ジェネリック医薬品・市販薬 TOP > 特集 > 低用量ピル・経口避妊薬の通販購入とセルフケア

低用量ピル・経口避妊薬の通販購入とセルフケア


※低用量ピル・経口避妊薬は「商品名」を入力確認後にページが表示されます。

低用量ピルはほぼ100%の避妊効果を期待できる避妊方法です。
また低用量ピルには避妊効果以外にも女性の健康をサポートする効果が多くあります。
しかし、副作用があることも事実です。またピルに関しては様々な議論があります。 低用量ピルのメリット・デメリットだけでなく、低用量ピルそのものについて知ることで、一つの避妊法としてピルを選択するかどうかを考えることは女性の生活や性生活をより豊かにしてくれるでしょう。

低用量ピルとは

低用量ピルとは卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類の女性ホルモン含有した経口避妊薬です。
卵胞ホルモンは女性らしい体をつくるホルモンで、黄体ホルモンは子宮内膜を厚くするなど受精・妊娠を準備するホルモンです。
『低用量』ピルとは卵胞ホルモンの含有量が50μg以下のピルのことを指します。

低用量ピルの避妊の仕組み

低用量ピルは正しく使用すればほぼ100%の避妊効果が期待できます。低用量ピルは3つの働きによって避妊をします。

ホワイトニングとは

働き① 排卵が起こらないようにする

ピルの基本原理は、体を妊娠時のホルモンバランスに近づけることによって排卵を起こらなくするということです。
つまり、脳に妊娠したと錯覚させるのです。 低用量ピルに含まれる2種類の女性ホルモンが脳下垂体に働きかけ、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)の分泌抑えます。
その結果、脳が妊娠していると錯覚し卵胞が成熟せず排卵が起こらなくなるという仕組みです。

働き② 受精卵を着床しづらくする

子宮内膜を厚くする黄体ホルモン量をコントロールすることで子宮内膜を厚くせずに受精卵が着床しづらい状態になります。
子宮内膜が厚くならないため、月経時には子宮内膜がはがれる時の消退出血のみとなり生理痛も軽くなります。

働き③ 精子が子宮に入りづらくする

子宮頸管の粘液を変化させて精子が子宮まで到達しづらくします。
以上のような3つの働きにより低用量ピルはほぼ100%の避妊効果を生み出します。
またピルの服用を中止すれば、妊娠可能な体にすぐ戻ることができます。
平均して3週期以内には通常の状態に戻ると言われています。このピルの可逆性(服用を中止すれば妊娠できること)もピルの世界的人気の理由です。

低用量ピルの避妊以外の副効果

月経周期の安定や調節

ピルを使うことで月経周期を安定させたり、月経の日を調整することができます。
月経周期は体内の2種類のホルモンバランスの変化によってもたらされます。そのため、ピルによって女性ホルモンのバランスを安定させることで、月経周期を安定させることができます。
また、旅行日や大切な日に生理日が重なってしまうといった場合に、ピルによってホルモンバランスを調節することで生理日をずらすことができます。
このホルモンバランスの調節は低用量ピルでもある程度は可能なのですが、中用量以上のピルが適しているといわれています。
また、時間的な余裕がない場合や元の生理周期が安定していない場合、予期せぬ時に月経がきてしまう場合があるので注意が必要です。

月経困難症の改善

月経によって食欲不振や強烈な下腹部の痛みなどに悩まされている人は多いと思います。
この症状が普段の生活に支障をきたす程になるほどになると『月経困難症』といわれます。
10代であればこうした症状は子宮の未成熟によって引き起こされている可能性が高いですが、20代になっても改善されないようであればプロスタグランジンという陣痛を引き起こす物質が影響している可能性があります。
この物質によって引き起こされる痙攣性の痛みは低用量ピルを服用することで軽減することができます。

月経による出血量の減少・貧血改善

低用量ピルを使用して2周期(2か月)が経過する頃から月経にともなう出血量が減少するという傾向があります。
ピルを服用し始めてから平均43%出血量が減少したという報告もあります。出血による痛みや、貧血がひどい人の改善策としても有効です。

