カテゴリー

ドネセプト
アリセプトのジェネリック医薬品です。処方箋なしでご自宅住所へお届けいたします。

ドネセプト

海外発送 送料無料 ほしいものリストへ登録

10mg 100錠 ¥4,510

数量
メーカー Cipla Ltd.
製造国 インド
出荷国 シンガポール
商品番号 1170
納期 7~14日
お支払方法 ちょコムクレジット コンビニ決済 銀行振込 郵便振替
返品 返品できません。但し、破損・誤送の場合は再発送させて頂きます
医薬品 自己責任でご使用ください

商品説明

アルツハイマーの治療に使用されるアリセプトのジェネリック医薬品になります。個人輸入商品につきましては入金から商品到着まで10日前後を予定しております。

説明文につきましては商品の説明書をを要約したものになりますので日本国内の使用方法と異なる事があります。薬の使用につきまして詳しくは最寄の病院にてご相談ください。

※本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者は使用できません。
※日本の市販薬には使われていない病院医薬品の成分です。
※市販薬と同じように処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします
※現地在庫状況によりお届けする商品のメーカーやデザインが異なることがあります。

ドネセプトの用法・用量

<アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制>
大人はドネペジル塩酸塩として1日1回力価3mgから開始し、1~2週間後に5mgに増量し使用する。高度のアルツハイマー型認知症患者には、5mgで4週間以上経過後、10mgに増量する

<レビー小体型認知症における認知症症状の進行抑制>
大人はドネペジル塩酸塩として1日1回力価3mgから開始し、1~2週間後に5mgに増量し使用する。5mgで4週間以上経過後、10mgに増量する。減量は5mgまで。

※添付文書の要約になります。
※市販薬と同じように処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします

ドネセプトの効果効能

<適応症>
アルツハイマー型認知症及びレビー小体型認知症における認知症症状の進行抑制

※添付文書の要約になります。
※市販薬と同じように処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします

ドネセプトの副作用

主な副作用は、食欲不振、発疹、嘔吐、下痢、腹痛、便秘、眠気、不眠、興奮、抑うつ、無感情等。

※添付文書の要約になります。
※自己責任でご使用の程をお願い申し上げます。

ドネセプトの有効成分

ドネペジル塩酸

ドネセプトについての補足説明

<保管方法>
室温保存(1~30度)

<作用機序>
アセチルコリン(ACh)を分解する酵素であるアセチルコリンエステラーゼ(AChE)を可逆的に阻害することにより脳内ACh量を増加させ、脳内コリン作動性神経系を賦活し作用を示す。

<注意事項>
海外医薬品は、海外の製造基準により造られているため日本の製造基準とは違うことがあります。

※添付文書の要約になります。
※市販薬と同じように処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします

医療情報サイトのQLifeでお調べいただけます。

ドネセプトは海外発送です。

  • 全商品送料無料でございます。
  • 課税対象額(商品代金の60%)が10,000円を超える場合、受取りの際に関税などがかかります。
  • ドネセプトの配送方法につきましては国際書留郵便、日通メイルプラス、EMSを利用します。
  • ドネセプトは配送の希望日時は指定できません。
  • ドネセプトの効果効能については個人差がございます。合わない場合は直ちに利用を中止し、医師に相談してください。

※ご注意下さい

注意説明

海外発送のドネセプトは通関の際に、お送り先がお勤め先・事業所の場合、個人輸入と認められず、お荷物(ドネセプト)が税関で止められることがございます。
その場合最悪ドネセプトは没収となりますので、アイジェネリックストアーでは、お送り先はご自宅のみ承っております。
ドネセプトの個人輸入について、詳しくはこちらをご覧下さい。

口コミ・体験記

トップレビュー

  • 男性
    2011/03/22
    こうき こうれいしゃ | 70~歳 | 男性
    ドネセプト
    の体験・口コミ評価は4点 満年齢が 75 歳を過ぎると「後期高齢者」として、新たな年齢ジャンルを形成するようになった昨今、この年代以降における健康なる生命維持は、各個人の自己管理に責任を負わされる場合が多くなったと思われます。いわゆる アルツハイマー病という痴呆症(認知症)の進行を遅らすのに有効だと聞き、ある種のポリフェノール含有量が多いという赤ワインを飲用するようになった年齢層が増加したり、この病に対する予防薬であるアリセプトを買い求める高齢者が多いのは、現代世代では当然の成り行きなのかもしれないのです。しかも、そのアリセプトが高価すぎると考える多くの年金生活者にとって、そのジェネリック薬であるドネセプトは「救いの神」であるに違いありません。ドネセプト以外に、というより、このドネセプト以上に対アルツハイマーに効果あるというジェネリック薬があるとするなら、それもまた是非とも試みてみたいと思っている毎日なのです。