新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 8月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

2017年 9月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

頭痛・肌荒れ

頭痛

頭痛

花粉症といえば鼻水やくしゃみといった症状が代表的ですが、花粉アレルギーによる頭痛も侮ってはいけません。 花粉症による頭痛は比較的軽いといわれていますが、一概にこういった痛み、というものがないのが特徴です。

花粉症による頭痛は、鼻粘膜の症状と関係していると言われています。鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの鼻の症状により鼻の粘膜が正常に働かなくなることで、脳に十分な酸素が行き渡らなくなります。

また、呼吸が苦しいためにぐっすり眠れず、睡眠不足によって頭痛が発症するというケースもあります。

頭痛への対策

①鼻づまりを解消する

上記のように、花粉症による頭痛は鼻づまりが原因である可能性が高いため、まずは鼻の症状を改善することを心がけると良いです。鼻に暖かいタオルを当てる、軽い運動をする、ツボを押す、など様々な鼻づまり解消法を試してみましょう。

②十分な睡眠をとる

できる限り睡眠をとり、体を休ませてあげることが大切です。生活リズムを整え、基礎代謝をあげることで、たとえ花粉症にかかっていても頭痛までは発症しないような体づくりができるのです。

肌荒れ

頭痛

目や鼻についた花粉を外に出そうとする反応が症状となって現れるのが花粉症ですが、この反応は肌の上でも起こっています。花粉が肌の上につくとアレルギー反応が起こり、肌にかゆみや乾燥を感じるようになります。

また、頻繁に目をこすったり鼻をかんだりする行為も肌にダメージを与えています。

直接的にも間接的にも肌荒れの原因となりうる花粉症、非常にやっかいですね。

上記のようなメカニズムにより、肌の保護機能が低下し十分な量の水分を保持することができなくなり、乾燥肌が引き起こされます。 乾燥した肌は表面の角質層がささくれだつため花粉が挟まりやすくなり、花粉が肌に付着した状態が続きます。一度花粉症と乾燥肌が悪循環を形成してしまうと、抜け出すのがなかなか困難になります。

肌荒れへの対策

①保湿を念入りに

花粉アレルギー症状によって引き起こされる乾燥肌は、様々な肌トラブルの原因となります。

肌の水分を常に保つことを意識して生活しましょう!お風呂上りには化粧水や乳液で十分な保湿をし、肌の表面を保護しましょう。刺激が少なく保湿に優れた商品を使い、肌に乗せる際は軽くたたくように行ってください。摩擦で肌にさらなるダメージを与えないように気を付けてください。

②メイクに気を遣う

油分が多いと花粉も付着しやすくなります。なるべく油分の少ないファンデーションを使うようにしましょう。

また、帰宅したらすぐに洗顔をしメイクを落とすようにしましょう。とにかく自分の体に花粉を近づけないこと、付着している時間を短くすることが重要です。

③髪の毛の花粉にも気を付けて

盲点ですが、髪の毛についた花粉がそのまま顔についてしまうことも。帰ったらすぐにシャワーを浴びるようにし、花粉を落としましょう。

 

頭痛・肌荒れのページ。アイジェネリックストアー(iGenericStore)は頭痛・肌荒れをはじめ、様々な成分、効能を持つ海外のジェネリック医薬品の通販・個人輸入代行させていただいております。
ジェネリック医薬品のアイジェネリックストアーは厚労省指導基準に準拠してサイトを運営しております。