子宮内膜症の予防・治療

生理のある女性の10人に1人が発症する子宮内膜症という病気があります。
子宮の内側にある内膜が子宮以外のところにもできてしまい炎症や出血を引き起こす病気で、不妊の原因にもなると言われています。
この子宮内膜症の予防・治療にもピルは効果的といわれています。
子宮内膜症は月経サイクルの中で子宮内膜が増減することで発症、悪化していきます。
しかし、ピルによって排卵を抑えることで、これに伴う子宮内膜の増殖を抑え、子宮内膜症の予防となります。
また、月経によって子宮内膜が減少することもないため子宮内膜症の進行も抑えられます。

子宮体がんや卵巣がんなどの女性病のリスク軽減

日本でピルが解禁された当時、ピルがホルモン剤であることからピルを服用すると子宮体がん卵巣がんになりやすくなると言われていました。
しかし、子宮頸がんの原因がHPVウイルスであることが判明すると、むしろピルは子宮体がんや卵巣がんの予防によいと言われるようになりました。
子宮体がんは、子宮内膜に異常な組織ができることによって発症しますが、ピルを服用している場合、子宮内膜はできず子宮体がんのリスクはかなり低くなります。
子宮体がんの原因となる組織は月経によって排出されるため、月経不順であると発症のリスクが高まります。
そのため、閉経後の高齢者に子宮体がん発症しやすくなっています。
卵巣がんは、排卵時に、卵巣が傷つくことで、それを修復しようとするときに発症する可能性があると言われています。そのため、ピルによって排卵は抑えることで卵巣がんのリスクはかなり低くなります。

骨粗しょう症の改善

閉経を迎える年齢に近くなるとエストロゲンの分泌量が低下して、骨を作る働きが弱くなります。
そのため、ピルを服用することでエストロゲン量が安定し骨粗しょう症の予防になるのです。

低用量ピルの使用方法

低用量ピルは月経周期を28日として毎日1錠ずつ服用します。ピルの服用時間は食前や食後などではなく毎日ほぼ定刻に飲むことが望ましいです。
そのためピルの服用を習慣づけするようにしましょう。

① 低用量ピルは錠剤の数によって2種類に分けることができます。

21錠タイプ

21錠タイプ

1シートに21錠の錠剤が入っています。生理期間中にあたる7日間は休薬日として薬を服用しません。

28錠タイプ

28錠タイプ

1シートに28錠の錠剤が入っています。そのうち7錠は偽薬で生理期間中に服用します。
そのため基本的には21錠タイプの錠剤と変わりませんが、飲み忘れ防止や薬やプラシーボ効果による精神安定のために生理期間中も偽薬を服用します。

② 初めてのピルの服用

初めてのピルの服用

ピルの開始方法には『Day1スタート』と『Sundayスタート』があります。(カレンダー画像)
『Day1スタート』は月経の開始日にピルの服用スタートさせる方法です。
また、生理が夜に来た場合、生理日である時間は数時間しかないという訳ではなく、生理日とは生理が始まってから24時間以内ということです。

『Sundayスタート』は月経が始まった週の最初の日曜日からピルの服用をスタートさせる方法です。
『Sundayスタート』の場合、カレンダーと同じ1週間で服用することができるため、飲み忘れ等の管理がしやすいほか、生理のスタートが月曜日となるため週末の出血を抑えることができます。
週末のレジャーを生理を気にせず楽しむことができます。

③ ピルを飲み忘れた場合

低用量ピルの大原則は『絶対に飲み忘れない』ということです。ですから、カレンダーに毎日記入したり、決まった時間にアラームを鳴らしたりするなどの工夫をすることで習慣づけすることが大切です。 とは言っても飲み忘れてしまうことも時にはあると思います。
その場合は以下の方法をとることが望ましいです。

・1日の飲み忘れである場合
飲み忘れに気づいたときにすぐさま錠剤を服用しましょう。また、その日の錠剤も通常通り服用します。そのため、一日で2錠分の錠剤を服用することになります。
・2日以上連続して飲み忘れた場合
2日以上連続して飲み忘れてしまった場合は、シートに錠剤が残っていた場合でも低用量ピルの服用を中止して、次の月経を待って新しいシートから服用を始めましょう。また、ピルの服用を中止している期間はコンドームなどほかの避妊方法で避妊するする必要があります。
・生理中の錠剤を飲み忘れた場合
生理中に服用している錠剤(28枚シートの7錠)は偽薬ですので問題ありません。そのままピルを服用しても問題ありません。

