新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 8月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

2017年 9月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

クラミジアに使う抗生物質

ニューキノロン系

クラミジア感染症の治療に使う抗生物質は一般的に1日量レボフロキサシン力価500mgを1日1回使用します。主な副作用には、悪心、めまい、白血球数減少、不眠、ALT(GPT)上昇等がありますがその他副作用もございますので使用中に体調がすぐれない時には使用を中止して最寄りの病院にてご相談ください。

ニューキノロン系抗生物質は、キノロン系抗生物質の抗菌力を強力にして効果のある細菌の種類を増やした、細菌のDNAジャイレース及びトポイソメラーゼIVに効果を示すお薬です。適応症には、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、尿道炎、子宮頸管炎、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの)、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍、胆嚢炎、胆管炎、感染性腸炎、腸チフス、パラチフス、コレラ、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、炭疽、ブルセラ症、ペスト、野兎病、肺結核及びその他の結核症、Q熱などがあります。対応菌種の例としては淋菌、トラコーマクラミジア(クラミジア・トラコマティス)、肺炎クラミジア(クラミジア・ニューモニエ)、肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ)、インフルエンザ菌、レジオネラ属、グラム陽性菌群、グラム陰性菌群、ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、大腸菌、クレブシエラ属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、腸内細菌科、緑膿菌、ブドウ糖非発酵グラム陰性菌群、ペプトストレプトコッカス属、アクネ菌、炭疽菌、結核菌、ペスト菌、ブルセラ属、野兎病菌、Q熱リケッチア(コクシエラ・ブルネティ)があります。腸管吸収がよく組織移行性も高いので尿路感染症の膀胱炎、尿道炎や胆管などにの腸管感染症加え呼吸器感染症にも使用することが多い抗生物質です。ニューキノロン系の薬を服用する際にアルミニウムやマグネシウム、カルシウム、鉄など金属を含むものと同時に服用すると薬の作用が弱くなりますので、ニューキノロン系の抗生物質を使用する時は、鉄剤、胃薬、牛乳などと一緒に服用するのは避けてください。ニューキノロン系抗生物質には副作用が少ないのが特徴ですが、併用に注意しなければいけない薬(併用禁注意)としては、痙攣誘発する事があるナパノールや、薬の効果を強くするため副作用が出やすくなるテオフィリンがあります。

テトラサイクリン系

クラミジア感染症の治療に使う抗生物質は一般的に初日ドキシサイクリン塩酸塩水和物を1日量力価200mgを1回又は2回にわけて使用して、2日目からドキシサイクリン塩酸塩水和物として1日量力価100mgを1回に使用します。主な副作用は、悪心、嘔吐、食欲不振等、消化管障害、発疹、灼熱感等がありますがその他副作用もございますので使用中に体調がすぐれない時には使用を中止して最寄りの病院にてご相談ください。

テトラサイクリン系抗生物質は、細菌の30Sリボソームに作用してタンパク質合成阻害作用により抗菌効果を示すお薬です。適応症には、尿道炎、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、淋菌感染症、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、骨髄炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、感染性腸炎、コレラ、子宮内感染、子宮付属器炎、眼瞼膿瘍、涙嚢炎、麦粒腫、角膜炎(角膜潰瘍を含む)、中耳炎、副鼻腔炎、歯冠周囲炎、化膿性唾液腺炎、猩紅熱、炭疽、ブルセラ症、ペスト、Q熱、オウム病などがあります。適応菌種の例としてはクラミジア属、ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、炭疽菌、大腸菌、赤痢菌、肺炎桿菌、ペスト菌、コレラ菌、ブルセラ属、Q熱リケッチア(コクシエラ・ブルネティ)があります。テトラサイクリン系の抗生物質は、効果のある細菌が多かった成分ですが繁用したために作用しなくなる耐性菌が多く存在するようになりました。現在は耐性菌の少ないドキシサイクリンやミノサイクリンを使用するのが主流になっています。テトラサイクリン系抗生物質を使用する際にカルシウム、マグネシウム、鉄、アルミニウムなどの金属を含むものと服用すると作用が低下するので注意が必要です。主な副作用としては、胎児の骨取り込まれるため胎児が奇形(催奇形性)なったり、食道潰瘍、他の抗生物質に比べ腸管からの吸収が少なく腸内でテトラサイクリン系抗生物質が作用し腸内細菌の殺菌作用が強く出るなどです。

マクロライド系

クラミジア感染症の治療に使うマクロライド系抗生物質にはアジスロマイシンなどがあります。大人はアジスロマイシンとして、力価1000mgを1回、1日使用します。主な副作用には下痢やおう吐などがありますが使用中に体調がすぐれない時は副作用のケースも考えられますので最寄りの病院にて相談ください。マクロライド系抗生物質のアジスロマイシンは使用する症状によって服用方法がことなります。クラミジアで以外で使用する際は適応症をごかくにんいただき使用方法にご注意ください。

クラミジアに使う抗生物質』に関する 個人輸入医薬品以外の商品は見つかりませんでした。
お探しの商品が個人輸入医薬品の可能性があります。
下記の「検索」ボタンをクリックして個人輸入医薬品の『クラミジアに使う抗生物質』をお探しください。
海外医薬品は商品名の入力が必須です。商品名で検索

 

クラミジアに使う抗生物質のページ。アイジェネリックストアー(iGenericStore)はクラミジアに使う抗生物質をはじめ、様々な成分、効能を持つ海外のジェネリック医薬品の通販・個人輸入代行させていただいております。
ジェネリック医薬品のアイジェネリックストアーは厚労省指導基準に準拠してサイトを運営しております。