新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

2017年 11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

ステロイド薬

花粉症・アレルギー症状に使うステロイド薬

花粉症のシーズンにはステロイド薬が使用されることがあります。ステロイドには炎症を抑える効果と免疫を抑制する効果があります。花粉症は花粉による過剰な免疫反応が原因でおこるのでこの過剰な免疫反応をステロイドにより抑えることで花粉症の症状を緩和させることができます。

 

花粉症とステロイド薬

花粉症は花粉が体に侵入して起こる過剰免疫反応です。ステロイドを使用するステロイドの免疫抑制反応により花粉症による症状が緩和します。ステロイドにはさらに抗炎症さようもあるので鼻の粘膜の炎症なども改善する効果が期待されます。そもそもステロイドとは、腎臓の副腎皮質というところで分泌されるもともと体で使われている成分です。もともと体で使われている成分なのでステロイドを長期使用した後急に使用を中止することでリバウンド現象が起こることがあります。これは、ステロイドを外部から補充していたことで副腎皮質でステロイドを作る量が減ることによっておこる現象です。通常花粉症で使用するステロイドの量ではリバウンド現象が少ないといわれていますが長期使用によりリスクが高まることはありますので注意が必要です。市販されている薬でステロイドが使われているものには点鼻薬、塗り薬などがあります。通常花粉症では抗ヒスタミン作用の薬で治療することが多いのですが、抗炎症作用と免疫抑制作用のあるステロイドで治療することもあります。市販薬では外用薬にステロイドが使用されていますが病院などでは飲み薬でステロイドを使用することもあります。

ステロイド薬のページ。アイジェネリックストアー(iGenericStore)はステロイド薬をはじめ、様々な成分、効能を持つ海外のジェネリック医薬品の通販・個人輸入代行させていただいております。
ジェネリック医薬品のアイジェネリックストアーは厚労省指導基準に準拠してサイトを運営しております。