新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

2017年 12月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

第2世代の薬

花粉症・アレルギー症状に使う第2世代の薬

花粉により起こるアレルギー症状につかう抗ヒスタミン薬のうちのフェキソフェナジン、ケトチフェン、エピナスチン、メキタジンなどを第2世代の抗ヒスタミン薬といいます。第2世代の抗ヒスタミン薬は、第1世代の抗ヒスタミン薬に比べ中枢移行性が低く作られているため一般的に眠気が少ないのが特徴です。さらに抗ヒスタミン薬の代表的副作用の一つにある抗コリン作用も少なくなるように改良されているため、口の渇き、便秘などによる体の負担も少なくなっています。ただし、人によっては、第1世代の抗ヒスタミン薬同様に副作用がでることもあるので服用時には注意が必要です。

 

花粉症・アレルギー症状に使う第2世代の薬

第2世代の抗ヒスタミン薬は、脳などの中枢移行性がすくなく第一世代の抗ヒスタミン薬に比べ眠気などの副作用が少なくなるように作られています。薬の作用時間については第2世代の抗ヒスタミン薬の方が長く効くのがあり1日1回の服用回数でも効きが持続するものもあります。薬の値段については、第一世代の抗ヒスタミン薬よりも新しい成分の第二世代抗ヒスタミン薬の方が高い傾向があります。一般的に抗ヒスタミン薬はヒスタミンの作用するヒスタミンH1受容体拮抗作用をする成分のことをいいます。ヒスタミンH1受容体への働きをブロックすると鼻水鼻づまりなどの症状を改善するので市販されている薬では花粉症の薬のほかに、風邪薬、咳止めなどにも使用される成分です。また第一世代のジフェンヒドラミンについては中枢での抗ヒスタミン作用が強く出ることによる副作用の眠気をりようした睡眠導入剤も市販されています。ヒスタミン受容体にはタイプが何種類かあり市販されているお薬の中ではH1受容体のほかにH2受容体に作用するものがあります。H2受容体への働きを抑える薬として胃薬のファモチジンがあります。胃の壁細胞にあるH2受容体への働きを抑えることで胃酸の分泌を抑えることができます。作用するヒスタミン受容体が違うため適応症が異なりますのでご注意ください。

花粉症とは

花粉症になると体の中に花粉が入ってきた時に体の外へ花粉を出す働きが過剰にでているため生活に支障をきたすことがあるため、抗ヒスタミン作用や抗アレルギー作用のある薬を使用して症状を抑える治療がメインになります。現在、花粉症の治療に使われる成分は第2世代の抗ヒスタミン薬を使用するのが主流になっていて、以前より眠気も少なる、服用回数も1日3階から1回や2回で済むものもでているので使いやすいものが多くあります。第2世代の抗ヒスタミン薬には抗アレルギー作用をもつものがあり、抗ヒスタミン作用と抗アレルギー作用により第1世代の抗ヒスタミン薬より、さらに効果的に花粉症の症状を緩和することに期待ができます。抗ヒスタミン作用も抗アレルギー作用もヒスタミンの作用を弱めることによりアレルギー症状を緩和しますが若干作用が異なります。抗ヒスタミン作用とは、ヒスタミン受容体にヒスタミンが作用するのを抑える効果がありますが、抗アレルギー作用とは、ヒスタミンそのものが出なくなる作用があります。このことから第2世代の抗ヒスタミン薬については花粉症の症状がではじめる花粉症シーズンの少し前から使用することでヒスタミンが作用するのを効率的に抑えることができるため予防目的で使用することもあります。ただし、長期服用することで体に負担がかかることがありますので使用には注意が必要です。また第1世代の抗ヒスタミン薬より眠気や抗コリ作用などの副作用が出にくく作られていますが副作用が出ないわけではないので使用の際はご注意ください

第2世代の薬のページ。アイジェネリックストアー(iGenericStore)は第2世代の薬をはじめ、様々な成分、効能を持つ海外のジェネリック医薬品の通販・個人輸入代行させていただいております。
ジェネリック医薬品のアイジェネリックストアーは厚労省指導基準に準拠してサイトを運営しております。