新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

2017年 12月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

ジェネリック医薬品・市販薬 TOP > 特集 > うつ病・精神病の治療薬とセルフケア

うつ病・精神病の治療薬とセルフケア

※うつ病・精神病の治療薬は「商品名」を入力確認後にページが表示されます。

うつ病・精神病の治療薬とセルフケア

メンタルヘルスとは精神保健、すなわち「こころの健康」のことをいいます。

人間観関係や職場環境など様々なストレスを受ける現代人の”本当の健康”を考える上でメンタルヘルスは近年とても重要視されています。
悩み、不安、ストレスといった多くの要因が心のバランスに影響を与えるため、心の喜怒哀楽のバランスを保つのは難しいものです。
「うつ病」や「精神疾患」などの こころの病気が現代社会の大きな問題になっていることは周知のことでしょう。
こうしたこころの病気は誰にでも起こりうるものです。そのためメンタルヘルスについての理解を深めたり、心のバランスが崩れていないか?また友人はどうか?などの自己点検がメンタルヘルスケアに重要であるといわれています。

また、メンタルヘルスを健康に保つ上で、個人のメンタルヘルスへの取り組みには限界があるため、自身を取り巻く環境、さらには社会全体を通じてメンタルヘルスというものを考えていく必要があります。
こころの病気は本人の体質的な要因、心理的要因、社会・環境的要因が複合的に寄与して生じます。

体質的な要因とは本人の生まれつき、つまり、遺伝子レベルで決まる病気への親和性です。
うつ病、統合失調症など多くの心の病気では脳内の神経伝達物質の働きに問題が生じている事がわかっています。
神経伝達物質の働きを決める要素として、神経伝達物質を分解する酵素、神経伝達物質が結合する受容体の構造などは遺伝子レベルで決まるので、先天的要素は心の病気の原因の一つになります。

ただ、こころの病気になるかどうかは生まれつきの要素だけでは決まりません。
全く同じ遺伝子を持つ双子において、その一方に心の病気が生じても、もう一方に同じ心の病気が発症しないケースは多くあります。
心の病気は遺伝だけでなく、心理的要因、社会・環境的要因などが大きくかかわって発症します。
現在では日本人のおよそ40人に1人がこころの病気で通院や入院をしているといわれています。

現代社会を生きるうえでメンタルヘルスを考えること、自身のメンタルをケアすることは増々大事になってきているのです。

こころの病気の症状

こころの病気の症状

こころの病気といっても、種類も症状も様々なものがあります。
またこころの病気の主な原因が脳でのトラブルに起因するため、原因がわかっていない疾患も多くあります。 社会的な環境やストレスの状態も含めて総合的に診断することは治療方針を決める上でとても大切です。
同じうつ病という診断がついた場合でも、ストレスがきっかけの場合もあれば、体の病気と関係していることもあります。

こころの病気の症状

こころの病気の可能性を考える有力な手がかりが症状ですが、症状があるからといって病気であるとは限りません。 私たちはいつもストレスにさらされながら生活しています。
大きな出来事があれば眠れないこともありますし、大切な人が病気になれば気持ちが憂うつになります。これは自然な反応です。
健康な人では、何かの症状や変化が出ていても、ストレスが去れば元の状態に戻る力があります。
これを復元力(レジリエンス)といいます。
この復元力が十分働いているときは病気にはなりにくいのです。
症状が長く続いたり、生活するうえで支障が大きい、つらくて苦しいといった場合には病気の可能性があります。

疲労、全身倦怠感

長時間の運動や仕事を続けると、誰でも疲れが出てきます。こうした疲労は末梢疲労と中枢性疲労に大きく分類することができます。
末梢疲労とは、運動を続けたときに起りやすい筋肉などの疲れで、中枢性疲労は脳が疲れを感じている状態です。
この中枢性疲労では、長時間の考え事や精神的な緊張状態が続いたときに、脳の調整能力が十分に働かなくなって疲労を感じるようになります。
その他、食生活の乱れや不規則な生活、運動不足が疲労の原因になっていることもあるでしょう。
そんなとき、十分な休息や睡眠をとることで疲労を回復できる場合は、生理的な疲労であり、病的な疲労とは言えません。
しかし、十分な休息をとっても疲労が回復しない、全身のだるさや倦怠感が長く続くときは、その背景に何らかの病気があるかもしれません。

