新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

2017年 11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

食べ物での花粉症対策

食事での花粉症対策

食事での花粉症対策が可能であることを知っていましたか? 花粉症の対策によいとされる食生活のポイントです。

①バランスのよい食事をとる

②規則正しい時間に食事をする

③一度にたくさん食べるのではなく、少しずつ食べるようにする

④魚や野菜中心の食生活を心がける

⑤体が温まる食材を選ぶ

花粉症の時期に摂りたい成分一覧

具体的にどんな食べ物が花粉症対策に良いのかみていきましょう。
必ずしも効果が検証されているわけではありませんが、 一般的に花粉症を和らげるとされている食べ物を紹介します。

乳酸菌

①乳酸菌

乳酸菌は、善玉菌を増やすことで腸に悪影響を及ぼす物質を除去し、腸の粘膜を健康な状態に復活させるはたらきを持っています。 花粉症は腸内環境が悪いことも原因のひとつとされているため、乳酸菌は花粉症対策にはとっておきの成分といえるでしょう。 より効果を得るためには、花粉症が発症する1ヶ月程前から摂取すると良いといわれています。

<ヨーグルト>

一日あたりの摂取量の目安:100~200g

脂肪酸(EPA、DHA)

②脂肪酸(EPA、DHA)

アレルギー症状を引き起こす物質にロイコトリエンというものがありますが、EPAやDHAという脂肪酸を摂取することでそのロイコトリエンができにくくなります。EPAやDHAは体内で生成することができないので、食品やサプリメントから摂取する必要があります。

<青魚>

一日あたりの摂取の目安量:イワシであれば40g以上。(結構量があるので、サプリメントとうまく両立して摂取するのが効果的です) また、わさびには鼻づまりを改善する効果があるので、お刺身やお寿司は花粉症対策にはバッチリかも!?

ポリフェノール

③ポリフェノール

花粉症のくしゃみ、鼻づまりなどの症状は抗体が「マスト細胞」という細胞にくっついてヒスタミンやロイコトリエンやポいった化学物質を大量に放出するためです。ポリフェノールはそのヒスタミンの放出を抑制するはたらきを持っています。

<甜茶>

一日あたりの摂取量の目安:1杯から2杯
甜茶は甘いお茶の総称で、中国では5千年前から健康茶として親しまれています。 その中でもバラ科のテンヨウケンコウシ(甜葉懸鈎子)がオススメです。パッケージにバラ科と書かれているものを選んでください。

<レンコン>

一日あたりの摂取量の目安:20~30g
レンコンの表面に見られる黒い斑点は「カテキン」というポリフェノールの一種。 レンコンはそのまま食べるよりエキスにした方が吸収力が上がるのでレンコンの絞り汁を鼻に塗るのもオススメ。

ビタミンD

④ビタミンD

ビタミンDは太陽光によって増えるので別名サンシャインビタミンとも言われています。 ビタミンDは細胞の機能に重要な影響を持ち、免疫機能やアレルギー反応などに効果的な働きを持つ特殊なビタミンであるとされています。

<きのこ>

一日あたりの摂取量の目安:キクラゲであれば1g以上
特にキクラゲには豊富にビタミンDが含まれているのでオススメです!

 

関連カテゴリー

食事での花粉症対策

食事での花粉症対策が可能であることを知っていましたか? 花粉症の対策によいとされる食生活のポイントです。

①バランスのよい食事をとる

②規則正しい時間に食事をする

③一度にたくさん食べるのではなく、少しずつ食べるようにする

④魚や野菜中心の食生活を心がける

⑤体が温まる食材を選ぶ

花粉症の時期に摂りたい成分一覧

具体的にどんな食べ物が花粉症対策に良いのかみていきましょう。
必ずしも効果が検証されているわけではありませんが、一般的に花粉症を和らげるとされている食べ物を紹介します。

①乳酸菌
①乳酸菌

乳酸菌は、善玉菌を増やすことで腸に悪影響を及ぼす物質を除去し、腸の粘膜を健康な状態に復活させるはたらきを持っています。 花粉症は腸内環境が悪いことも原因のひとつとされているため、乳酸菌は花粉症対策にはとっておきの成分といえるでしょう。 より効果を得るためには、花粉症が発症する1ヶ月程前から摂取すると良いといわれています。

●乳酸菌を含む食べ物

<ヨーグルト>

一日あたりの摂取量の目安:100~200g

②脂肪酸(EPA、DHA)
②脂肪酸(EPA、DHA)

アレルギー症状を引き起こす物質にロイコトリエンというものがありますが、EPAやDHAという脂肪酸を摂取することでそのロイコトリエンができにくくなります。EPAやDHAは体内で生成することができないので、食品やサプリメントから摂取する必要があります。

●EPAやDHAを多く含む食品

<青魚>

一日あたりの摂取の目安量:イワシであれば40g以上。(結構量があるので、サプリメントとうまく両立して摂取するのが効果的です) また、わさびには鼻づまりを改善する効果があるので、お刺身やお寿司は花粉症対策にはバッチリかも!?

③ポリフェノール
③ポリフェノール

花粉症のくしゃみ、鼻づまりなどの症状は抗体が「マスト細胞」という細胞にくっついてヒスタミンやロイコトリエンやポいった化学物質を大量に放出するためです。ポリフェノールはそのヒスタミンの放出を抑制するはたらきを持っています。

●ポリフェノールを多く含む飲み物

<甜茶>

一日あたりの摂取量の目安:1杯から2杯
甜茶は甘いお茶の総称で、中国では5千年前から健康茶として親しまれています。 その中でもバラ科のテンヨウケンコウシ(甜葉懸鈎子)がオススメです。パッケージにバラ科と書かれているものを選んでください。

<レンコン>

一日あたりの摂取量の目安:20~30g
レンコンの表面に見られる黒い斑点は「カテキン」というポリフェノールの一種。 レンコンはそのまま食べるよりエキスにした方が吸収力が上がるのでレンコンの絞り汁を鼻に塗るのもオススメ。

④ビタミンD
④ビタミンD

ビタミンDは太陽光によって増えるので別名サンシャインビタミンとも言われています。 ビタミンDは細胞の機能に重要な影響を持ち、免疫機能やアレルギー反応などに効果的な働きを持つ特殊なビタミンであるとされています。

●ビタミンDを多く含む食品

<きのこ>

一日あたりの摂取量の目安:キクラゲであれば1g以上
特にキクラゲには豊富にビタミンDが含まれているのでオススメです!

食べ物での花粉症対策のページ。アイジェネリックストアー(iGenericStore)は食べ物での花粉症対策をはじめ、様々な成分、効能を持つ海外のジェネリック医薬品の通販・個人輸入代行させていただいております。
ジェネリック医薬品のアイジェネリックストアーは厚労省指導基準に準拠してサイトを運営しております。