新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 12月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

2018年 1月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

秋の花粉症の症状

秋花粉の症状

秋花粉の開花は8~10月頃で早い人は夏頃から症状が出始めます。

鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみ、頭痛、めまい、微熱など基本的には春の花粉症と変わりありません。ただ、これに加えて、喉の痛みや咳などの症状が出るのが秋花粉症の特徴。これは、秋の花粉症の最大の原因であるブタクサのサイズが関連しています。ブタクサはスギやヒノキと比べてそのサイズが小さいがために気管支まで容易に届いてしまうのです。最悪の場合、喘息を引き起こしてしまうこともあるので早めの治療が欠かせません。特に一週間以上喉の不調や咳が続く場合は、秋の花粉症を疑った方が良いでしょう。

春の花粉症にかかる人は、秋の花粉症にもかかりやすいといわれています。しかし、春と秋では異なる症状が出る、ということも多いのだとか。春は目のかゆみに悩まされるけど秋はくしゃみや鼻水が止まらない!なんていう人も結構いるようです。一度病院に行ってどのアレルギーであるのか検査した上で、症状にあった薬を飲むことが大切です。

秋花粉のシーズン

ブタクサ花粉は主に夏から秋にかけて飛散し、秋花粉症の最大の原因となるものです。8~10月(東北付近では8~9月、九州付近では9~10月と多少地域によって異なります)にその飛散量は最大になります。また、年によって変動があり、長いときには11月や12月まで飛んでいるなんてこともあります。薬を早いうちから飲んでおくことは花粉症の症状を和らげるキーポイントとなりますので、7月頃から花粉症・アレルギー用の薬を摂取しておくと良いでしょう

秋花粉の種類

花粉症の原因になる花粉は50種類以上あるといわれています。秋の花粉は、ブタクサ以外にも多く存在し、その中の多くは野原や道端で見られる背の低い草花です。

ブタクサ

ブタクサ3
キク科/飛散時期:8月~10月

一年草(一年以内に発芽・生長・開花・結実を完了し、枯死する草本植物)で、高さは1m程になります。道端や河川敷など全国に分布しており、秋花粉の代表的な存在です。

ヨモギ

ヨモギ
キク科/飛散時期:8月~10月

多年草(二年以上にわたって生存する植物)で、高さ60~120cmになります。全国の至る所で見られる植物です。繁殖力が強いため、市街地から山野までどこにでも存在しています。

カナムグラ

カナムグラ
アサ科/飛散時期:8月~10月

茎が長くつる状で、トゲを周りのものに絡みつけて繁殖します 。一度発生すると一面を覆うという特徴があります。

秋のアレルギーと風邪

秋の花粉症の時期は季節の変わり目と重なっているため、風邪と間違えられることが多いようです。秋の花粉代表はブタクサ。ブタクサ花粉症なのか、風邪なのかしっかり把握して正しい治療をしないと、症状の悪化につながりかねません。花粉症と風邪の原因や症状の違いを理解しておきましょう!

症状の違い

①鼻水

風邪の鼻水は黄色く粘り気がある一方、花粉症の鼻水は透明でさらさらとしています。

②目

風邪によって目がかゆくなることはほとんどありませんが、花粉症の場合は目のかゆみの症状が出ます。

③発熱

風邪の場合は高熱になることもしばしばですが、花粉症は微熱どまりであることが多いです。

④期間

風邪は一週間程度、花粉症は何ヶ月も症状が継続します。

花粉症と風邪の症状は非常によく似ていますが、上記を参考に、ぜひ見分けられるようになりたいものです。一番分かりやすい見分け方は④の症状の継続期間です。自分で判断できない場合は病院へ行き、医者による診断や検査を受けることが一番です。

秋のアレルギー対策

花粉は春だけでなく、秋にもたくさん飛んでいます。ブタクサを始めとする秋花粉への対策も十分にしなければなりません。 秋の花粉をブロックするには、花粉を体に付着させない、体内に取り込まないことが原則となります。

ブタクサは高さ1mほどまでしか成長しないため、飛散距離もそこまで長くはありません。そのため、ブタクサに近寄らないようにする、家の近くのブタクサを除去しておく、といったことが一番の対策となります。また、マスク・メガネ、ポリエステル素材の衣服の着用も花粉を遮断するためには非常に効果的です。帰宅し家に入る際は衣服をよく払い、花粉をしっかり落としましょう。うがい・手洗い(できれば洗顔や目や鼻の洗浄も)も忘れずに。室内にいる際は窓をなるべく開けないようにすることも大切です。

さらに、自分自身の免疫力を高めておくことも必要です。バランスの取れた食事をする、十分な睡眠をとる、ストレスをためこまないようにするなど、規則正しい生活を送り、免疫力を日頃から高めることを意識しましょう。

 

秋の花粉症の症状のページ。アイジェネリックストアー(iGenericStore)は秋の花粉症の症状をはじめ、様々な成分、効能を持つ海外のジェネリック医薬品の通販・個人輸入代行させていただいております。
ジェネリック医薬品のアイジェネリックストアーは厚労省指導基準に準拠してサイトを運営しております。