新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 9月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

2017年 10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

ジェネリック医薬品・市販薬 TOP > 感染症治療薬 > エイズ(AIDS) > 抗HIV薬(抗エイズウイルス薬)

抗HIV薬(抗エイズウイルス薬)

抗HIV薬(抗エイズウイルス薬)』に関する 個人輸入医薬品以外の商品は見つかりませんでした。
お探しの商品が個人輸入医薬品の可能性があります。
下記の「検索」ボタンをクリックして個人輸入医薬品の『抗HIV薬(抗エイズウイルス薬)』をお探しください。
海外医薬品は商品名の入力が必須です。商品名で検索

 

エイズの感染経路とは?

HIVがヒトに感染し発症すると細菌などから体を守る免疫細胞が減少しエイズ(後天性免疫不全症候群)になります。エイズウイルスは主に血液、精液、膣分泌液、母乳など体液から感染します。 エイズとは、エイズウイルス感染してからエイズ発症まで数年~10年と個人差があり、潜伏期間中は無症状のケースが多いため感染の発見がしにくい感染症の一つです。エイズに感染する経路としては、性行為による感染、注射器のまわし打ちなどによる血液感染、母親から赤ちゃんに感染する母子感染などがあります。エイズの感染率は他の性感染症(性病)にくらべ低く、海外ではエイズ患者が減少傾向にある一方で日本ではいまだに増加している性感染症です。エイズに感染すると免疫力が低下するため、風邪のような症状がでやすくなり、症状が悪化すると肺炎や腫瘍ができ体が弱り死に至ります。現在、HIVの治療薬にはウイルスが増殖時に使われる酵素の働きを抑える薬を複数併用して治療するのが一般的です。エイズの検査は保健所で無料無記名の検査が受けられるので恐がらずに検査するのが大切です。最近のエイズ治療薬を感染してから早い段階で使用するとエイズウイルスの増殖をおさえることができるのでエイズの発症を遅らせることができます。なおエイズウイルス(HIV)自体は体の外からは感染力が低く、通常の生活で感染することはありません。

エイズの治療薬とは?

抗HIV薬につかわれる抗ウイルス薬には核酸系逆転写酵素阻害薬、非核酸系逆転写酵素阻害薬、プロテアーゼ阻害薬、インテグラーゼ阻害薬、侵入阻害薬があります。通常、エイズの治療には3つ以上の抗ウイルス薬を併用して服用します。HIVを完全に除去する薬は現在でも無く、抗HIV薬は、一生のみ続ける薬になります。服用を中止したり飲み忘れなどによりエイズウイルスが薬物体制を獲得し薬が効かなくなることがるので服用には注意が必要です。

抗HIV薬(抗エイズウイルス薬)のページ。アイジェネリックストアー(iGenericStore)は抗HIV薬(抗エイズウイルス薬)をはじめ、様々な成分、効能を持つ海外のジェネリック医薬品の通販・個人輸入代行させていただいております。
ジェネリック医薬品のアイジェネリックストアーは厚労省指導基準に準拠してサイトを運営しております。