新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

2017年 11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

花粉症の薬

花粉症に使う薬

花粉症の薬には様々なものがあります!

花粉症の薬はその種類と剤型で分けることができます。種類としては「第一世代抗ヒスタミン薬」「第二世代抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)」があります。剤型としては「内服薬」「点眼薬」「点鼻薬」があります。

アレルギー薬の種類

「第二世代抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)」

抗アレルギー薬はヒスタミンの発生と放出を抑える効果を持っています。

花粉症の症状を軽くしたり、症状が出始めるのを遅らせたりすることが可能です副作用が少なく、花粉症シーズンに飲み続けてもまず問題ありません。また、症状の軽い方であれば、この抗ヒスタミン薬を飲むだけでも十分な効果があります。

「第一世代抗ヒスタミン薬」

ヒスタミンの働きに直接作用します。症状がひどい時や花粉が多く飛んでいる日にはもってこいの薬です。作用持続時間が長く、花粉症対策への高い効果が期待できるのが特徴です。しかし、抗ヒスタミン薬の中には眠気を誘うものもありますので、ご使用には十分ご注意ください。

そもそもヒスタミンとは?

免疫からの指令を伝達する物質です。 このヒスタミンは人間なら誰しも持っているのですが、何かしらの刺激や周囲の環境によって一定量を超え過剰に放出されることで、症状を引き起こします。 ヒスタミンは花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピー性鼻炎等の原因であるといわれていますが、ひどい場合は血管の拡張などの症状が出てくることもあります。

抗ヒスタミン薬とは?

ヒスタミンをヒスタミン受容体にくっつくのを妨げる薬です。 抗ヒスタミン薬はアレルギー症状には非常に良く効く薬ですが、 問題もあります。 ヒスタミンは脳の伝達物質としても使われているので、その役目を担うヒスタミンの働きも阻害することになりかねないのです。それが副作用である眠気にもつながります。 ヒスタミンによる症状を抑えつつ、副作用もほとんどないものが第二世代抗ヒスタミン薬と呼ばれています。

アレルギー薬の剤型

「内服薬」

飲み薬です。粉剤、錠剤、カプセル剤、シロップなどが存在します。

「点眼薬」

目に直接さす薬です。直接働きかけるので体への副作用がほとんどありません。

「点鼻薬」

鼻にスプレーするタイプの薬です。全身への副作用がほとんどありません。

花粉症と眠気

気温の変動が激しい冬から春などの季節の変わり目は、自律神経の乱れが引き起こされがちです。その自律神経のバランスの乱れは、だるさ、疲れやすい、眠いといった症状の原因となります。

また、気候がだんだん暖かくなるにつれて体の器官の動きが活発になり、脂質や糖質をエネルギーに変えるときに必要になる「ビタミンB群」という栄養度がより消費されるようになります。この、ビタミンB群が欠如すると、だるい、疲れやすい、眠いといった症状を発症してしまうのです。

ビタミンBを多く摂取するようにする

ビタミンBとは:

エネルギーが作り出される際や、三大栄養素(炭水化物、脂質、たんぱく質)の代謝が行われるときにサポートする働きがあります。運動をよくする方など、エネルギーをたくさん消費する人にとっては特に欠かせない栄養素の一つです。

ビタミンBが豊富な食材:納豆、豚肉、レバー、卵、魚 

気候や天気の変化に上手く対応できるようにする

・体温調節機能を鍛える

自分で自然に体温調節できるようなるためには、冷房や暖房に頼りすぎないことがポイント。

・服装の工夫

重ね着をする、上着を持ち歩く等、いつでも服装を調整できるようにしておきましょう。

花粉症症状による眠気

眠気
花粉症の三大症状は鼻水、くしゃみ、鼻づまりともいわれるように、鼻の症状がその辛さの大きな原因となっています。この鼻の症状、実は睡眠を妨げる原因にもなっていたんです。花粉症とは花粉が鼻の中の粘膜に付着することで引き起こされるアレルギー症状ですが、その鼻の粘膜は花粉を洗い流すために常に鼻水を出そうとします。その結果鼻づまりが起こり、口呼吸をせざるを得ない状態になり、息苦しさ・いびき・一時的な呼吸停止などによって熟睡するのが難しくなってしまうのです。

そして、目のかゆみも眠気につながります。目のかゆみは目を疲労させ、これが眠気を引き起こします。

花粉症は風邪のように一週間程度で治るものではなく、何か月にもわたって続くものですので、なかなか厄介です。花粉症の症状を少しでも抑えることが眠気解消につながります。

鼻づまり、目のかゆみ等の症状を改善する

とにかく早い時期(花粉が飛び始める2週間ほど前)から薬を飲み始めることが大切ですが、薬の副作用によって眠気が起こってしまっては本末転倒です。 薬に頼らず、自身の体質改善を心がけることが最も大切です!自らの免疫力を高めるために、喫煙飲酒を控える、基礎体温を高める、睡眠時間を十分にとるなど健康的な生活を送りましょう。

花粉症の薬による眠気

花粉症の薬の多くは副作用を引き起こすもので、特に眠気を引き起こします

抗ヒスタミン薬という種類の薬は、アレルギーの原因となるヒスタミンの働きをブロックしアレルギー症状を抑えてくれます。しかし、それと同時に鎮静作用もあるがために、集中力の低下や眠気といった症状も招いてしまうのです。

副作用が少ないとされている薬を飲む

花粉症の薬の効果と副作用の大きさは比例しないといわれています。ですので、なるべく眠くならない薬を選ぶのが賢い選択です。

抗ヒスタミン剤は、開発が1940年代にまでにさかのぼるという非常に古いものです。現在においては副作用が弱く眠くなりにくい新たな薬が開発されたりもしています。

薬の種類としては第二世代抗ヒスタミン薬がおすすめです。第一世代と比べ効き目が弱いですがその分副作用も弱いので、あまりにも薬の副作用による眠気に悩まされている、という方は種類を変えてみるのも一つの手 かもしれません。

自分の症状や薬の副作用をよく理解し、自分にあった薬を服用することが大切です。

 

関連カテゴリー

花粉症の薬のページ。アイジェネリックストアー(iGenericStore)は花粉症の薬をはじめ、様々な成分、効能を持つ海外のジェネリック医薬品の通販・個人輸入代行させていただいております。
ジェネリック医薬品のアイジェネリックストアーは厚労省指導基準に準拠してサイトを運営しております。