低用量ピルの種類

低用量ピルにはすでに説明した錠剤数による分類(21錠タイプ・28錠タイプ)以外にも配合される黄体ホルモン量による分類やホルモン配合比による分類があります。使用するピルの種類を知ることでより自分に合ったピルを選ぶことができます。
(黄体ホルモンによる分類)
黄体ホルモンによるピルの分類は3種類あり,第1世代ピル・第2世代ピル、第3世代ピルというように呼ばれます。

第1世代

1960年代の黄体ホルモンの補助をするノルエチステロンという薬が開発されこれが経口避妊薬(ピル)として使用されるようになりました。しかし、その効果は弱く、避妊効果を上げるためにエストロゲンを多く含有していました。しかし、エストロゲン含有量が多いと血栓症のリスクが高まる恐れがあると報告されるとWHOから含有量を50μg以下にするように勧告されました。それにも関わらず第一世代ピルは第2世代ピルで問題となるアンドロゲン作用(男性化作用)が少ないためピル発祥国のアメリカで根強い人気があります。

第2世代

第1世代ピルの問題点であるエストロゲン含有量を低下させるために開発されたのがレボノルゲストレルという低用量のエストロゲンで黄体ホルモンの効果を非常に高める第2世代ピルです。しかし、第2世代ピルには、ニキビの増加や体毛が濃くなるといったアンドロゲン作用(男性化作用)がみられるという欠点がありました。

第3世代

段階的にホルモン量を調節することで第2世代のアンドロゲン作用を克服したのが第3世代ピルです。第3世代ピルは世界で最も普及しているピルで第1,2世代の欠点を克服した最も副作用が少ないピルです。
第3世代ピルが最も副作用が少ないピルではありますが、アンドロゲン作用が最も少ないマイルドなピルとして第1世代ピルの人気はいまだにあります。世代による効用の違いを理解して、自分にあったピルを選ぶことが重要です。

ピルの種類

1シートに含まれるピルはそれぞれ月経周期に連動して、ホルモンの含有量が変化しています。そうしたホルモン配合比の違いによってピルは3種類に分けることができます。

低用量ピルの副作用

ピルは避妊効果や女性病リスクの軽減といった効果がある一方副作用もあります。
ピルを使用するにあたっては、効果以上に副作用のことをしっかりと認識している必要があります。

軽度の副作用

ピルの基本原理は体を妊娠時の状態に近づけて排卵が起きないようにすることです。
そのため、服用開始直後には めまい・吐き気・頭痛・不正出血・乳房のハリ といった妊娠初期のような副作用が起きることがあります。
またイライラするなどの精神的な副作用も起こることがあります。
しかし、これは体が慣れるまでの短期の症状であり、ピル服用開始から2,3か月が経つと副作用はほとんどなくなると言われています。
もし、副作用が酷いようであればかかりつけの医師にご相談ください。

重度の副作用

ピルのもっとも重大な副作用として『血栓症』のリスクを高める恐れがあるということが言われています。
血栓症とは、血管内で血液が凝固し血栓をつくる症状で、脳梗塞などの原因となります。
血栓症の既往や家族歴がある方は、ピルの使用に当たっては医師に相談するなど注意をする必要があります。
また、それ以外にも以下のような方はピルの使用をしてはいけません。

  • 35歳以上で1日に15本以上のタバコを吸う方
  • 乳がん・子宮体がんなどの疑いがある方
  • 妊娠中または出産後6週間以内の方
  • 重度の高血圧の方
  • 重度の偏頭痛持ちの方
  • その他重病により医師に使用を止められている方

このようなピルの副作用を理解した上で適切にピルをご使用ください。

ピルの入手方法・費用

ピルは病院やクリニックで処方してもらえます。費用は平均月4000円程度です。また、個人輸入によって取り寄せて買うこともできます。毎日飲むものなので、病院に通院するのが面倒であったり飲み忘れを防止するために取り寄せによって定期的に購入している人も多くいます。また個人輸入の場合費用は平均月1300円程度です。海外のピルは費用面でかなり経済的です。海外のピルは個人輸入代行サイトなどで購入することができます。個人輸入代行サイトとしてアイジェネリックストアーをご利用くださいませ。

ピルの処方と輸入の費用の比較

処方 輸入
処方費用4,000円/月 + 通院費 程度 1,300円/月 程度
⇒ 年間 50,000円 程度 ⇒ 年間 20,000円 程度

モーニングアフターピル

「コンドームが破れてしまった」そんな場合など望まぬ妊娠を避けるために、性交渉後に事後的に避妊することできるピルをモーニングアフターピルといい緊急避妊ピルとも呼ばれます。