動悸・めまい

大勢の人の前で話すとき胸がドキドキする、緊張して息があがるといったことはよく経験することですが、これは身を守るために人間に備わった反応です。
心拍は、交感神経と副交感神経からなる自律神経によってコントロールされています。不安や緊張など、ストレス状態にあるとき交感神経の働きが高まります。
交感神経が活発になると、筋肉が緊張し、血圧や心拍があがり、呼吸は浅くなります。逆に副交感神経が活発になると、体は緩み、血圧や心拍もさがり、リラックスした状態になります。
しかし、緊張するような場面でもないのに、頻繁に動悸がする、呼吸が苦しいという場合は、何らかの病気が原因になっているのかもしれません。
心臓がドキドキする場合、考えられる身体疾患には不整脈をはじめとする心疾患や甲状腺機能亢進症などがあります。息苦しさの場合にもやはり不整脈をはじめとする心疾患、また呼吸器疾患などが考えられます。
こういった症状が長く続く、気になる場合には、まずは循環器内科や呼吸器内科などで検査をしてみることが大切です。
めまいは様々な原因で起こります。自分の体や地面が回っているように感じるめまいの場合、メニエール病をはじめとする耳の疾患からくることが多いでしょう。

頭痛

風邪をひいたり、飲みすぎたあとの二日酔いなど、頭痛は誰でもよく経験します。
そのほとんどは数日で治まる症状です。ところが何日も頭痛が続く、あるいは頻繁に頭痛がする場合は、何らかの病気の可能性があります。
頭痛や頭重感には、基礎疾患が原因となっているものと、基礎疾患のないものがあります。よくあることだと気軽に考えていると、頭痛の背景には重篤な病気が隠れている場合もあります。
頭痛や頭重感が続く場合、ストレスやこころの病気が原因となっていることもありますが、まずは身体疾患から調べることが必要です。
基礎疾患が原因となる頭痛には、たとえば脳腫瘍や脳梗塞、脳出血など、脳内の病気が考えられます。
神経内科や脳神経外科で、頭部CT、頭部MRIなどの検査を行って、脳疾患がないかを調べてみる必要があります。
ストレスの影響だろうと思って気楽に考えていて、頭痛が治まらず、しばらくたって検査したところ、脳腫瘍が見つかるケースもあります。身体症状を感じたとき、まず体の検査を行うことは、とても大切です。

不眠

私たちの睡眠は、安心な状態になったら眠る仕組み、疲れたら眠る仕組み、夜だから眠る仕組みの3つで調節されています。
そのため、安心できない状況にある時、脳が疲れていない時、身体と脳が夜の状態になっていない時に、よく眠れない状態に陥ることになります。
睡眠不足になると日中の眠気が強くなり、夜は深く眠るようになります。
長く起きていると、脳が疲労してくるのと関係しています。
これは、活動中に疲労した脳を積極的に休ませる機能です。
遅くまでの仕事が続いたなどの理由で、睡眠時間が不足している時は、布団に入るとぐっすり眠ることになります。
一方で日中不活発に過ごしていると、睡眠がだんだん浅くなってきます。
眠る仕組みの働きが悪くなるだけでなく、身体に痛みや異常な感覚があると、眠れない状態になります。
眠ろうと横になると、足の異常な感覚で動かしていないといられなくなるレストレスレッグス(むずむず脚)症候群、
眠り始めに手足が繰り返してぴくつくせいで目が覚めたり眠りが浅くなったりする周期性四肢運動障害、眠ると息が詰まってしまうため睡眠が浅くなり、夜中に目が覚める睡眠時無呼吸症候群などがあります。

