗濯物のニオイ」、ワキガは「ネギや玉ネギのようなツンとしたニオイ、鉛筆の芯のようなニオイ」と表現される場合が多いです。
しかし、単純に汗臭いというだけなら、しばらく我慢していることもできますが、ワキガのニオイというのは、ニオイの強さは個人差もありますが、「息ができないくらい臭う」、「部屋中にニオイが広がる」、「遠くにいてもニオイがする」など、これくらい強烈なニオイがする場合もあるのがワキガの特徴と言えます。

・ワキガはうつる!?

ワキガについての迷信として「ワキガはうつる!?」ということを聞いたことはないでしょうか?このようなことを聞くと、ワキガの方も、周りの方も非常に不安になります。しかし、結論から言うとワキガは決してうつりません。「ワキガの原因」でも説明していますが、ワキガとはアポクリン腺から分泌される汗が常在菌によって分解されることで発生するニオイなので そもそもアポクリン腺がない方や、アポクリン腺が少ない方には起こりえない症状といえます。しかしながら、ワキガ体質の方の服を借りるなどすると、衣服に付着していたアポクリン腺からの分泌物が 自身の脇に付着することで一時的にワキガに近いニオイを発してしまうことがありますが、ワキガ体質がうつるということはありませんので、時間経過や体を洗うことでニオイは自然と消えるのでご安心ください。
ワキガについての誤った認識はワキガ体質の方を知らずに傷つけてしまいます、迷信には惑わされないよう心がけましょう!

・ワキガは女性のほうが多い!?

ワキガの割合は男性と女性で違うということをご存知でしょうか?正確な統計ではないのですが、ワキガは女性に多いと言われています。
そしてワキガ治療の7割が女性です。これは女性の方が脇汗や臭いに対して敏感だからということも言えますが、実は体質的にも女性の方がワキガである可能性が高いと言われています。
女性にワキガが多い原因としては

・原因であるアポクリン腺の割合が男性より女性の方が多い
・女性ホルモンがアポクリン腺の働きを活発化させる
・皮下脂肪が男性より多い

このようなことが女性にワキガが多い原因として考えられています。
しかし一方で、女性のワキガ率は男性よりも高いようですが、「目に染みるほど臭う」などかなりのワキガ臭は男性に多いようです。

・ワキガの人が増えている!?

ワキガの原因であるアポクリン腺の数は人種によって異なるといわれています。
そのためワキガ率も人種によって異なり、欧米人種のワキガ率が60~70%といわれているのに対し、日本人は10%~15%と言われています。このように日本人は世界的にみるとワキガの割合は低いのですが、近年日本人のワキガの人数は増えていると言われています。
その原因として食生活の欧米化が関係しているとされています。
肉類中心の食生活・乳製品(卵・牛乳)の食べすぎ・辛いものの食べすぎ・アルコールの過剰摂取など、食の欧米化により日本人にとってワキガはより身近なものになりつつあり、食事面での対策も検討していく必要がありそうです。

・ワキガと肥満

「太っている人にワキガが多い」というようなこと聞いたことはないでしょうか?
「ワキガのメカニズム」でワキガの原因について触れていますが、結論から言うと肥満は、ワキガの直接の原因にはなりません。ただし、誰もが少なからず持っている潜在的なワキガ要素を強めてしまう要因になりえます。
まず、肥満の方は皮脂の分泌量も多くなるため、ニオイの元となる雑菌が繁殖しやすいといえます。
ワキガの直接の原因はアポクリン腺から分泌される汗が細菌に分解されたために発生するニオイですが、エクリン腺から分泌される汗が多いと、アポクリン腺から分泌された汗を拡散し、ワキガを助長させてしまいます。
したがって肥満の方はやせている方に比べ、脇汗の発汗量が多いため、ワキガの場合はよりニオイが強く感じられ、肥満の人にワキガ体質が多いと思われているのです。


ワキガの原因

・解明!ワキガのメカニズム!

