新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

2017年 11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

ジェネリック医薬品・市販薬 TOP > 特集 > 睡眠薬・不眠症の治療薬とセルフケア

睡眠薬・不眠症の治療薬とセルフケア

※睡眠薬・不眠症の治療薬は「商品名」を入力確認後にページが表示されます。

不眠症とは

不眠症とは、夜すぐに寝れない、眠りが浅くすぐに目が覚めてしまうなどの睡眠が思うように取れなくなってしまう症状です。
寝つきが悪いことで睡眠時間が減少したり、浅い眠りで疲れがとれなかったりとなかなか厄介な症状です。

日本人の5人に1人が不眠症に悩まされているといわれています。
また子供の不眠症率は低いのですが、20代を過ぎると年齢とともに不眠症の割合は増加していきます。
さらに男性より女性の方が不眠症に悩まされている人は多いと言われています。

1生の3分の1は寝ているわけですから上手に睡眠することは充実した生活には欠かせません!
不眠症を克服して、睡眠上手になりましょう!

不眠症の症状

あなたの症状は?

入眠障害

いわゆる不眠症というとこの症状を指すことが一般的となっています。いわゆる寝付けないという症状です。
現代の不眠症の方のほとんどがこの症状です。
一度眠ってしまえば大抵は朝まで眠ることができるのもこの症状の特徴です。
時間で言うと30分~1時間、布団に入って目をつぶっていても眠りに入ることができない。
このような人は入眠障害の疑いがあります。

熟眠障害

眠れるけれども眠りが浅い状態のことです。
この症状の方はきちんと夜に寝て、朝に起きて、睡眠時間も十分であるのに、なぜかとても眠たくて起きるのがつらい、また日中も頭がボーっとして常に眠気を感じてしまいます。
昼間に頭がボーっとしている状態が多くなりますので、仕事をしている方などはとてもつらい症状です。

中途覚醒

眠れるけれども、中途半端な時間に目が覚めてしまう。例えば、眠ってから2~3時間で目が覚めてしまうという症状です。夜中に何度も目が覚めてしまう状態のことです。

早期覚醒

眠れるし、途中で目が覚めることもないけれど、朝早く起きてしまってそれからはもう眠れないという症状です。

不眠症の原因

体調不良からなる不眠(精神的な不眠ではないこと)

呼吸器の疾患や消化器の疾患によって、不眠症を併発している場合もあります。
例えば十二指腸潰瘍を患っていれば、胸部の痛みにより早朝覚醒や中途覚醒を惹き起こしかねません。
アトピー等の皮膚疾患は、痒みによる不眠の原因にもなります。
これに加えて、その人がその時に置かれている状況、例えば時差ボケなどの環境による不眠も体調不良からなる不眠という事が出来るでしょう。

ストレスからくる心理的不眠

過度のストレスが原因で、不眠症となってしまう場合もあります。
ストレスは交感神経を活発にはたらかせ、副交感神経のはたらきを阻害します。
交感神経は心身を緊張状態にする役目を、副交感神経は心身をリラックスさせる役目をもっています。

この副交感神経がうまくはたらかないことによって、不眠症の原因となってしまうようです。
交感神経が活発にはたらいていると、心拍数も早くなりますし、血圧も上がります。
これではとても快適な眠りにつくことはできません。

精神疾患

精神疾患が、結果として不眠症の原因となっている場合もあります。
神経症や精神分裂病、うつ病などの精神疾患は、不眠をよくひきおこします。
特にうつ病は不眠を併発することが多く、その関係性は非常に密接なものとなっています。
その場合、専門医の診断・治療が必要になります。

アルコールや薬による不眠

アルコールは副交感神経のはたらきを活発にしますから、一時的には睡眠導入剤として効果的な場合もあります。
お酒を飲むと眠くなるというのはこのためです。
しかしこれは、脳の働きをアルコールで一時的に抑えている状態です。
人体には抵抗力があり、やがてアルコールが脳の働きを抑制する力に対しても抵抗を試みるようになります。
結果としてアルコールに対する抵抗力が増していき、睡眠につくためにはより多くの酒量が必要になっていくのです。
これが原因となりアルコール依存症になり、アルコール依存症が原因の身体疾患により、さらに不眠症を進行させてしまう人も居るようです。
眠りにつけないからといって過度の飲酒に頼るのは、非常に危険な行為といえます。

不眠症を改善するには?