食欲不振

「とても疲れたので食事が進まなかった」「悲しいことがあって食事が進まなかった」というような一時的な出来事は、多くの人が経験し、あまり問題にはなりません。
しかし、数日以上にわたり「食事が進まない」症状が続く場合は、何らかの病気によるものである可能性が高くなってきます。
また、食事が十分にとれない状態が続くことで、体に悪影響をおよぼす可能性も出てきます。
食事が進まない症状になる原因には、様々なものがあります。
食道や胃・腸のように直接食べたものが通る場所の病気だけでなく、肝臓や膵臓などの消化器の病気、
慢性腎不全・うっ血性心不全・慢性閉塞性肺疾患(COPD)など腎臓・心臓・呼吸器の病気、脳血管障害などの脳や神経の病気、
甲状腺機能低下症などのホルモンの病気、関節リウマチなどの膠原病、
糖尿病、様々な感染症(結核や肺炎など)、悪性腫瘍(がん)など、体のあらゆる部位の病気によって、食事が進まない症状になることがあります。
さらに食事が進まない症状が、時には体重が減ってしまうほど食事が進まない症状がみられる原因として、うつ病もまれなものではありません。

その他の症状

上記は自分でも気が付きやすい症状のものですが、自分自身で心の病気に気づきにくい生活・行動面の変化があります。
生活・行動面の変化は、普段接する周囲の人が気づくことが多いです。
今までにしなかった行動(自分を傷つける行為や引きこもり)や今までの日常で出来ていたことができなくなり始めたり、周りに対しても気を配ることができなくなったり等もこころの病気にみられる症状です。
身近な人の行動の変化が気になるときは、周囲の人に過去の状態と現在の状態を比べる質問をすると変化に気づくことがあります。

その他の症状

行動の変化の背景には、認知機能障害という症状があります。
認知機能障害とは、認知症でみられる記憶の障害のほかにも、注意や遂行機能の障害など様々なタイプがあります。こころの病気のうち、特に統合失調症には認知機能障害が多く存在し、日常生活や社会生活に大きな影響をおよぼすことが知られています。
統合失調症だけでなく、うつ病などの気分障害でも認知機能障害が認められることが知られています。 高齢者の場合、認知機能障害がみられると認知症になったと思われる場合もありますが、うつ病でもこうした症状があります。

また、こころが落ち着かなくなったり、気持ちが沈んた状態が続く状態もうつ状態と言われます。
うつ状態は全ての精神科の病気で起こりうるもので、診断のためには、この症状以外にどのような症状があるかを慎重に問診することが重要です。
こころの病気にはどういう症状があるかを知っておけば、自分や自分の身近な人の状態をより正確に評価して、適切な対策を講じることができます。
医療機関を受診したときに、自分の状態をより正確に伝えることもできるでしょう。
ただ、うつの症状があるからといって病気であるとは限りません。
日常的にストレスにさらされながら生活しています。大きな出来事があれば眠れないことや大切な人が病気になれば気持ちが憂うつになります。
症状が長く続いたり、生活するうえで支障が大きい、つらくて苦しいといった場合には病気の可能性があります。
こころの病気は回復しうる病気です。こころの病気にかかったとしても、多くの場合は治療により回復し、社会の中で安定した生活をおくることができるようになります。
こころの病気になった場合は、体の病気と同じように治療を受けることが何よりも大切です。
ただし、早く治そうと焦って無理をすると、回復が遅れることがあります。「焦らず、じっくりと治す」という気持ちで治療する事が回復への近道です。
日常生活に支障が出ている場合は、早めに、専門機関に相談することをお勧めします。