ワキガの対策を行うために、まずワキガのメカニズム、原因を知りましょう。
ワキには「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2つの汗腺があり、2種類の脇汗がでています。
「エクリン腺」からは出る汗の特徴は99%水分であり、透明に近く、サラッとしており、ミネラルや塩分、乳酸が分泌されています。
ここから出る汗は、暑さや、激しい運動で、上昇しすぎた体温を下げる働きをしています。
「アポクリン腺」からは出る汗は、乳白色をしており、少し粘り気があり、脂質やたんぱく質、アンモニアなどが多く含まれており精神的な緊張などによって分泌されます。
この2種類の汗の成分の違いによって、分泌物が細菌に分解された際に、「エクリン腺」から出た汗はムワッとする「汗臭さ」へ、「アポクリン腺」から出た汗はツーンとする「ワキガ」へと変貌します。

・「エクリン腺」?「アポクリン腺」?

「ワキガのメカニズムはわかった、じゃあどうしてワキガとそうでない人がいるの?」と疑問をお持ちの方もいるかと思いますが、「エクリン腺」、「アポクリン腺」にはさらに別の特徴がありそれが原因となっています。
「エクリン腺」とは無汗症などの病気でない限り、すべてのヒトが全身に持っている汗腺です。
一方、「アポクリン腺」は生まれつき数が人それぞれ決まっており、遺伝により多い人もいれば少ない人もいる汗腺であり、この「アポクリン腺」の多い人が「ワキガ」に悩まされる場合が多いようです。
このメカニズムを踏まえると「ワキガがうつる」、「清潔にしていないとワキガになる」などという認識は間違えであると理解してもらえるかと思います。

・「アポクリン腺」の分泌液が臭うメカニズム!

それではなぜ本来無臭であるはずの汗が変貌しワキガ臭となってしまうのでしょうか?それは、肌の表面に住む「常在菌」が原因なのです。
常在菌とは肌の表面上に住んでいる雑菌のことです。雑菌というとなんだか汚いイメージを抱きますが、この常在菌のおかげで私たちの肌は健康でいられます。
この常在菌は弱酸性で有害な菌の体への侵入を防ぐことに加え、皮脂と交わることで肌につやを生み出してくれています。
肌の表面に住む常在菌は汗の中に含まれる成分を栄養としており、これを常在菌が分解するときにワキガ特有のニオイが発生してしまうのです。
さらにワキガ臭は全身に張り巡らされたエクリン腺によって薄められ、全身に広がっていきます。そして、皮脂の分泌が多い人はこのニオイに加え、皮脂が常在菌に分解されたときに発生される臭いも加わりワキガの臭いが強くなってしまいます。
このようにアポクリン腺から分泌された汗を常在菌が分解することで発生したニオイの成分が、エクリン腺によって分泌された汗によって薄まりつつも全身に広がっていくのです。
これがアポクリン腺から分泌された脇汗がワキガ臭を発生させてしまうメカニズムなのです。

・ワキガのニオイ強くする原因

これまで説明したようにワキガは「アポクリン腺」から出る脇汗が原因となっています。
しかし、ワキガにニオイには個人差があったり、生活の中でも症状が重くなったりすることがあります。
では、次にワキガのニオイを強くする原因についてご説明します。
ワキガ要素を強めてしまわないように、原因と押さえ日ごろから対策を行いましょう。

①「アポクリン腺」を刺激する食生活

アブっこいものや、肉類、動物性タンパク質(牛乳、チーズ、バター)を多く摂取しすぎると、ワキガの原因となる「アポクリン腺」が刺激され、分泌される汗の量が増え、ニオイが強くなる原因となります。

②ストレス

ストレスを感じた際には、アドレナリン分泌により、汗腺が刺激され、アポクリン腺から汗が分泌されます。

不安や緊張でかく汗は、体を動かした時にかく汗と、分泌される汗腺が異なります。


ワキガチェック

日本人では10人に1人はワキガの可能性があると言われています、「君はワキガだよ!」なんて言ってもらえるわけもなく、、、、、、、、、友人、知人、恋人が離れていく前にワキガセルフチェック!

