新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

2017年 11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

ブタクサ花粉症対策

ブタクサ花粉症をご存知ですか?

ブタクサ花粉症
秋花粉症の主な原因はブタクサという植物です。
秋になると、鼻水やくしゃみ、喉の痛み、咳、肌荒れなどの症状が出る…そんな方はブタクサ花粉症かもしれません。現在、日本人の6人に1人がブタクサのアレルギーに悩まされていると言われています。

ブタクサはスギやヒノキに並ぶ花粉症の原因となる植物です。キク科の北アメリカ原産の雑草で、アメリカにおいてはこのブタクサ花粉症が一般的な花粉症と言われています。

ブタクサ花粉は主に秋シーズン、7月ごろから飛び始め9月ごろにはピークを迎えます。夏頃の早めの時期から対策を行っておくことで、ブタクサアレルギーの症状を和らげることが可能です。
他の花粉に比べて飛散距離が短いので、少し対策するだけで大きな効果が期待できます。ブタクサ花粉についての正しい知識・情報を入手して、正しい対策、正しい薬の摂取で秋のブタクサ花粉症を乗り切りましょう!

 

関連カテゴリー

ブタクサ花粉の時期

【ブタクサ花粉はいつからいつまで飛んでいる?】

ブタクサ花粉の時期
ブタクサ花粉は基本的には7月ごろから徐々に飛散を始め、8月~10月ごろにピークを迎えます。寒い地域では飛散のピーク時が8月から9月頃、温暖な地域では飛散のピーク時が9月から10月頃と地域によって時期がわずかに異なります。

また、風が強い日や晴れている日はブタクサ花粉の飛散量が多いといわれています。 春が終わったからといって油断は禁物。 夏ごろから薬を飲むなど早めの対策をしておくことでブタクサアレルギーの苦しい症状を和らげることができます。

ブタクサ花粉症の症状

【咳がブタクサ花粉症の特徴】

咳がブタクサ花粉症の特徴
咳が出る、喉が痛い、などといった喉に関する症状が出るのがブタクサ花粉症の特徴。
ブタクサ花粉はスギ花粉に比べて半分のサイズであるため、より気管支にまで届きやすいのです。

スギやヒノキの花粉症と同様、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状ももちろん見られます。

ブタクサアレルギーの症状が夏風邪と間違えられるケースも頻繁にあります。風邪とブタクサ花粉症の大きな違いとして、鼻水の出方があげられます。風邪の際の鼻水は粘り気があり、ブタクサ花粉症の際はさらさらとした透明な鼻水が出ることが特徴です。

また、ブタクサ花粉によって皮膚が荒れてしまうこともあるそうです。
顔の皮膚がピリピリと痛んだり、ひどいときには赤く腫れることもあります。

ブタクサ花粉症と喘息

【ブタクサ花粉は喘息を引き起こすかも】

ブタクサ花粉症の症状として、くしゃみや鼻水に加えて、喉の痛みや咳があげられます。
ブタクサの花粉のサイズが小さいため、気管支にまで容易に届いてしまうのです。

ブタクサ花粉症を発症している人は喘息になりやすいと言われています。ブタクサ花粉によって数週間のアレルギー性の咳が続くと、喘息を引き起こす可能性が出てきます。

喉の調子が悪い、咳が止まらない等の症状が出て、それらが長期(一週間以上)にわたる場合、花粉症を疑い、薬を飲む、病院に行くなど迅速な処置をしましょう。

ブタクサ花粉症による肌荒れ

【花粉症も肌荒れの原因に】

花粉によって鼻や目の症状が現れることは有名ですが、実は花粉アレルギーは肌荒れの原因にもなっていたことをご存知でしたか?

季節の変わり目においては、気候や気温の変動に体がついていけなくなることがあります。特に秋冬は乾燥し、肌の水分や油分のバランスが崩れ、外からの刺激に対しての抵抗力が減少します。この時期に飛散時期が合致するブタクサ花粉による花粉症皮膚炎に悩まされる人が多いのです。

花粉症皮膚炎による肌荒れを防ぐ/悪化させないためには、日頃からの保湿や皮膚炎用の薬の塗布が不可欠です。
保湿機能に優れた化粧水や乳液の使用したり、ワセリンを薄く伸ばして塗ったりするのがオススメです。極力長袖長ズボンを身に着けるなど、顔以外の皮膚の保護も忘れずに!

