新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

2017年 12月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

カンジダに使う抗真菌薬

 

抗真菌薬の飲み薬

抗真菌薬は、真菌細胞で、膜成分のエルゴステロール生合成を抑制することで抗真菌作用を示します。適応症には、などがあります。適応症には、カンジダ属及びクリプトコッカス属による下記感染症真菌血症、カンジダ属に起因する腟炎及び外陰腟炎、呼吸器真菌症などがあります。真菌の種類には皮膚糸状菌、カンジダ、アスペルギルス、クリプトコッカスなどがあります。市販薬の水虫薬は、表在性真菌症に使用するが、効果が見られない時は感染菌が真菌でない場合があるので注意が必要です。

カンジダ菌感染症や爪水虫などの皮膚糸状菌、アスペルギルス感染症などの治療に使用される市販薬には使用されない病院医薬品(海外ジェネリック医薬品)です。代表的な成分にはミコナゾール、ッフルコナゾール、イトラコナゾールなどがあります。

Q:抗真菌薬とは?
A:カンジダ菌感染症や爪水虫などの皮膚糸状菌、アスペルギルス感染症などの治療に使用される市販薬には使用されない病院医薬品(海外ジェネリック医薬品)です。代表的な成分にはミコナゾール、ッフルコナゾール、イトラコナゾールなどがあります。
抗真菌薬は、真菌細胞で、膜成分のエルゴステロール生合成を抑制することで抗真菌作用を示します。適応症には、などがあります。適応症には、カンジダ属及びクリプトコッカス属による下記感染症真菌血症、カンジダ属に起因する腟炎及び外陰腟炎、呼吸器真菌症などがあります。真菌の種類には皮膚糸状菌、カンジダ、アスペルギルス、クリプトコッカスなどがあります。真菌感染症は2種類に分けられ、表在性真菌症には水虫などがあり、深在性真菌症にはカンジダ感染症やアスペルギルス感染症などがある。特にカンジダ感染症やアスペルギルス感染症などの深在性真菌症の発生には抗がん剤などで白血球数が減少して免疫力が低下して発症することが多い症状です。市販薬の水虫薬の塗り薬や皮膚カンジダ感染症の塗り薬は、表在性真菌症に使用するが、効果が見られない時は感染菌が真菌でない場合があるので注意が必要です。抗真菌薬の主な副作用は、下痢、発疹、悪心、嘔吐、浮腫、等があります。特にアゾール系の抗真菌薬は、トリアゾラム、ピモジドとの併用で心停止の副作用があるので一緒に使用することができない(併用禁忌)のお薬です。抗真菌薬にはジェネリック医薬品も多く存在していて海外ジェネリック医薬品につきましては市販薬と同じように処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします

抗真菌薬の膣錠

抗真菌薬は、真菌細胞で、膜成分のエルゴステロール生合成を抑制することで抗真菌作用を示します。適応症には、などがあります。適応症には、カンジダ属及びクリプトコッカス属による下記感染症真菌血症、カンジダ属に起因する腟炎及び外陰腟炎、呼吸器真菌症などがあります。真菌の種類には皮膚糸状菌、カンジダ、アスペルギルス、クリプトコッカスなどがあります。市販薬の水虫薬は、表在性真菌症に使用するが、効果が見られない時は感染菌が真菌でない場合があるので注意が必要です。

Q:抗真菌薬とは?
A:カンジダ菌感染症や爪水虫などの皮膚糸状菌、アスペルギルス感染症などの治療に使用される市販薬には使用されない病院医薬品(海外ジェネリック医薬品)です。代表的な成分にはミコナゾール、ッフルコナゾール、イトラコナゾールなどがあります。
抗真菌薬は、真菌細胞で、膜成分のエルゴステロール生合成を抑制することで抗真菌作用を示します。適応症には、などがあります。適応症には、カンジダ属及びクリプトコッカス属による下記感染症真菌血症、カンジダ属に起因する腟炎及び外陰腟炎、呼吸器真菌症などがあります。真菌の種類には皮膚糸状菌、カンジダ、アスペルギルス、クリプトコッカスなどがあります。真菌感染症は2種類に分けられ、表在性真菌症には水虫などがあり、深在性真菌症にはカンジダ感染症やアスペルギルス感染症などがある。特にカンジダ感染症やアスペルギルス感染症などの深在性真菌症の発生には抗がん剤などで白血球数が減少して免疫力が低下して発症することが多い症状です。市販薬の水虫薬の塗り薬や皮膚カンジダ感染症の塗り薬は、表在性真菌症に使用するが、効果が見られない時は感染菌が真菌でない場合があるので注意が必要です。抗真菌薬の主な副作用は、下痢、発疹、悪心、嘔吐、浮腫、等があります。特にアゾール系の抗真菌薬は、トリアゾラム、ピモジドとの併用で心停止の副作用があるので一緒に使用することができない(併用禁忌)のお薬です。抗真菌薬にはジェネリック医薬品も多く存在していて海外ジェネリック医薬品につきましては市販薬と同じように処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします

抗真菌薬の塗り薬

カンジダに使う抗真菌薬のページ。アイジェネリックストアー(iGenericStore)はカンジダに使う抗真菌薬をはじめ、様々な成分、効能を持つ海外のジェネリック医薬品の通販・個人輸入代行させていただいております。
ジェネリック医薬品のアイジェネリックストアーは厚労省指導基準に準拠してサイトを運営しております。