使用方法

性交渉から72時間以内(3日以内)に使用し、1回目の服用から12時間後にもう一度服用します。
これにより、受精卵が着床することを防ぎ、99%の避妊効果があります。

モーニングアフターピルの副作用

モーニングアフターピルの副作用は吐き気や頭痛です。服用後24時間以内に症状が現れると言われています。
しかし、中絶に伴う、身体的・精神的負担や麻酔によるリスクと比べると格段に負担は少ないと言えます。
また、モーニングアフターピルを服用すると次の月経が来る時期が早まると場合があります。

モーニングアフターピルの入手方法・費用

モーニングアフターピルは病院やクリニックで処方してもらうことができます。また、通販で買うこともできます。望まぬ性交や避妊の失敗による望まぬ妊娠を防ぐことは自分の体を守ることです。
もしもの時のためにモーニングアフターピルを常備しておけばいざという時に慌てずに対処することができます。 またモーニングアフターピルは通常のピルよりも費用が高く、通常15,000円程度となります。
しかし、中絶手術の費用は平均30万円程度です。望まぬ妊娠を避けることで経済的負担は各段に軽減されます(身体的・精神的負担が格段に軽減されることは言うまでもありません)。 また、アイジェネリックストアーでは2,000円程度のモーニングアフターピルを取り揃えておりますので、もしもの時の緊急避妊薬とし手軽に常備できるとして人気となっております。

各避妊法の比較

「同じ避妊方法で1年間避妊した場合どれくらいの割合で妊娠してしまうか」という確率を失敗率といいます。下記の表は各避妊方法の失敗率を表しています。

日本産婦人科学会編「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」より抜粋

避妊法 理想的な使用(%) 一般的な使用(%)
低用量ピル 0.3 8
コンドーム 2 15
ペッサリー ※ 6 16
薬物添加IUD ※ 0.1~0.6 0.1~0.8
リズム法 ※ 1~9 25
避妊せず 85 85

この表を見てみるとピルの失敗率は他の避妊法と比べてかなり低いことがわかります。
コンドーム法は最も日本で最も普及している避妊方法ですが、意外にも失敗率が高いことがわかります。その要因としては、コンドームを適切にしようできていないケースが多いことや行為中に破損してしますケースがあることなどが挙げられます。また、コンドームによる避妊は男性主体の避妊であるため、男性の協力が必要であるという点も挙げられます。
リズム法は基礎体温を測ることで排卵日を把握し、安全日に性交するという方法です。もっとも自然な避妊法として日本でも広く用いられていますが、失敗率も高いため他の方法との併用が必要といわれています。

日本と欧米のピルの認識の違い

日本と欧米ではピルに対する認識が大きく異なります。 欧米では『ピルは女性革命第一歩』と捉えられ、女性主体で行うことのできる安全な避妊方法として広く普及しているのに対し、日本では副作用にばかり注目があつまりその不安からピルの普及は進んでいません。
このよう状態を欧米の国々は不可解だと思うと同時に、世界一の中絶大国である日本を痛烈に批判しています。 なぜ日本では欧米のようにピルが普及しないのでしょうか? その一つの要因に日本の性教育の不充分さが挙げられています。日本の性教育ではコンドームによる避妊を積極てきに教えるものの、ピルによる避妊の有効性は教えられていないのが現状です。
また、そうした子供たちの親の世代が、ピルの輸入解禁時の世代であるため、当時吹き荒れたピルの副作用に対する議論によってピルに対する不信感が強いためともいわれています。
また40代以上の中絶も中絶件数の20%程度を占めていることも問題となっています。

ピル服用によるパートナーとの関係

ピルの使用によってパートナーとの関係がよくなるケースが多いようです。 パートナーに避妊を強要することがなくなるためや、自身が精神的に楽になるためと考えられています。
また、ピルの服用によって、パートナーと避妊に関して考える機会が生まれることもあるそうです。
ピルの服用を検討することによって、避妊だけでなくこれからのライフプランニングをお互いで考えるいい機会を作ってみてはいかがでしょうか?

ピルによるエイズの問題(社会問題)

ピルが普及する欧米ではコンドームを装着せずにセックスをすることが多いため、エイズが広まることが社会問題となっています。
性病感染予防という観点からコンドームは優れていて、不特定多数の人と性交する場合などは、ピルを使用している場合でもコンドームによる避妊をすることが重要です。