1 家族や親戚にワキガの人がいる

ワキガの原因となる「アポクリン腺」の数は遺伝により決定されます。やっかいなことに「ワキガ」体質は「優性遺伝」しますので高確率で遺伝してしまいます。

2 耳垢が湿っている、色が茶色っぽい

耳の中が湿っている人とそうでない人がいますがその原因は、耳の中の「アポクリン腺」の量の違いよるところが大きく、耳の中の「アポクリン腺」が多い人は、脇の下にも多いと考えられワキガの可能性が高いと言えます。

赤信号・・・・耳垢が溶けたキャラメルのような状態である。
黄信号・・・・耳垢がしめっている。
青信号・・・・耳垢が乾燥している。

3 衣服の脇の部分が黄ばむ

「アポクリン腺」からはリポクフスチンという成分が分泌されており、これが原因で衣服に付着すると黄ばみを作ります。
この物質は「エクリン腺」からではなく、「アポクリン腺」から分泌される成分ですのでワキガチェックには有効です。
ワキガでない人でもワキの黄ばみはたびたび見受けられるかと思いますが、このチェックでのポイントは「黄ばみの範囲がはっきりとしており、キレイに脇の形になっている」かどうかです。ハッキリ、くっきりとなっていれば要注意です。

4 腋毛に白い粉がつく

「アポクリン腺」から分泌される脇汗に含まれる成分が原因でそれが固まり白い粉のように腋毛に付着していることがあります。
「アポクリン腺」が少ない人にはあまり見られない現象ですので、「アポクリン腺」の活動の表われとしてワキガ要注意です。

5 脇にガーゼ、ティッシュを挟んでみる

非常に簡単な手法です。ワキの下に1時間ほどティッシュ、ガーゼなどをはさんでもらい、その後ニオイを確認していただくだけです。
確認時に、少しにおう程度であれば問題無しですが、キツく臭うようであればワキガ要注意です。

6 体毛が濃い

アポクリン腺は体毛の毛根部に存在するため毛深いとアポクリン腺の数が多い可能性があります。
また、体毛に皮脂や汗が溜まりやすく細菌の繁殖を促す原因となります。

7 自分の体臭を感じたり、他人から体臭を指摘される

自身の体臭というのは慣れてしまい気づきづらいものです。そのため、自身の体臭に気が付くということはかなり強いワキガ臭を発している可能性があります。
特に入浴後などに感じるようであればワキガの疑いがあります。また、他人からニオイを指摘された場合、汗の臭いとは違ったワキガの臭いの可能性があります。

8 脂性体質である

皮膚に脂分を多く分泌する皮脂肪腺が活発であるといわゆる脂性となり、顔がテカタカしたり、頭皮に皮下脂肪がたまったりします。
皮脂腺の働きはアポクリン汗腺と同様に、性ホルモンの刺激で活発化するため、皮脂腺が活発であればアポクリン腺も活発であると予想されます。

9 緊張するととても汗ばむ

緊張や興奮をすると汗をかくのは、通常の生理現象ですが、緊張や興奮が原因によるもので衣服がびしょびしょになるほど汗ばむなど異常な発汗がある場合はワキガの可能性があります。

以上の9つのチェック項目のうち3つ以上が当てはまる方はワキガの疑いありと言えます。

ワキガは自覚症状を持ちづらいものです。自分の体質、原因をしっかりと知り、ワキガ対策の第一歩を踏み出しましょう。


ワキガの対策方法

ワキガとは「アポクリン腺」を原因として出る脇汗に含まれる成分が細菌により分解されることでワキガ臭が発生します。そこで、ワキガを抑えるために有効な自分できる対策方法、医療機関による対策、手術方法についてご紹介します。

