新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 8月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

2017年 9月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

ピロリ菌感染症

ピロリ菌とはどんな菌なの?

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は、人の胃に感染し胃炎の原因になります。ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は、らせん状の形をしていて鞭毛をもつグラム陰性好気性細菌です。人の胃の中は、強い酸性のために普通の細菌は生存できないのですが、ピロリ菌は、体のまわりをアルカリ性にできるので胃の中でも生存できます。ピロリ菌が胃にいるとピロリ菌の毒素で胃に炎症が起き、長期間炎症が続くと萎縮性胃炎、胃潰瘍、胃ガンなど胃の病気の原因となります。日本の店頭で売られている市販薬の胃薬では、ピロリ菌の除菌はできません

 

関連カテゴリー

ピロリ菌の除菌方法とは

胃酸分泌抑制剤と2種類の抗生物質を同時に併用した治療が一般的です。ピロリ菌の治療に使われる薬は、胃酸分泌抑制剤(ランソプラゾール)と2種類の抗生物質(アモキシシリン+クラリスロマイシン)を1週間服用する3剤併用療法が一般的です。最初の3剤併用薬でピロリ菌の除菌がうまくいかないときは、抗生物質の種類を変えて2次除菌を行います。2次除菌に使われる薬は、胃酸分泌制剤(ランソプラゾール)と2種類の抗生物質(アモキシシリン+メトロニダゾール)を一般的に使用します。

ピロリ菌の感染原因とは

ピロリ菌の存在する水や食べ物により感染すると考えられています。
感染経路は未だに解明されていませんが、ピロリ菌のいる水や食べ物を口にすることから感染すると考えられていて、発展途上国などの不衛生な水や食べ物には注意が必要です。

慢性胃炎(びらん性胃炎・萎縮性胃炎・肥厚性胃炎・ピロリ菌)とは?

長期間続いている胃の炎症です。
慢性胃炎の種類には、びらん性胃炎、萎縮性胃炎、肥厚性胃炎などがあります。慢性胃炎になると、胃の痛み、胃のむかつき、吐き気、食欲不振などの症状が見られますが、自覚症状がほとんどないことが多く胃カメラなどの検査により慢性胃炎が見つかることがあります。主な原因としては、加齢、お酒、タバコ、ストレス、ピロリ菌感染などが考えられます。急性胃炎と同じように治療薬には、胃酸をおさえる薬(胃酸分泌抑制剤)、胃粘膜を強くする薬(胃粘膜保護剤)、胃の動きを改善する薬などが使われますが、根本的な治療ではありません。最近では萎縮性胃炎の原因がピロリ菌感染のことも多く専用の治療薬でピロリ菌の除菌をおこないます。

ピロリ菌感染の予防方法とは?

不衛生な水や食べ物をできる限り口にしないことが重要です。
ピロリ菌の明確な感染経路がわかっていませんが、上下水道の整った先進国ではピロリ菌の感染が少ないというデータがあります。ピロリ菌の再感染率は少ないですが不衛生な水や食べ物をできる限り口にしないように心がけてください。現在お薬を服用している方は、一緒に服用すると副作用が出やすいものがございます。持病をお持ちの方は、かかりつけの病院にてご相談ください。

ピロリ菌除菌後も胃の調子が悪い?

ピロリ菌の除菌治療をした一部の人に、食道の炎症が出ることがあります。もともとピロリ菌は体をアルカリ性にして胃酸を中和していたため、ピロリ菌がいなくなったことにより胃の内部の酸性度が増加したと考えられています。除菌後の食道炎は一時的なことがおおいですが不快感が長く続く時はかかりつけの病院にてご相談ください。

ピロリ菌感染症のページ。アイジェネリックストアー(iGenericStore)はピロリ菌感染症をはじめ、様々な成分、効能を持つ海外のジェネリック医薬品の通販・個人輸入代行させていただいております。
ジェネリック医薬品のアイジェネリックストアーは厚労省指導基準に準拠してサイトを運営しております。