先に挙げさせていただいた、原因となる要素を自分から極力遠ざけることが改善への道となります。
交感神経を活発にさせないこと。
副交感神経をうまく働かせることになります。

適度な運動で体を適度に疲れさせる

日中に適度な運動をし、体を疲れさせた結果、脳が休息を求め速やかな睡眠をもたらすことに非常に効果的です。
しかし、眠る直前に過度な運動をすることは、交感神経を活発にさせる事に繋がりますから逆効果になりがちです。
ウォーキングやストレッチなどの適度な有酸素運動が

刺激物を避ける

ここでいう刺激物は交感神経を刺激する物で、代表的なものには皆さんもご存じのカフェインが挙げられます。
カフェインは交感神経を刺激して、穏やかな睡眠を妨げますからお茶、コーヒーを睡眠前に飲むことは避けたほうが良いでしょう。
また、飲料に限らず、スポーツ観戦など人を興奮させるようなものも交感神経を刺激しうるものとなります。
不眠症を本気で改善したいのならこのようなものも含めて摂取は控えるべきなのです。

不眠症になりやすい人とは?

不眠症の大きな原因の1つがストレスからくるものであるということは先に述べたとおりですが、現代の職場において、お客様とのトラブル、上司・部下・同僚との人間関係、夫婦間のトラブルなど人の集まるところには必ず人間関係の問題があふれています。こうした状況下で不眠症に陥ってしまう人がいる一方で、同じ環境にいながら全く気にせずによく眠れる人もいます。

なぜこのような違いが出てくるのかの明確な答えがあるわけではありませんが、性格的な違いが大きく左右するという考え方が一般的です。

責任感が強く負けず嫌い、職場でのトラブルをいつまでも引きずってしまい、これは自分の責任だと深く考え込み傷ついてしまう性格の人は人間関係が原因で不眠症になりやすい傾向にあります。
逆にさばさばとした性格で多少の不愉快なことがあっても部屋に帰ったらすべて忘れて、ぐっすり寝た翌朝はまったく気にしていないというあっさりした性格の人は人間関係が原因で不眠になることは考えにくいのです。

不眠症にならないということに主眼を置いて考えるならば、過度なストレスを感じても、寝るときはきれいさっぱり忘れて寝る。不愉快なことは一切考えない。という頭の切り替えが上手になるとストレスが原因での不眠になることもなくなり、朝までぐっすりと眠ることができるでしょう。

睡眠ホルモン・メラトニン

大脳の働きをサポートしている神経伝達物質やホルモンは、長時間活動した後、分解されていきます。この分解の過程で睡眠物質と言われるものが脳内に蓄積されていきます。
これがたまってくると人間の脳は疲労感をキャッチして人は眠くなります。
睡眠をとるとこの睡眠物質と呼ばれるものはきれいに消えてなくなり、脳は疲労の信号をキャッチすることなく、再び活発に働きだすのです。

これが日々の活動ではなく、運動になってくると、乳酸という疲労物質が溜まっていき疲れを感じるようになるのです。
乳酸が溜まるというのはよく耳にしますが、脳の中でも同じようなことが起こっているのです。

メラトニンは眠りを誘うホルモンとしてよく知られています。
脳の中の松果体という場所で作られ、メラトニンがここから分泌されると脈拍・体温・血圧が低下するので人は眠いと感じるのです。

しかし、メラトニンは光が目に入ると分解されてしまうため、昼間は分泌されてこないのです。
一方で、夜に近づいてくると目に入る光の量が減って来るのでメラトニンの分泌量が増えてくるのです。
眠る前に部屋を暗くしておくとメラトニンの分泌が活発になり、自然と眠りに誘われます。
これはメラトニンの働きをうまく利用した方法です。

