新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

2017年 12月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

第1世代の薬

花粉症・アレルギー症状に使う第1世代の薬

花粉により起こるアレルギー症状につかう抗ヒスタミン薬のうちのカルビノキサミン、クロルフェニラミン、ジフェンヒドラミンなどを第1世代の抗ヒスタミン薬といいます。第2世代に比べ第1世代の抗ヒスタミン薬は、古くから使われている成分のため眠気や口の渇き、便秘、眼圧上昇などの抗コリン作用などの副作用が強く出ることがあります。

 

花粉症・アレルギー症状に使う第1世代の薬

抗コリン作用については、前立腺肥大症や緑内障の患者に使用すると症状が悪化することもあるので使用時には注意が必要です。第1世代の抗ヒスタミン薬のうちジフェンヒドラミンについては、眠気の副作用が強く出るため、睡眠導入剤として使われることもあります。抗ヒスタミン作用のあるお薬は、体に入ってきたアレルギー物質を体から外に出すために起こる反応を抑えるお薬で、アレルギー症状を治す薬ではありません。アレルギーの原因物質が日常生活内に存在している限りアレルギー症状は続くと考えられます。抗ヒスタミン薬は、あくまでもアレルギー症状を抑える作用のある薬でアレルギー原因を治し将来的に薬を飲まなくてよくなる薬ではない対処療法の薬になります。第1世代抗ヒスタミン薬のメリットについては、第2世代の抗ヒスタミン薬に比べ一般的に値段が安いのが特徴です。値段が安い反面、副作用が強く出るのも特徴です。第一世代の抗ヒスタミン薬は脂溶性という油に溶けやすい成分なので比較的早く体に吸収されるのですが、脳などの中枢にも薬の成分が作用しやすいため眠気が出やすく日中の作業に支障がでやすくなります。第一世代の抗ヒスタミン薬を使用する際注意してほしい人に前立腺肥大の人がいます。前立腺肥大症になると尿の出がわるくなります。尿の出が悪い状態で抗コリン作用の副作用がある抗ヒスタミン薬を使用するとさらに尿の出がわるくなることがあります。その他に使用を中止てほしい患者には緑内障など眼圧の高い方です。こちらも抗コリン作用により眼圧が上昇するためもともと緑内障で眼圧が高かったのがさらに上昇し症状が悪化することがあります。第2世代よりも抗コリン作用による副作用が強く出る恐れのある第1世代の抗ヒスタミン薬は、鼻炎薬のほか、風邪薬、咳止め、睡眠導入剤などにしようされることがありますので、市販薬を使用する際には注意が必要です。また市販の胃薬には抗コリン作用のある成分を使用されることがあります。胃薬に使用される抗コリン作用と抗ヒスタミン薬使用時に発生する副作用の抗コリン作用で有害作用がでやすくなりますので薬を併用する際にもご注意ください。

花粉症の症状とは

花粉症の3台症状には、くしゃみ、鼻水、鼻づまりがあります。これは、アレルギー症状を引き起こす原因物質の花粉が、鼻の粘膜につくことから発生します。花粉が鼻の粘膜につくと、体の外に出さなければいけない物質として肥満細胞からヒスタミンが放出されます。ヒスタミンが鼻の細胞に作用すると鼻の血管を拡張したり鼻水を出す働きが起こります。鼻水が出ることにより花粉は体の外に排出されますが、このアレルギー症状がひどいと日常生活に支障がではじめます。このときに抗ヒスタミン作用のある薬を飲むと鼻水がとまり、鼻の通りがよくなり花粉によるアレルギー症状が緩和されます。このことから抗ヒスタミン薬は、体の防御反応を止める反応で花粉症の根本を治す薬ではないことが分かります。花粉の対処療法で一時的にアレルギー症状は楽になりますが、薬を飲むことで病気が改善されるわけではありません。薬の効果が切れるとすぐにアレルギー症状が再発します。薬を使用し続けることで体のに負担がかかることも事実なので長期服用には注意が必要です。

第1世代の薬のページ。アイジェネリックストアー(iGenericStore)は第1世代の薬をはじめ、様々な成分、効能を持つ海外のジェネリック医薬品の通販・個人輸入代行させていただいております。
ジェネリック医薬品のアイジェネリックストアーは厚労省指導基準に準拠してサイトを運営しております。