こころのセルフケア

こころの病気にならないよう、身体の病気と同じように予防しておくことが大切。
こころの健康を保持するためには、ストレスと上手につきあうことが大変重要です。


ストレスという言葉からは、嫌なことやつらいことを連想される方が多いかもしれませんが、嬉しいことや楽しいこともストレスの原因になります。
そもそもストレスとは、外部から刺激を受けたときに生じるこころの緊張状態のことです。
日常の中で起こる様々な変化=刺激が、ストレスの原因になるのです。
進学や就職、結婚、出産といった喜ばしい出来事も変化=刺激ですから、実はストレスの原因になります。
ストレスを受けることで、体調をくずすだけでなく、気持ちが不安定になったり、眠れなくなることは誰でも経験することです。
しかし、こうしたサインが出ていながら、これまでと同じようにストレスを受け続けていると、こころも体も悲鳴をあげて、さらに調子をくずしてしまいます。
ストレスが積み重なった事が引き金となって、こころの病気にかかってしまうこともあります。
こころの健康を保つのも、体と同じように早めの対処が大切です。
たとえば、気持ちが落ち込む、イライラする、眠れない、食欲がない、疲れやすいといったときは、早めのケアが必要です。
自分なりのストレスのはけ口を見つけることで、日々のストレスを緩和するようにしましょう。
また、自分特有のストレスサインも認識しておくと良いでしょう。
たとえば、疲れるといつも頭や歯が痛くなる、腰や関節に出てくる、耳鳴りがするなど様々あるかと思います。
ストレスサインに気づいたときには、十分に休息をとり、気分転換をするなど、早めに心のケアをするようにしましょう。

こころの健康や病気のことが気になるとき、一人で悩まないで、身近な人や周囲の人、地域の相談機関などに相談することが大切です。
ただ、身近な存在だけに相談しにくいこともあるかもしれません。そんなときは地域の公的な相談機関や医療機関を利用しましょう。

うつ病・精神病の治療薬とセルフケアに関連するサプリメント一覧

  • ストレスなどイライラ続きの生活が続いている方にお勧めのサプリメントです。併用できないお薬が多くございますので使用にはご注意ください。 商品の説明文につきましては、箱書きと添付文書の要約したものを記載しております。 ※本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者は使用できません。 ※商品画像につきましては、撮影時期、在庫状況により使用期限、製造番号、デザインが異なることがございます。 ※海外商品につきましては、入金から商品到着まで10日前後を予定しております。使用開始予定日から余裕を持って注文操作お願いいたします。

  • イライラしがちな方にお勧めのGABAサプリメント

    GABA(ギャバ)はガンマ-アミノ酪酸というアミノ酸の一種で、脳や脊髄などに多く存在します。特にGABAは、神経を落ち着かせる抑制系の神経伝達物質として働くので脳内のGABAが少なくなるとイライラやストレスの原因となることがあります。GABAのサプリメントは、イライラ生活が続いている方におすすめです。 NOWのGABAはオレンジ味のチュアブルタイプなので水無で使用できます。 商品の説明文につきましては、箱書きと添付文書の要約したものを記載しております。 ※本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者は使用できません。 ※商品画像につきましては、撮影時期、在庫状況により使用期限、製造番号、デザインが異なることがございます。 ※海外商品につきましては、入金から商品到着まで10日前後を予定しております。使用開始予定日から余裕を持って注文操作お願いいたします。

  • 心を落ちつかせたいときにおすすめのサプリメントです。

    《海外サプリメント業界最大手》海外サプリメント業界の最王手Swanson社(正式名称:Swanson Health International)からサプリメントのご紹介です。 ビールの苦味付け・香り付けで用いられる植物であるホップをサプリメントにしました。 ホップは、ビールの苦味、香り付けに用いられる植物としてよく知られており、薬用ハーブとしても有名です。 ホップの苦味成分には食欲増進させ、また消化を促進させる力があるといわれています。 また、イライラや不安、不眠を解消してくれる鎮静作用のほか、利尿作用、血圧改善などにも効果があるといわれています。 最近ではホップの持つ肥満抑制効果についても注目度が高まっています。 ホップは優れたホルモン様作用があることから、月経前症候群による過度の緊張や生理痛、不安・不眠といった更年期障害の諸症状を緩和してくれます。 また、利尿を促す効果もあるため、体液の鬱滞を取り除き、泌尿器系からの毒素の排出を早めてくれます。 これが肝臓の働きと連動して血液浄化作用を持つことにより、皮膚のトラブルを解消して、透明感のある肌づくりをサポートしてくれます。 1日3回、2粒を目安に使用いただき開封後はお早めにお召し上がりください。

