新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

2017年 12月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

漢方薬と花粉症

漢方とは

漢方の世界には「標治療」「本治療」という二つの治療法があります。 鼻水、鼻づまりなどの花粉症の症状を軽くするための治療が「標治療」、そもそもの体質を改善して花粉症にも打ち勝つような体を作る治療が「本治療」です。  

標治療

「標治療」においては、花粉症の原因は”体内の水分バランスの崩れ”だと認識されています。この水分バランスの崩れは「水毒」と呼ばれており、体内のある一定の部分に水がたまってしまうがために、他の必要な部分に水が行きわたっていない状況を表します。例えば鼻水は不要な箇所にたくさん水がたまっているとみなされます。そのため、漢方の標治療では、花粉症を改善するために「利水剤」というものを用いて体内の水分バランスを整えます。

本治療

「本治療」はいわゆる漢方薬を用いる治療法です。”気・血・水(き・けつ・すい)”という考え方のもと治療が進められます。”気”=陽気であり、体を動かす生命エネルギーです。”血””水”=体を潤し栄養を与える体液であり、”水”は血以外の水分を指しています。 水毒が起こっている際は”水”だけに問題があるのではなく、”気”が関係していたり”血”の異常が原因となっているとも考えられます。

”気・血・水”がバランスよく働くようにするのが「本治療」です。

「標治療」は症状を発症している最中に行い、「本治療」は症状が発症していない間も定期的に行います。途中でやめることなく継続して飲み続けることが最大のポイントです。

花粉症に漢方薬がいい理由

体質改善できる

通常の医学でも漢方でも、アレルギー体質を完璧に治すというのは極めて難しいとされています。ただ、根気よく漢方薬での治療を続けることによって、アレルギー体質の改善を図ることができます。また、漢方薬はアレルギー症状を緩和するだけでなく、手足の冷えなどの体全体の体質改善の効果も期待できます。西洋医学の薬のように飲み続けているうちに次第に効果が薄まる、ということもないので、量を増やす必要性もありません。

副作用が少ない

通常の花粉症の薬の多くには眠気という副作用がつきものですが、漢方薬をのんで眠気を感じることはほぼありません。また、口の中が乾く、ボーっとする等の副作用もほとんど現れません。タイミングを気にすることなくいつでも気軽に飲むことができる漢方薬、一度試してみる価値ありです!

入手しやすい

アレルギー用の薬などは医者の処方箋がないと手に入れられないものもありますが、漢方薬は薬局やコンビニ、インターネット通販などで比較的簡単に入手可能です。忙しくてなかなか病院に行く時間がない、そんな人には特におすすめ。ただし、初めて使用する際にはやはり医者に相談し処方を受けるのがベターです。自分に合う漢方薬を見つけたら、そのあとからは便利な通販サイトを利用してみましょう。

おすすめ漢方

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

花粉症に効果があるといわれる漢方の中でも代表的な存在。小青竜湯に含まれる「麻黄(まおう)」という成分が重要な働きをし、体内の余分な水分を排出したり咳を鎮めたりする作用を持っています。毎年花粉症に苦しめられている慢性的アレルギーの人は、この小青竜湯を長期間服用することで体質改善の効果が期待できるといわれています。

ちなみに青竜湯には大青竜湯と小青竜湯があります。その作用が比較的緩和であるため、小青竜湯という名がつけられています。

こんな人に有効:

くしゃみや水っぽい鼻水が多く出る

寒気がする

ある程度の体力がある

こんな人には向かないかも:

暑がりでよく汗をかく

胃腸が弱い

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

上記の小青竜湯とは全く異なる漢方薬です。小青竜湯はさらさらとした鼻水に悩む人や冷え性の人に有効な漢方薬ですが、辛夷清肺湯は鼻づまりや患部に熱感を伴う人に有効です。辛夷清肺湯の主要成分である「辛夷(しんい)」には鼻の通りをよくする効果があるとされています。

こんな人に有効:

粘り気のある鼻水が出る

ある程度の体力がある

こんな人には向かないかも:

冷え体質

胃腸が弱い

麦門冬湯(ばくもんどうとう)

自立神経の緊張を解く働きを持つ漢方薬です。主成分である「麦門冬(ばくもんどう)」には、喉を潤し、たんを出しやすくする作用があるといわれています。また、麦門冬湯は副作用が少なく、妊娠中や授乳中にも服用可、さらには子供や高齢者も服用できるという利点があります。

こんな人に有効:

喉の乾燥・痛みがある

顔が赤くなるほど咳込んでしまう

ある程度の体力がある

こんな人には向かないかも:

乾いた咳ではなく、湿った咳が出る

 

漢方薬と花粉症のページ。アイジェネリックストアー(iGenericStore)は漢方薬と花粉症をはじめ、様々な成分、効能を持つ海外のジェネリック医薬品の通販・個人輸入代行させていただいております。
ジェネリック医薬品のアイジェネリックストアーは厚労省指導基準に準拠してサイトを運営しております。