淋病に使う抗生物質 | 感染症治療薬 | 淋病の通販・個人輸入代行ならアイジェネリックストアー

全商品送料無料

淋病に使う抗生物質

淋病に使う抗生物質』に関する 個人輸入医薬品以外の商品は見つかりませんでした。
お探しの商品が個人輸入医薬品の可能性があります。
下記の「検索」ボタンをクリックして個人輸入医薬品の『淋病に使う抗生物質』をお探しください。
海外医薬品は商品名の入力が必須です。商品名で検索

 

マクロライド系

セフェム系

セフェム系系抗生物質は、細菌の細胞壁合成を阻害する作用を示すお薬です。適応症には、淋菌感染症、表在性皮膚感染症,深在性皮膚感染症,リンパ管・リンパ節炎,慢性膿皮症、 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染,乳腺炎、 骨髄炎,筋炎、 咽頭・喉頭炎,扁桃炎,急性気管支炎,肺炎,慢性呼吸器病変の二次感染、 膀胱炎,腎盂腎炎,前立腺炎(急性症,慢性症),精巣上体炎(副睾丸炎)、 子宮頸管炎、 バルトリン腺炎,子宮内感染、 涙嚢炎,麦粒腫,角膜炎(角膜潰瘍を含む)、 外耳炎,中耳炎,副鼻腔炎,化膿性唾液腺炎 歯周組織炎,歯冠周囲炎,上顎洞炎,顎炎,抜歯創・口腔手術創の二次感染などがあります。適応菌種の例としては、ブドウ球菌属,レンサ球菌属,肺炎球菌,腸球菌属,淋菌,大腸菌,プロビデンシア属,クレブシエラ属,エンテロバクター属,プロテウス属,モルガネラ・モルガニー,インフルエンザ菌などがあります。経口使用するセフェム系抗生物質は、新しくなるにつれインフルエンザ菌などのグラム陰性菌桿菌に抗菌作用がすぐれグラム陰性菌とグラム陽性菌共に安定した抗菌効果がでるように改良されています。注射用セフェム剤については第1世代から第4世代に種類わけされていますが明確な分類定義はありません。なおセフェム系抗生物質は、他の抗生物質に比べ重篤な副作用は少ないのですが、アレルギー性副作用が発生することがあるので注意が必要です。セフェム系抗生物質にはジェネリック医薬品も多く存在していて海外ジェネリック医薬品につきましては市販薬と同じように処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします

ペニシリン系

ペニシリン系抗生物質は、細菌の細胞壁の合成を阻害する効果を示すお薬です。適応症には、淋菌感染症、梅毒、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、子宮内感染、子宮付属器炎、子宮旁結合織炎、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、びらん・潰瘍の二次感染、乳腺炎、骨髄炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、涙嚢炎、麦粒腫、中耳炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、猩紅熱、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃MALTリンパ腫・特発性血小板減少性紫斑病・早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎などがあります。適応菌種の例としては、淋菌、梅毒トレポネーマ、ヘリコバクター・ピロリ、ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、大腸菌、プロテウス・ミラビリス、インフルエンザ菌があります。ペニシリン系抗生物質は、グラム陽性球菌用ペニシリン、ペニシリン耐性ブドウ球菌用、広域ペニシリンの種類があり、現在は広域ペニシリンの使用が一般的です。他の抗生物質に比べ重篤な副作用は少ないのですが、アレルギー性の副作用が発生することが多いので注意が必要です。ペニシリン系抗生物質にはジェネリック医薬品も多く存在していて海外ジェネリック医薬品につきましては市販薬と同じように処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします

テトラサイクリン系

淋病に使う抗生物質のページ。アイジェネリックストアー(iGenericStore)は淋病に使う抗生物質をはじめ、様々な成分、効能を持つ海外のジェネリック医薬品の通販・個人輸入代行させていただいております。
ジェネリック医薬品のアイジェネリックストアーは厚労省指導基準に準拠してサイトを運営しております。