新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 12月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

2018年 1月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

ヘルペスに使う抗ウイルス薬

 

ヘルペスに使う飲み薬

ヘルペスウイルス感染症の飲み薬 バラシクロビルとは

 バラシクロビルを使用することでヘルペスウイルスの増殖をおさえ、症状の悪化を防ぐことができます。人にヘルペスの症状を起こす代表的なヘルペスウイルスは8種類ほど知られていて、単純ヘルペスウイルス1型、単純ヘルペスウイルス2型、水痘・帯状疱疹ウイルスなどが有名です。
 ヘルペスと聞くと、自分とは関係のない感染症と思いがちですが、ヘルペスウイルスは幼少期に水疱瘡(水ぼうそう)で感染している日本人が多く、多くの人がヘルペスウイルスに感染し菌が潜伏している状態にあります。ヘルペスウイルスは通常感染していても症状が出ることは少なく、風邪などで体力が落ちたりストレスや疲れなどで免疫力が落ちたりすると、ヘルペスウイルスが活動的になりヘルペス症状を起こすことがあります。単純ヘルペス感染症で代表的なものには、口唇ヘルペスと性器ヘルペスがあります。単純ヘルペスの症状が発症すると唇周辺に水ぶくれをおこしたり、性器のまわりや肛門の周りに水ぶくれをおこします。症状は皮膚の違和感やカユミやピリピリ感から始まり、水ぶくれができます。水ぶくれからかさぶたになると2週間ほどで完治します。単純ヘルペス感染症には錠剤や塗り薬の抗ウイルス薬を使用します。
 加齢と共に免疫力が落ちるためヘルペスは高齢者に起こりやすい傾向がありますが、働き盛りの20代や30代の若い世代はもちろん子供にも起こります。水痘・帯状疱疹ウイルスの症状が発症すると体に水ぶくれができます。子供の頃の水疱瘡(水ぼうそう)は発熱と全身に水ぶくれがおこりますが、大人の発症する帯状疱疹は、体の片方の神経上の皮膚に帯状に発疹ができます。症状が改善しても体内でヘルペスウイルスは潜伏しているため、免疫力が低下すると帯状疱疹が発症します。病気や薬の副作用などで免疫力が低下した時にも帯状疱疹が起こるリスクが高まるので注意が必要です。

バラシクロビルの効果効能とは

 ヘルペスウイルス感染症にしようされるバラシクロビルの効果効能には、単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹、水痘、性器ヘルペスの再発抑制があります。単純疱疹の症状の原因は、単純ヘルペスウイルス1型、単純ヘルペスウイルス2型のヘルペスウイルスです。帯状疱疹の症状の原因は、帯状疱疹ウイルスに感染すると発症するヘルペスです。
 なお、バラシクロビルについては、性器ヘルペスの再発抑制に使用されることがあります。バラシクロビルは、ヘルペスウイルスの増殖を抑える作用がありますが、体に潜伏しているヘルペスウイルスを完全に除去する作用はありません。現在、ヘルペスウイルスを完全に体から除去する薬は無い状態です。ヘルペスウイルスは体の神経に潜伏していて、加齢、疲れ、ストレス、薬の副作用、病気などで免疫力が落ちると数が増殖してヘルペスの症状を発症します。単純ヘルペスウイルス1型は口唇ヘルペスの原因となるヘルペスウイルスです。単純ヘルペスウイルス2型は性器ヘルペスの原因となるヘルペスウイルスです。帯状疱疹ウイルスは、水痘、帯状疱疹の原因となるヘルペスウイルスです。バラシクロビルは経口投与後に、腸管から吸収され肝臓を通過する際の初回通過効果によってバラシクロビルからアシクロビルに加水分解されることによって抗ウイルス作用を発揮します。バラシクロビル500mgの半減期は約3時間で最高血中濃度にたっするまで1時間半ほどになります。バラシクロビル1000mgの半減期は約3時間半ほどで最高血中濃度にたっするまでに2時間ほどかかります。腎臓から薬が排出されるので腎臓障害のあるかたが使用すると薬の成分が体内に残りやすくなりますので注意が必要です。バラシクロビルは、肝臓の初回通過効果でアシクロビルに加水分解された後に、単純ヘルペスウイルス1型、単純ヘルペスウイルス2型、帯状疱疹ウイルスに感染した細胞内でヘルペスウイルスのDNA合成を阻害することによりウイルスの増殖をおさえることができます。バラシクロビルはDNAの合成を抑える作用がありますが、ヘルペスウイルスそのものには作用が無いため、ヘルペスウイルスの増殖始まる前の初期症状のうちに抗ウイルス薬を使用するのが有効的です。

バラシクロビルの副作用とは

 バラシクロビルには副作用があります。そのうちの重大な副作用としては、アナフィラキシーショック、アナフィラキシー、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、播種性血管内凝固症候群(DIC)、血小板減少性紫斑病、急性腎不全、精神神経症状、 意識障害(昏睡)、せん妄、妄想、幻覚、錯乱、痙攣、てんかん発作、麻痺、脳症、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群) 、 呼吸抑制、無呼吸、 間質性肺炎 、肝炎、肝機能障害、黄疸、 急性膵炎 があります。主な副作用としては、頭痛、眠気、意識低下、肝機能検査値上昇などがあります。副作用が発症するのは、成分そのものが体にあわず抗原抗体反応が強く出るからです。アレルギー症状であるため血圧低下や意識喪失なども起こることが考えられますので、バラシクロビルアレルギーの方は使用を控えてください。
 バラシクロビルは、肝臓でアシクロビルに加水分解された後、腎臓から体の外に排出されます。バラシクロビルが肝臓で活性型のアシクロビルに変換されることが必要なため、肝臓に負担がかかり肝炎や肝機能障害、黄疸などが出ることが考えられます。肝臓に持病をお持ちの方は使用に注意が必要です。さらに、バラシクロビルは腎臓から尿中に排泄されるため、腎機能が低下している人は体内にバラシクロビルが残りやすく、副作用がでやすくなります。高齢者は腎機能が低下していることが多いので使用には注意が必要です。過剰服用や腎機能低下などによりバラシクロビルが体内にたまると、急性腎不全、精神神経症状では錯乱、幻覚、激越、意識低下、昏睡等が起こることがあり、さらに嘔気・嘔吐も起こると考えられます。バラシクロビルは、症状に従った用法用量を守って正しくご使用ください。なお個人輸入医薬品につきまして使用は自己責任となりますので、医師の指導の下使用いただくことをおすすめします。

口唇ヘルペスの塗り薬

ヘルペスに使う抗ウイルス薬のページ。アイジェネリックストアー(iGenericStore)はヘルペスに使う抗ウイルス薬をはじめ、様々な成分、効能を持つ海外のジェネリック医薬品の通販・個人輸入代行させていただいております。
ジェネリック医薬品のアイジェネリックストアーは厚労省指導基準に準拠してサイトを運営しております。