1 脇汗を抑え、原因を止める

ワキガの原因となる脇汗を絶ってしまおうという対策方法です。この対策方法では制汗グッズなどのニオイ対策商品を利用することが簡単かつ効果的です。最近では、スプレータイプ、クリームタイプ、ロールオンタイプ、サプリメントなどの様々な制汗グッズがあります。
当店のワキガ対策商品でも、パースピレックス、サーテンドライやボディミント、クロロフレッシュなどが愛用者も多く、非常に人気です。グッズ選びのポイントは、制汗効果プラスアルファとして殺菌・消臭効果のあるものを選びましょう!脇汗を抑え、菌を絶つ!
制汗グッズを使うときの注意点としては、ウェットティッシュなどで細菌をふき取ったあとに使うように心がけましょう。濡れたタオルや、ウェットシートを使うと原因菌をのこさずふきとることができ効果的です。
また、脇汗対策は塗り薬だけでなく、多汗症に効くとされている「抗コリン剤」を服用することでも発汗を抑えることができます。成分はプロバンテリンです。「抗コリン剤」など薬剤の服用については、副作用が生じる場合もありますので、用法・用量をきちんと守り服用することが望ましいです。
脇汗対策ではワキガの原因となる汗を体の内側、外側から制汗対策を行うことでさらなる効果が期待できそうです。

2 細菌の繁殖を抑える

・脇を清潔にし、脇汗をこまめに拭く!

基本的に脇汗をかいたらニオイを感じる前に汗を拭くことが大切です。菌が繁殖、ニオイが出る前にふきとりましょう。

<汗を拭くときの注意点>

①脇毛を剃る

ワキガは皮膚上の汗が常在菌によって分解されることによって起こりますので、脇毛の中は原因となる雑菌が繁殖しやすい場所となっています。 そのため、脇毛をしっかり剃ることは原因菌の繁殖を抑え、ワキガを抑えることにつながります。

②汗で体温が下がるのを待つ

汗をかいたらすぐにはふかず、待ちましょう。汗は体温を下げる役割をもっているため、すぐに拭くと体温がさがらず、さらに汗をかいてしまいます。

③濡れたタオルやウェットシートで原因菌を拭きとる

ニオイが気になってきた場合には、まずはワキの原因菌を濡れたタオルやウェットシートでふき取りましょう。
雑菌は濡れているタオルやウェットシートのほうが残らずきれいにふき取れます。

また、お風呂につかる、衣服を取り換える、衣類の素材を工夫するなども対策としては効果的です。

3 生活習慣の改善

・タバコ、お酒を控える

タバコ、お酒はワキガの原因となる「アポクリン汗腺」を刺激し、発汗量を多くしてしまい、ニオイをキツクしてしまう原因となります。

・食生活の改善

ワキガの原因となる「アポクリン汗腺」から分泌される脂質を減らすには食生活を見直すことが肝心です。
まず、ラーメンや肉料理などの脂質が多く油っぽいものをなるべく避けた食事をとることを心がけましょう。
また、体臭改善に向けて効果的な野菜をとるよう心がけましょう。 野菜をとることで、血液がサラサラになり「アポクリン汗腺」から排出される脂質も薄くなっていきます。
特に、ビタミンCを多く含む、ブロッコリー、ピーマン、レモン、ビタミンEを多く含むかぼちゃ、パセリ、ホウレンソウ、ビタミンBを多く含むにんにく、ネギなどの野菜を意識してとることが望ましいです。
特にパセリはワキガ体質の方にはオススメ食材で、パセリに含まれるクロロフィルという成分には強い消臭効果があり体臭改善効果を期待できます。 クロロフィルにはデトックス効果があり、胃腸内に付着した老廃物や、不要な有害物質を対外へ排出し、腸内環境を整え体臭改善を促す働きがあります。 「クロロフレッシュ」などサプリメントであれば摂取しやすくオススメです。
人間の血液は、食べ物によって「弱アルカリ性」か「弱酸性」に変化します。 酸性が強くなると体臭が出やすくなるため、アルカリ性食品を食べて、血液を「弱アルカリ性」に近づけるよう心がけましょう。

・ストレスをためない

緊張や不安が原因でかく汗は、「アポクリン汗腺」から分泌され、ワキガの原因となります。
ストレス対策をし、リラックスした状態を保てるよう心がけましょう。

4 身近なもので簡単対策

・ワキガ対策にはミョウバンが効果的!?