ブタクサ花粉の対策

【花粉をブロックすることこそ一番の対策】

ブタクサに近づかない、ブタクサを体や家の中に入れない、といったことがなんといっても一番の対策になります。
既にブタクサ花粉症の人にとっては症状を和らげる効果、発症していない人にとっては未然に防ぐ効果が期待できます。

◎外出編

・花粉のつきにくい衣服の着用

ウールの衣類は避け、綿やポリエステルの衣類を選んでください。

・マスク、めがねの着用

マスクは使い捨てのものがオススメです。また、花粉の時期はコンタクトを使用している人もメガネに切り替えるのがベター。コンタクトのレンズによる刺激が、ブタクサ花粉によって引き起こされる結膜炎を悪化させる恐れがあります。

・花粉ブロックスプレーの使用

最近では、顔にシュッとスプレーするだけで鼻や口をガードしてくれる優れものも販売されています。

◎帰宅編

・家に入る前に花粉を払い落とす

花粉落としブラシなどを使いましょう。

・うがい手洗い

うがい手洗いに加えて、洗顔、目の洗浄等もするとよりいっそう強力なブタクサ花粉対策になります。

◎家編

・部屋の喚起を頻繁に(空気清浄機も効果的です)

ブタクサ花粉が室内に入りこんでしまうため、開けっ放しにしておくのは禁物ですが、適度な換気は必要です。短時間、少しだけ窓を開けましょう。

・部屋の掃除

家に入る前に花粉を払い落とすとはいえ、完璧に花粉を除去するのは不可能。室内には多少なりともブタクサ花粉が残っていますので、こまめに掃除をしましょう。

薬でバッチリ!ブタクサ花粉対策

【早め早めの対策を】

薬でバッチリ!ブタクサ花粉対策
薬でのブタクサ花粉症対策も非常に効果的です。 花粉症対策として、花粉の飛び始める二週間程前から薬を飲み始めるのが良いとされています。

ブタクサ花粉の飛散が始まるのは8月頃ですので、7月には服用を始めましょう。また、花粉飛散時期が終わっても一週間ぐらいは薬の服用を続けましょう。

病院で花粉症検査

【手軽に花粉症検査ができます】

ブタクサに限らず、スギやヒノキなど花粉症と診断する為には医者による検査が必要です。基本的には耳鼻科に行けば、検査をしてもらえます。
花粉症検査の種類としては、皮膚検査血液検査があります。

皮膚検査

◎皮膚検査


料金:1項目約420円

皮膚検査には皮内テストとブリックテストの二つがあります。 皮内テストは、アレルゲンを皮膚に注射し、皮膚の反応を見るものです。 ブリックテストは、花粉の成分で皮膚を軽く引っかいて行います。しばらくしてみみずばれのような症状が現れたら、アレルギーだと判断されます。すぐに花粉症検査の結果を知りたい場合は皮膚検査がおすすめです。
血液検査

◎血液検査


料金:3000円~6000円

血液中のIgEや抗核抗体などを調べることができます。このアレルギー検査では、花粉のアレルギーだけでなく、動物や食品、ハウスダストなどのアレルギーも調べることが可能です。より正確な診断を得ることができるのが血液検査です。

ブタクサ花粉症と果物アレルギー

【ブタクサ花粉症の人は食事にも注意!】

ブタクサ花粉症の方は、果物過敏症も同時に発症している方が多いようです。
果物過敏症は、食物アレルギー症状・口腔アレルギー症候群とも呼ばれ、果物や野菜を食べたときに口の周りやにのどがかゆくなる病気のことです。ひどい場合は、じんましん、喘息の発作、吐き気などの症状を伴う場合もあります。

原因となるものとしては、

リンゴ、桃、梨、さくらんぼ、メロン、スイカ、キュウリ

などがあげられます。

ブタクサ花粉症の原因となる花粉アレルゲンと、上記の野菜や果物が持つアレルゲンが共通するため、どちらも発症してしまうようです。花粉症は季節性のものですが、果物過敏症は通年性のものですので、万全な注意を払うことが必要です。

ブタクサ花粉症対策のページ。アイジェネリックストアー(iGenericStore)はブタクサ花粉症対策をはじめ、様々な成分、効能を持つ海外のジェネリック医薬品の通販・個人輸入代行させていただいております。
ジェネリック医薬品のアイジェネリックストアーは厚労省指導基準に準拠してサイトを運営しております。