新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

2017年 12月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

花粉症の症状

くしゃみ、鼻づまり、鼻水、目のかゆみ

くしゃみ、鼻づまり、鼻水、目のかゆみ

は花粉症の典型的な症状です。

ただ、一口に花粉症といっても症状の重さ軽さ、特徴などは個人差があるようです。花粉症患者の中にはすべての症状を発症している人も少なくありません。 鼻水は、花粉症の大定番で、花粉症特有の水のようにさらさらした鼻水が多くの人を悩ませています。ティッシュを使いすぎて、鼻の下が真っ赤なんて人も花粉症の季節によく見かけますよね。 くしゃみも、花粉症と聞いて真っ先に思い浮かぶ症状の一つですよね。

また、風邪と似たような症状ですが、違いがありますのでしっかりと見極めることができるようになりたいものです。正確な診断をしたい場合は、病院で検査をするのも一つの手ですね。

花粉症チェック

花粉症のような気もするけれど実際どうなの…?そんな疑問を抱いているみなさん。

花粉症の患者数は年々増加傾向にあるので、もしかしたらあなたもそのうちの一人かもしれません!

以下のチェックシートであなたの花粉症度をチェックしてみましょう!

チェック

:毎年同じ時期に風邪のような症状が出る
:鼻水がさらさらしている
:くしゃみが止まらないことがある
:目や鼻がかゆい時がある
:だるさを感じることがある
:肌荒れや乾燥が気になる
:家族に花粉症の人がいる
:食べ物のアレルギーがある
:生活が不規則
:肉や脂っこいものが好き
:部屋の片づけをあまりしない

あなたは花粉症?

チェックが6個以上のあなた

すでに花粉症であると考えてよいでしょう。

ポイントが高ければ高いほど重症の花粉症を患っている可能性があります。早めに薬を飲み始めることはもちろん、体質改善のために規則的な生活や、バランスの良い食生活を心がけることも大切。一度病院へ行って医者の診察を受けることも一つの手です。

チェックが3個以上5個以下のあなた

花粉症予備軍。

今花粉症を発症していないからといって、これからも発症しないかといったらそうではありません。体内に一定量以上の花粉を取り込むことでアレルギー反応が出るとされていますので、少しでも花粉に触れないことが大切です。花粉が多く飛んでいる場所には近づかない、マスクやメガネの着用を徹底する、免疫を高めるために規則正しい生活をするなど、できることはたくさんあります。これからの行動が花粉症運命を左右するかも!?

チェックが2個以下のあなた

今のところ花粉症の心配はないでしょう。

ただ油断は禁物。花粉症はいつでも発症する可能性があります。花粉症とは無縁の人生を送るために、花粉の多い場所から身を遠ざけ花粉を体内に取り込まない、規則正しい生活を送って免疫を高めるなど、日頃から意識して生活できると良いですね。

※上記の結果はあくまで目安です。正確な結果を知りたい場合は、病院に行きアレルギー検査を受けることをお勧めします。

花粉症チェックの解説

毎年同じ時期に風邪のような症状が出る

花粉が飛ぶ時期はある程度決まっているため、毎年同じ時期に症状が現れるのが花粉症。また、花粉が飛んでいる間はずっと症状が続くのも花粉症の特徴です。

鼻水がさらさらしている

→鼻水にも透明でさらさらしたものと、粘り気のある黄色がかったものがありますが、前者の鼻水が出ていたら花粉症を疑ってみて。花粉症の鼻水の成分は涙とほとんど同じです。

くしゃみが止まらないことがある

くしゃみが連続して起こるのは花粉症症状のひとつ。くしゃみは体内に入り込んだ花粉を外に出そうとする人間の反応です。

目や鼻がかゆい時がある

まつげに花粉が付着することによって、目のかゆみが引き起こされます。かゆみだけでなく、涙がとまらなくなる場合もあります。鼻のかゆみは鼻粘膜がはれたりひいたりするときの刺激が原因である場合が多いです。また、目や鼻に加え、耳や顔全体がかゆくなることもあります。

だるさを感じることがある

花粉症が重いと、ボーっとする、頭が痛いなどの症状も伴います。花粉自体にはこれらの症状を引き起こす要素はないのですが、体が花粉を異物と判断することで、防衛反応としてこのような症状が現れます。

肌荒れや乾燥が気になる

アレルギー症状で体が弱ることで肌のターンオーバーが乱れてしまう、かゆみで目や鼻をこすってしまい皮膚が荒れてしまう、といったことが原因となります。乾燥肌になってしまうと肌の力が弱まるため、さらにアレルギー反応が強く出てしまうのです。

家族に花粉症の人がいる

アレルギーは遺伝の影響を少なからず受けます。家族に花粉症の方がいる場合は花粉症になる確率が高いといわれています。ただ、花粉症は遺伝だけでなく、生活習慣や生活環境も大きくかかわっていることを忘れずに。

食べ物のアレルギーがある

花粉に似た成分が特定の食べ物にも含まれており、花粉症と食物アレルギーを併せ持っているひとは少なくありません。野菜やフルーツでアレルギー症状が出る人は特に注意!

生活が不規則

アレルギー症状は生活リズムとも密接な関係があるといわれています。近頃不規則な生活をする人が増えたことが、花粉症患者を増加させた原因のひとつだともいわれています。

肉や脂っこいものが好き

食生活の欧米化により、体内の免疫を刺激しやすいといわれるたんぱく質や脂質を過剰に摂取するようになったことも花粉症増加の原因です。脂肪多めの肉やお菓子、加工品ばかりを食べていませんか?もう一度食生活を見直してみると良いかもしれません。

部屋の片づけをあまりしない

何も意識せず生活していると、一日につき2000万個もの花粉を部屋に取り込んでしまうのだとか。こまめに部屋の掃除をし、部屋から花粉を取り除きましょう。部屋の換気をする場合は、花粉が一番多く飛ぶ昼頃は避けるようにしてください。

 

関連カテゴリー

花粉症の症状のページ。アイジェネリックストアー(iGenericStore)は花粉症の症状をはじめ、様々な成分、効能を持つ海外のジェネリック医薬品の通販・個人輸入代行させていただいております。
ジェネリック医薬品のアイジェネリックストアーは厚労省指導基準に準拠してサイトを運営しております。