スーパーや薬局で比較的安価に手に入れることができるミョウバン。実は体臭予防、脇汗予防つまりはワキガ対策に効果がある物質として知られています。ミョウバンは食品添加物などにも広く使われており、比較的身近なものとして安心してご使用いただけるのではないでしょうか。
ミョウバンには、①水に溶けると酸性になることによる殺菌作用、②発汗をおさえてくれる収れん作用、③ミョウバンに含まれる金属成分による金属消臭作用、酸性によって生じる中和による消臭作用があります。 これらの作用によりミョウバンは古くから制汗剤、デオドラント剤として利用されてきました。

・ミョウバンを用いたセルフケア

①はワキに直に塗布する

これは一番簡単なセルフケア方法です。粉末になっていないものであればすり鉢などで粉末にしてから塗布しましょう。 これでも十分に制汗作用を得られますが、簡単な半面、使いずらさがあるかもしれません。

②ミョウバンスプレーを作る

水に溶けると酸性になることを生かし、ミョウバン水を作りましょう。
市販のミョウバン(50g)、水(1.5リットル)をよく混ぜます、ミョウバンが溶けきらない場合には1晩放置すれば溶けます。 ミョウバン水ができたら、スプレー容器にいれ、ワキに直接吹きかけるなどすればケアもしやすくミョウバンの持つ効果を余すことなく得られるはずです。消臭効果を強化したい場合には水の代わりに緑茶を用いることでカテキンの持つ消臭作用も得られ相乗効果が期待できます。使用期限の目安は冷蔵保存で1ヶ月が目安ですが、衛生的に取り組みたいなら2週間程度を目安とすることをオススメします。

5 手術治療によるワキガ対策

手術によってワキガの根本的な原因である「アポクリン腺」を取り除いてしまう対策方法です。最近では保険適用可能な病院が増えてきており、費用面での問題は徐々に解消されてきているようです。
しかし、効果については手術方法、施術医師の技術力などの影響が大きく「手術跡が残る」、「再発してしまう」などのデメリットも考えられるので、時間をかけ検討する必要があります。
手術でのワキガ対策については病院の保険適用、施術医師の技術力、手術方法、費用の4点を中心に下記の代表的な手術方法を参考に「どこで、どのような手術を、行うのか」を検討しましょう。

<ワキガ手術>

①剪除法(せんじょほう)

費用目安:30万~50万円(ワキガの程度や、保険適用により変動する場合があります。)

ワキの下を切開して裏返し、粒状に並んでいるワキガの原因であるアポクリン腺を目視しながらひとつずつ取り除いていく方法です。
ワキガ対策としての効果は非常に高いようでアポクリン腺を高い効率で切除できる一方、他の手術に比べ切開による傷跡の長さが長いというデメリットがあります。また、3~5cmの傷跡が1本残るため、施術医師の縫合技術により手術跡の差がでます。
入院の必要はありませんが、術後は傷口が落ち着くまで4日~7日ほど圧迫ガーゼなどをあてて過ごす必要があります。また、手術箇所のワキ毛が減少するという特徴があります。

②皮下組織吸引法

費用目安:15万円~

ダイエットなどの脂肪吸引をワキガ手術に応用した手術方法で、ワキの下に小さな穴を開け、そこから細い管を通して原因となっているアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺をかき出しながら吸い取る方法です。
入院の必要がなく、傷口が目立たなく、施術後の回復が早い一方、アポクリン腺が残ってしまうことがあり、アポクリン腺の根の部分が残ってしまうことによる再発リスクがあり、再度対策をしなければならない可能性があります。

