新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

2017年 11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

ヘルペス感染症

 

関連カテゴリー

ヘルペスとはどんな病気なの?

ヘルペスとはヘルペスウイルスにより起こる感染症です。代表的な病気の症状には口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹などがあります。水ぼうそうもヘルペスウイルスにより起こる症状の一つで、子供のころに感染することが多い症状の一つです。多くの人が一度は感染し発症したことのあるウイルスで、感染していても症状が出ない人が多いのも特徴です。

口唇ヘルペスとは?

単純ヘルペスウイルス1型に感染すると口唇ヘルペスが発症します。一般的に口の周りにピリピリ感といった違和感が現れたあと、赤く腫れ水ぶくれができます。水ぶくれができるまで約3日ほどかかり、水ぶくれのなかにはヘルペスウイルスが含まれています。通常、2週間程度で症状が改善します。抗ヘルペスウイルス薬はヘルペスウイルスの増殖を抑える効果があるので、口の周りに違和感がではじめる初期症状のうちに使用すると症状の悪化を防ぐことができます。一般的にバラシクロビルの内服薬を使用する場合は1日2回、1回1錠(500mg)を5日間使用します。

性器ヘルペスとは?

単純ヘルペスウイルス2型に感染すると性器ヘルペス症状がおこり水ぶくれや痒みのほかに高熱が出ることもあります。一般的にバラシクロビルの内服薬を使用する場合は1日2回、1回1錠(500mg)を5日間使用しますが、場合によっては10日間使用することもあります。

帯状疱疹の飲み薬とは

ヘルペスウイルス感染症には、単純ヘルペス感染症と水痘・帯状疱疹ウイルス感染症があります。単純疱疹は、単純ヘルペスウイルスに感染すると起こる症状のことを言います。帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウイルスに感染すると起こる症状のことを言います。帯状疱疹ウイルスに初めて感染すると水疱瘡(水ぼうそう)になります。この時に感染したヘルペスウイルスは皮膚から神経を伝わって後根神経節内に潜伏するようになります。加齢や体調不良などにより免疫力が低下すると、後根神経節内に潜伏していたヘルペスウイルスが皮膚に移動して増殖し、赤い発疹や水ぶくれをおこします。ヘルペスウイルスは人からも感染しますが、帯状疱疹の症状は一般的に感染ではなく後根神経節内に潜伏していたヘルペスウイルスにより発症します。帯状疱疹の症状は特徴的で、全身症状ではなく胸から背中にかけて左右どちらかの神経に沿って帯状の水ぶくれ炎症症状がでます。帯状疱疹の症状は、はじめに一週間程度の痛みやかゆみ、続いて赤みの発症があります。このとき熱や腫れもでることがあります。赤みが水ぶくれになると、最初透明の水ぶくれが黄色い膿のある状態になり、1週間ほどでただれた感じになります。赤みが出始めて1週間くらいは症状が悪化します。その後2週間ほどでかさぶたになり、3週間ほどで良くなります。抗ヘルペスウイルス薬はウイルスの増殖を抑える働きのある薬であり、赤みが出始める初期症状から使用することで症状の悪化を防ぐことができます。帯状疱疹は、免疫力が落ちると発症する病気なので、誰でもかかる可能性があります。免疫力が低下するエイズ、白血病、などの患者は感染しやすいので注意が必要です。特に高齢者の白血病、エイズ、の患者はさらに感染しやすいので注意が必要です。
帯状疱疹が発症しやすい季節としては、12月の疲れがたまる時や連休やお盆のシーズンがあげられます。帯状疱疹の治療薬にはバラシクロビルを使用します。バラシクロビルをできるだけ初期症状のうちに使用することでヘルペスウイルスの増殖を防ぐ事ができ、症状の悪化を防ぐことができます。帯状疱疹の範囲が広く全身症状があるときや、黒ずんだ水泡がある時は帯状疱疹の症状が重症化していることなどが考えられ、入院が必要となることがあります。
帯状疱疹のときに発生する痛みについては、一般的にはアセトアミノフェンなどを使用します。帯状疱疹後の神経痛が残ることがありますので帯状疱疹の治療には注意が必要です。帯状疱疹後神経痛については60歳以上の高齢者に多く初期症状の対応によっては帯状疱疹後神経痛が起こるリスクを下げることができますので、抗ウイルス薬の使用する時期が重要になります。発症する年代は約70%が50歳以上です。小さい頃に水疱瘡(水ぼうそう)になったあと20年くらいするとヘルペスウイルスに対する免疫機能がおちます。そのため高齢者に多い帯状疱疹ですが、20代から30代の若い世代にも発症することはあります。帯状疱疹の原因となるヘルペスウイルスは一度感染すると神経節に潜伏しているため、ストレスや疲れなどがたまり免疫力が落ちると発症します。

ヘルペス感染症のページ。アイジェネリックストアー(iGenericStore)はヘルペス感染症をはじめ、様々な成分、効能を持つ海外のジェネリック医薬品の通販・個人輸入代行させていただいております。
ジェネリック医薬品のアイジェネリックストアーは厚労省指導基準に準拠してサイトを運営しております。