新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

2017年 11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

ジェネリック医薬品・市販薬 TOP > 特集 > ハイドロキノンの特徴とは

ハイドロキノン特集

ハイドロキノン特集

ハイドロキノンって?

イチゴやブルーベリー、コーヒーなどにも含まれる天然物質で、皮ふを紫外線などによる損傷からまもる作用を持っています。アメリカでは医薬品としてその美白効果が認められ、多くの患者さんに皮ふの漂白目的で治療薬として使用されてきました。

ハイドロキノンにはどんな効果があるの?

ハイドロキノンにはどんな効果があるの?

色素沈着やシミの漂白に効果があります。ハイドロキノンには、メラニンがつくられるのを抑える働きと、メラニン色素を作るメラノサイトの活動を弱める働きがあります。すなわち、しみの原因であるメラニン色素を作らせなくする漂白剤です。
美白に効く有名な成分としてビタミンCやプラセンタなどがありますが、ハイドロキノンはそれら美白成分の10~100倍の効果があると言われています。 ビタミンCなどの美白成分はシミの予防に役立ちますが、ハイドロキノンには「できてしまったシミを薄くする」効果があります。

ハイドロキノンの歴史

ハイドロキノンには還元作用があり、「写真の現像」などの還元剤、「ゴムの酸化防止剤や染料」としても利用され、古くから世界中で利用されてきた成分です。そして、写真を現像していた人の肌が白くなったことからハイドロキノンに美白作用のあることが発見されました。 アメリカではシミや色素沈着の治療薬として早くから化粧品に配合され、多くの女性に使用されてきました。
これまで日本でのハイドロキノンは、医師の管理下でのみ使用が許されており、化粧品にハイドロキノンを使用することは長年禁止されていました。というのも、ハイドロキノンと似たハイドロキノンベンジルエーテルという成分によって白斑などの問題が起き、規制がかけられたことが原因でした。しかし、実のところ2成分は作用が異なり、ハイドロキノンは作用がおだやかな成分です。2001年の薬事法の規制緩和により、ようやく化粧品にハイドロキノンの使用が許されるようになりました。 そのためハイドロキノンコスメの歴史はアメリカに比べ、まだまだ浅いものとなっています。

ハイドロキノンと一緒に使おう!

抗酸化作用が強いビタミンCやEを含む野菜

ハイドロキノンを使っている部分は乾燥しがちになります。これはシミの色素が抜けて排出されている証拠といえますが、肌のトラブルを防ぐためにも低刺激の化粧水や保湿クリームでしっかりと保湿しましょう。 化粧水はビタミンC誘導体やヒアルロン酸が入ったもの、美容液は水分維持効果があるセラミド配合のものがおすすめです。いずれも、ハイドロキノンをぬる前に使いましょう。
また、肌にぬったハイドロキノンを酸化させないために線対策はやりすぎるくらい十分に行いましょう。ハイドロキノンは非常に酸化されやすく、光や熱にも弱いため、使用中は必ず日焼け止めでお肌を保護して下さい。メラニンが減っている分、紫外線が吸収されやすくなっています。日焼け止めのほかにも、UVカット効果のある化粧品、日傘、マスク、帽子、サングラスなどを活用しましょう。 内側からもケアしたい方は、抗酸化作用が強いビタミンCやEを含む野菜(人参、水菜、小松菜、ほうれん草、アボカド、トマトなど)や、アスタキサンチンが多く含まれる鮭をよく食べるといいかもしれません。