③超音波吸引(治療)法

費用目安:18万~30万円

皮下組織吸引法をベースにし改良された方法です。皮下組織吸引法に比べ、傷口はやや大きく1.5cmほど、再発率はやや低いようです。
皮下組織吸引法では細い管によってかき出し・吸引を行っていたところを、超音波による熱でアポクリン腺を破壊しながら吸引します。
全てのアポクリン腺を完全に取り除くことは難しいと言われおり、施術医師の技術力によって火傷や皮膚壊死など合併症のリスクがあります。

④皮下組織削除法

費用目安:20万~40万円

ワキの下を1cmほど切開し、皮膚表面でローラーを転がしながら、カミソリ部分で皮下組織と汗腺をまとめてを削り取ることでエクリン腺やアポクリン腺を取り除きます。皮膚とカミソリの刃を押さえるローラーを組み合わせた専用器具を用います。
傷口が小さく高い効果が期待できる一方、傷口が多数になってしまうため施術後、回復まで時間がかかることやワキガの原因である汗腺だけではなく、皮膚を薄く削ってしまうことによる皮膚の硬化や変色のリスク、また皮膚壊死のリスクがあり、施術医師の技術力が求められます。

  • 最強のにおい対策商品!汗腺にフタをする長時間持続型の制汗剤!処方箋なしで海外からお届けします。

    一般のデオドランド製品などは汗を止めるものではなく、別の香りで臭いを隠したり、殺菌成分で臭いの発生を抑えますが、パースピレックスは臭いのもととなる「汗」を抑制します。汗腺深部に角栓を作りフタをして、汗を抑えるとともに臭いの原因である細菌の育成や増殖を抑制します。また、細菌が汗を分解して出す臭いも予防します。汗の中の皮脂や汚れを細菌が分解することで発生するニオイを抑えるため、香料不使用でアレルギーやかぶれのリスクを最小限に抑えられています。衣類への色移りや白い筋が残ることもありませんので大事なお洋服を着られる際も、安心してご使用いただけます。市販の制汗剤は持続時間が短く、手足に塗るのには難しいものばかりでしたがパースピレックスはワキ、手のひら、足裏などの気になる部分に一度塗るだけで、入浴・手洗いなどでも落ちにくく、低下することなく3~5日間の制汗が期待できます。 またワキガの原因となる汗を抑制する効果がありますので、ワキガ対策として非常に有効です。 固形タイプ(パースピレックスロールオン25ml )とローションタイプ(パースピレックスローション100ml )がお選びいただけます。 ※商品画像につきましては、撮影時期、在庫状況により使用期限、製造番号、デザインが異なることがございます。

  • パースピレックスの新商品!!敏感肌用!

    ワキガ、ワキ汗対策で大人気のパースピレックスに新商品が登場!! 敏感肌の方にオススメのパースピレックスです! 一般のデオドランド製品などは汗を止めるものではなく、別の香りで臭いを隠したり、殺菌成分で臭いの発生を抑えますが、パースピレックスは臭いのもととなる「汗」を抑制します。汗腺深部に角栓を作りフタをして、汗を抑えるとともに臭いの原因である細菌の育成や増殖を抑制します。また、細菌が汗を分解して出す臭いも予防します。汗の中の皮脂や汚れを細菌が分解することで発生するニオイを抑えるため、香料不使用でアレルギーやかぶれのリスクを最小限に抑えられています。衣類への色移りや白い筋が残ることもありませんので大事なお洋服を着られる際も、安心してご使用いただけます。市販の制汗剤は持続時間が短く、手足に塗るのには難しいものばかりでしたがパースピレックスはワキ、手のひら、足裏などの気になる部分に一度塗るだけで、入浴・手洗いなどでも落ちにくく、低下することなく3日間程度の制汗が期待できます。 またワキガの原因となる汗を抑制する効果がありますので、ワキガ対策として非常に有効です。ワキガ対策商品の中でも非常に人気が高い商品です。 ※商品画像につきましては、撮影時期、在庫状況により使用期限、製造番号、デザインが異なることがございます。

  • パースピレックスの新商品!強力タイプ!