  • イライラ感をケアしたい時用の舌下スプレーです。

    LIDDELLラボラトリーズのレッティングゴー・アンガー(Ang)は、怒り、敵意、イライラなどといった負の感情の発露を緩和する作用が期待できる舌下スプレーです。
    ホメオパシー療法に基づいた成分配合によって、薬物特有の習慣性が付くことなく、怒りや激しい情動、敵愾心、イライラなどの症状を一時的にケアします。
    飲みやすく吸収性が高いのが特長で、30ml入りの小瓶なので持ち運びやすく便利です。 商品の説明文につきましては、箱書きと添付文書の要約したものを記載しております。 ※本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者は使用できません。 ※商品画像につきましては、撮影時期、在庫状況により使用期限、製造番号、デザインが異なることがございます。 ※海外商品につきましては、入金から商品到着まで10日前後を予定しております。使用開始予定日から余裕を持って注文操作お願いいたします。

  • 気の沈んだ状態が続く時に摂取したいアミノ酸サプリメント

    アミノ酸の一種であるSAMe(Sアデノシルメチオニン)は、脳と肝臓に多く存在しています。SAMeは、脳内で神経の情報伝達物質を産生するサポートするサプリメントなので、勉強やストレスなどで過剰に脳への負担がかかっている方におすすめです。 商品の説明文につきましては、箱書きと添付文書の要約したものを記載しております。 ※本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者は使用できません。 ※商品画像につきましては、撮影時期、在庫状況により使用期限、製造番号、デザインが異なることがございます。 ※海外商品につきましては、入金から商品到着まで10日前後を予定しております。使用開始予定日から余裕を持って注文操作お願いいたします。

  • ストレスでお悩みの方にお勧めのお茶成分「テアニン」サプリです。

    お茶の旨味成分であるアミノ酸の一種[「テアニン」は、ストレス、イライラ、不安、女性のPMS(月経前症候群)、更年期障害などに相性が良いとされるサプリメントです。 テアニンを1日200mg使用する(煎茶20杯相当分)ことによって、脳がリラックスした際に出るアルファ(α)波が引き出されることが研究によって確認されています。 説明文につきましては商品の説明書をを要約したものになりますので日本国内の使用方法と異なる事があります。薬の使用につきまして詳しくは最寄の病院にてご相談ください。 ※本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者は使用できません。 ※現地在庫状況によりお届けする商品のメーカーやデザインが異なることがあります。

  • 脳ケアサプリメント

    ストレスや仕事で疲れた脳におすすめのロディオラ・ロゼア(イワベンケイ)を使ったサプリメントです。 商品の説明文につきましては、箱書きと添付文書の要約したものを記載しております。 ※本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者は使用できません。 ※商品画像につきましては、撮影時期、在庫状況により使用期限、製造番号、デザインが異なることがございます。 ※海外商品につきましては、入金から商品到着まで10日前後を予定しております。使用開始予定日から余裕を持って注文操作お願いいたします。

  • 精神的な疲れをサポートするサプリメントです

    ストレス続きで疲れた脳におすすめです。 商品の説明文につきましては、箱書きと添付文書の要約したものを記載しております。 ※本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者は使用できません。 ※商品画像につきましては、撮影時期、在庫状況により使用期限、製造番号、デザインが異なることがございます。 ※海外商品につきましては、入金から商品到着まで10日前後を予定しております。使用開始予定日から余裕を持って注文操作お願いいたします。