年を取るとメラトニンの分泌量は相対的に減っていきます。
このメラトニンの不足により、年を取ってくるほど夜中何度も目が覚めたり、早起きが得意になったりするのです。
夕方以降にメラトニンを取るとお年寄りも夜ぐっすりと眠れるようになるという報告も多数あるのです。

睡眠薬・不眠症の治療薬とセルフケアに関連するサプリメント一覧

  • グ・スリーP

    グ・スリーPの体験・口コミ評価は5点 5点 (1)  

    グ・スリーP

    指定第2類

    1回1錠タイプの睡眠改善薬です。一時的な不眠の症状(寝つきが悪い・眠りの浅い)を緩和します。ジフェンヒドラミン塩酸塩がヒスタミンの働きを抑えることにより眠気をもよおします。医薬品。6錠入。

  • 第2類

    数ある更年期症状の中でも、特につらく改善したいというニーズの高い神経症状(イライラ、不安感、憂うつ感等)。
    「柴胡加竜骨牡蠣湯252錠」は、鎮静作用を持ち気分を落ち着けるサイコやボレイ、リュウコツ、ダイオウ等11種類の生薬からなる漢方薬。神経系に働きかけ、更年期特有のイライラや気分の落ち込みなどの症状に効果を発揮します。
    「ロート柴胡加竜骨牡蠣湯錠」は、エキスの抽出方法にもこだわり、より高い効果を引き出すよう工夫しました。

  • 指定第2類

    「ウット 12錠」は、ストレスによって引き起こされる様々な神経症状(精神の興奮や神経衰弱など)の沈静を目的とした薬です。医薬品。

  • 指定第2類

    一時的な不眠による次の症状の緩和 寝つきが悪い・眠りが浅い ●こんなとき、こんな方の一時的な不眠に  ○ストレスが多く、眠れない  ○疲れているのに、神経が高ぶって寝つけない  ○心配ごとがあって、夜中に目が覚める  ○不規則な生活で、睡眠リズムが狂い、寝つけない  ドリエルは就寝前の服用により、寝つきが悪い、眠りが浅いといった一時的な不眠症状の緩和に効果をあらわします。 ●ドリエルの効きめ成分  ドリエルの効きめ成分(ジフェンヒドラミン塩酸塩)は、皮ふのかゆみをしずめたり、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状をおさえる目的で広く使われていますが、服用により眠気をもよおすという作用があります。  ドリエルはこのジフェンヒドラミン塩酸塩の持つ眠気の作用を応用してつくられた医薬品です。 ●ドリエルで眠くなるしくみ  脳の睡眠・覚醒に関係が深い視床下部の後部には、興奮性ニューロンといわれるヒスタミンニューロンが多く存在しています。その末端から放出されるヒスタミンは、大脳皮質をはじめ脳の様々な部位の神経細胞を興奮させることによって覚醒の維持・調節をしています。ドリエルは、その効きめ成分(ジフェンヒドラミン塩酸塩)が脳におけるヒスタミンの働きをおさえ、眠くなる作用をあらわします。

  • 寝つきが悪い、眠りが浅いといった

    スリーペイドは,寝付きが悪かったり眠りが浅いといった一時的な不眠状態を緩和するお薬です

  • 指定第2類

    一時的な不眠による次の症状の緩和 寝つきが悪い・眠りが浅い ●こんなとき、こんな方の一時的な不眠に  ○ストレスが多く、眠れない  ○疲れているのに、神経が高ぶって寝つけない  ○心配ごとがあって、夜中に目が覚める  ○不規則な生活で、睡眠リズムが狂い、寝つけない ●ドリエルEXの特長  ○有効成分「ジフェンヒドラミン塩酸塩」の働きで、寝つけない、眠りが浅い時などの症状にすぐれた効果をあらわします。  ○中身が液状のカプセルタイプ。1回1カプセルを就寝前に服用してください。  ○ラベンダーアロマ配合。 ●ドリエルEXの効きめ成分  ドリエルEXの効きめ成分(ジフェンヒドラミン塩酸塩)は、皮ふのかゆみをしずめたり、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状をおさえる目的で広く使われていますが、服用により眠気をもよおすという作用があります。  ドリエルEXはこのジフェンヒドラミン塩酸塩の持つ眠気の作用を応用してつくられた医薬品です。