    ワキガ、ワキ汗対策で大人気のパースピレックスに新商品が登場!! 通常のパースピレックでは物足りない方向けの強力タイプのパースピレックスです! 一般のデオドランド製品などは汗を止めるものではなく、別の香りで臭いを隠したり、殺菌成分で臭いの発生を抑えますが、パースピレックスは臭いのもととなる「汗」を抑制します。汗腺深部に角栓を作りフタをして、汗を抑えるとともに臭いの原因である細菌の育成や増殖を抑制します。また、細菌が汗を分解して出す臭いも予防します。汗の中の皮脂や汚れを細菌が分解することで発生するニオイを抑えるため、香料不使用でアレルギーやかぶれのリスクを最小限に抑えられています。衣類への色移りや白い筋が残ることもありませんので大事なお洋服を着られる際も、安心してご使用いただけます。市販の制汗剤は持続時間が短く、手足に塗るのには難しいものばかりでしたがパースピレックスはワキ、手のひら、足裏などの気になる部分に一度塗るだけで、入浴・手洗いなどでも落ちにくく、低下することなく最大5日間程度の制汗が期待できます。 またワキガの原因となる汗を抑制する効果がありますので、ワキガ対策として非常に有効です。ワキガ対策商品の中でも非常に人気が高い商品です。 ※商品画像につきましては、撮影時期、在庫状況により使用期限、製造番号、デザインが異なることがございます。

  • 毛穴を収縮し強力脇汗抑制!

    脇からの多量の汗を抑制するCERTAIN DRI(サーテンドライ)ロールオンタイプ(35.5ml)の脇用抑汗剤です。米国では既に定番商品です。就寝時に塗布することで、最大84時間持続します。米国の皮膚科では多汗症の治療にも用いられる塩化アルミニウムが有効成分として含まれており、お医者さんも推薦する抑制剤です。また、この塩化アルミニウムは直接皮膚に塗っても安全な成分なので安心して使用出来ます。 脇からの汗はワキガの原因にもなりますので、ワキガ対策にも非常に有効です。

  • ボディミント

    ボディミントの体験・口コミ評価は4点 4点 (1)  

    ボディミント

    表面だけでなく、体の中から嫌な臭いの根本を抑える

    ハワイで生まれた『飲むタイプ』のエチケットサプリメントです! クロロフィル(葉緑素)から抽出されたクロロフィリンを配合した天然由来のサプリメントです! クロロフィル(クロロフィリン)とは、葉緑素のことで、ホウレン草・モロヘイヤ・シソ・チンゲンサイ・ 小松菜・パセリ・明日葉・ブロッコリーなどの緑色野菜に多く含まれています。ボディミントはUSPの基準をクリアした高品質のクロロフィルを使用しています。 臭いの根本を断ち切りたい方に特におすすめのサプリメントです。 香りなどで臭いをごまかすのではなく、自身の持つ体臭を和らげ臭いの発生しづらくすることを目指します。 加齢臭、ワキガなどにお悩みの方も体内環境から整えることで体臭の軽減が見込めます! 仕事などで多くの人と会う方に大変ご好評をいただいています。 アメリカではテレビや雑誌、新聞など各メディアで紹介された事で話題になり世界中で愛用されているデオドラント・サプリメントです。

  • 【海外商品】

    体の中から臭いをスッキリ! 気になる口臭や汗のニオイに人気の天然成分サプリメント!!アルファルファと呼ばれる緑色野菜由来の葉緑素(クロロフィル)を原料にして作られています。 クロロフレッシュの液体と同じ葉緑素を含むよう、ソフトなゼラチン・カプセルで包んでいます。 クロロフィルとは植物の細胞に存在する葉緑素のことをいい、食物繊維ではなかなか入り込めない腸のヒダの間にも入り込み、 ニオイの原因となる毒素に働きかける効果が期待されています。加齢臭、ワキガなど臭いがなど気になる方におすすめの商品です。