  • 生薬タイプのイライラ処方

    イララックは、高ぶった神経を落ち着かせ、気持ちをおだやかにする医薬品です 植物由来の生薬エキスがイライラ感や神経の高ぶり(興奮感)を鎮めます 味が気にならない、服用しやすいカプセル剤です

  • ◆多忙な毎日を送る現代人の中には,ストレスなどによって眠れない日々に悩んでいる方は少なくありません。 ◆ネオデイは,抗ヒスタミン剤:ジフェンヒドラミン塩酸塩を配合した一般用医薬品の睡眠改善薬です。 ◆寝つきが悪い,眠りが浅いといった一時的な不眠症状の緩和に効果をあらわします。

  • 寝不足が続いて、イライラして、怒りっぽく、精神的にも弱っている時に

    人間が健康であるのは,活動と休息をリズミカルにとっているからです。その休息の時間として,私たちは,一日のおよそ三分の一を睡眠というかたちで最大の休息にあてています。この睡眠には,“身体の眠り”といわれるレム睡眠と,“脳の眠り”といわれるノンレム睡眠の二種類があり,脳の神経や睡眠に関係するホルモンなどによって,調整されています。精神的,身体的な疲労やストレスが重なると,この調整の働きが円滑に行われなくなり,寝つきや“睡眠の質”が悪くなって,寝不足感,頭重,肩こり,倦怠感など不快な症状があらわれてきます。  「ホスロールS」は,生薬の働きで睡眠のリズムを整えて自然な眠りに近づけるとともに,ストレスなどによる不安や緊張を和らげます。  「ホスロールS」は,次のような方の不眠症や神経症にすぐれた効きめをあらわします。 ★心と身体のストレスで疲れているのに眠れない日が続く方 ★夜中や早朝に目が覚めて,眠れなくなってしまう方 ★よく夢をみたり,ねあせをかいたりして,眠りが浅く,寝不足感が残って,日中眠くてこまる方 ★ストレスなどでいつも不安を感じていたり,緊張の強い方 ★人前に出るのが苦手だったり,ささいなことが気になって頭から離れない方

  • 生薬で精神不安や動悸を改善する

    生薬で精神不安や動悸を改善する こんなときにお試しください 人前での発表や試験、会議などで心配や不安で胸がドキドキする 緊張すると、おなかから緊張感が突き上げてくる ストレスがたまって、神経が高ぶりやすい 服用しやすい顆粒剤で、神経の高ぶりや動悸などに、すぐれた効きめを現します。 不安感、イライラ感、驚きやすいといった不快な自覚症状を改善し、正常な状態に治していく働きがあります。 お子様から服用していただけます。  複雑な現代社会の中では,心身共にストレスを受ける機会が多く,神経がたかぶってイライラしたり,動悸を感じたりすることが少なくありません。ストレスがたまってくると,このような症状ばかりでなく,自律神経の働きやホルモンのバランスが乱れ,精神的にも肉体的にもさまざまな支障をきたすようになります。  また,試験や会議の前に,あるいは人前で話をするときなどに,不安で落ち着かなかったり,心配でドキドキすることもよくあることです。  〈ノイ・ホスロール〉は,ブクリョウ(茯苓),ケイヒ(桂皮),タイソウ(大棗),カンゾウ(甘草)の4種の生薬からつくられた製剤で,このようなストレスなどによって神経がたかぶりやすい方の精神不安や動悸などにすぐれた効きめをあらわします。  〈ノイ・ホスロール〉は,植物生薬の抽出エキスを成分とした服用しやすい顆粒剤で,分包剤ですので携帯にも便利です。