新規会員登録でいますぐに使える500ポイントプレゼント
口コミしてお得なポイントをゲット!

営業日のご案内

2017年 8月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

2017年 9月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
電話受付のお休み
インターネットからのご注文は
365日24時間承っております

フェイスブックFacebook

ツイッターtwitter

膀胱炎に使う薬

 

ニューキノロン系

膀胱炎の治療に使う抗生物質レボフロキサシンは、一般的に1日量力価500mgを1日1回使用します。主な副作用には、悪心、めまい、白血球数減少、不眠、ALT(GPT)上昇等がありますが、その他副作用もありますので、レボフロキサシン使用中に体調がすぐれない時には使用を中止して最寄りの病院にてご相談ください。

膀胱炎の治療には、レボフロキサシンなどのニューキノロン系抗生物質が一般的に使用されます。レボフロキサシンの服用期間は通常3日です。レボフロキサシンには、市販薬には使われていない抗生物質であり、購入方法については、病院で処方してもらいうか、個人輸入によって海外から取寄せるかしかありません。

膀胱炎には急性単純性膀胱炎と慢性複雑性膀胱炎がありますが、どちらも膀胱内に細菌が感染しているため発症します。急性単純泉膀胱炎は、膀胱内に細菌が侵入して起こる症状で、一般的には抗生物質のレボフロキサシンなどを使用して治療します。膀胱炎は体の構造上女性が発症することが多く、原因菌としては大腸菌がほとんどです。慢性複雑性膀胱炎は、膀胱炎以外にも他の疾患を併発しているため、抗生物質による治療だけでなく併発している他の症状の治療もしなければなりません。

膀胱炎に使用する薬は市販薬にもありますが、抗生物質は市販薬に使用されていません。市販薬に使われている成分は猪苓湯などの漢方薬です。膀胱炎の原因菌をやっつけるためには抗生物質での治療が必要です。

体の構造や、さらに体の構造以外にもトイレを我慢したり、トイレの回数を減らすため水分量を減らしたりする傾向があるため、女性は膀胱炎になりやすいのが事実です。膀胱炎を繰り返し発症しやすい方は、レボフロキサシンなどの抗生物質に頼るだけではなく生活習慣を改善することも必要です。

ニューキノロン系抗生物質のレボフロキサシンは、膀胱炎のほかに皮膚感染症、呼吸器感染症、眼の感染症などにも使用されています。感染症治療に期待される抗菌作用の他に、もちろん副作用もあります。一般的に、抗生物質を服用すると体内に通常生息している常在菌や善玉菌も殺してしまうため、下痢など胃腸障害が出やすくなります。その他の副作用もありますので、使用時の不快感がひどい時は使用を中止して、最寄りの医療機関にて検査することをおすすめします。

膀胱炎などの感染症の治療に使用されるニューキノロン系抗生物質のクラビットには、ジェネリック医薬品も多く存在しています。海外ジェネリック医薬品につきましては市販薬と同じように処方箋なしで購入いただけますが、医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします。

テトラサイクリン系

膀胱炎の治療に使う成分として、ドキシサイクリンがあります。一般的に初日にドキシサイクリン塩酸塩水和物を1日量力価200mgを1回又は2回にわけて使用し、2日目からドキシサイクリン塩酸塩水和物として1日量力価100mgを1回に使用します。主な副作用は、悪心、嘔吐、食欲不振等、消化管障害、発疹、灼熱感等、その他の副作用があります。ドキシサイクリン使用中に体調がすぐれない時には使用を中止し、最寄りの病院にてご相談ください。

ペニシリン系

膀胱炎の治療に使うアモキシシリンは、一般的に大人は通常1回250mg(力価)を1日3~4回経口服用します。主な副作用は、発疹、悪心・嘔吐、下痢・軟便、食欲不振、トランスアミナーゼ上昇等があります。その他副作用もありますので、アモキシシリン使用中に体調がすぐれない時には使用を中止し、最寄りの病院にてご相談ください。

Q:ペニシリン系抗生物質とは?


A:膀胱炎、淋菌感染症、梅毒などの治療に使用される、市販薬にはない病院医薬品(海外ジェネリック医薬品)です。代表的な成分には、アモキシシリン、アンピシリン、バカンピシリンなどがあります。
ペニシリン系抗生物質は、細菌の細胞壁の合成を阻害する効果のあるお薬です。適応症には、淋菌感染症、梅毒、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、子宮内感染、子宮付属器炎、子宮旁結合織炎、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、びらん・潰瘍の二次感染、乳腺炎、骨髄炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、涙嚢炎、麦粒腫、中耳炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、猩紅熱、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃MALTリンパ腫・特発性血小板減少性紫斑病・早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎などがあります。適応菌種の例としては、淋菌、梅毒トレポネーマ、ヘリコバクター・ピロリ、ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、大腸菌、プロテウス・ミラビリス、インフルエンザ菌があります。ペニシリン系抗生物質は、グラム陽性球菌用ペニシリン、ペニシリン耐性ブドウ球菌用、広域ペニシリンの種類があり、現在は広域ペニシリンの使用が一般的です。他の抗生物質に比べ重篤な副作用は少ないのですが、アレルギー性の副作用が発生することが多いので注意が必要です。ペニシリン系抗生物質にはジェネリック医薬品も多く存在していて、海外ジェネリック医薬品については市販薬と同じように処方箋なしで購入いただけますが、医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします。

セフェム系

膀胱炎の治療に使う抗生物質は一般的に1回250mgを6時間ごとに使用します。重症時や抗生物質に対して効きが弱い細菌の時には1回500mgを使用することがあります。主な副作用は、発疹、紅斑、発熱、黄疸、吐き気、下痢、食欲不振、頭痛等がありますがその他副作用もありますので、使用中に体調がすぐれない時には使用を中止し、最寄りの病院にてご相談ください。

Q:セフェム系抗生物質とは?


A:膀胱炎、淋菌感染症、リンパ管・リンパ節炎,などの治療に使用される、市販薬にはない病院医薬品(海外ジェネリック医薬品)です。代表的な成分には、セファレキシン、セフィキシム、セフジニル、セフロキシムなどがあります。
セフェム系抗生物質は、細菌の細胞壁合成を阻害する作用のあるお薬です。適応症には、淋菌感染症、表在性皮膚感染症,深在性皮膚感染症,リンパ管・リンパ節炎,慢性膿皮症、 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染,乳腺炎、 骨髄炎,筋炎、 咽頭・喉頭炎,扁桃炎,急性気管支炎,肺炎,慢性呼吸器病変の二次感染、 膀胱炎,腎盂腎炎,前立腺炎(急性症,慢性症),精巣上体炎(副睾丸炎)、 子宮頸管炎、 バルトリン腺炎,子宮内感染、 涙嚢炎,麦粒腫,角膜炎(角膜潰瘍を含む)、 外耳炎,中耳炎,副鼻腔炎,化膿性唾液腺炎 歯周組織炎,歯冠周囲炎,上顎洞炎,顎炎,抜歯創・口腔手術創の二次感染などがあります。適応菌種の例としては、ブドウ球菌属,レンサ球菌属,肺炎球菌,腸球菌属,淋菌,大腸菌,プロビデンシア属,クレブシエラ属,エンテロバクター属,プロテウス属,モルガネラ・モルガニー,インフルエンザ菌などがあります。経口使用するセフェム系抗生物質は、新しくなるにつれインフルエンザ菌などのグラム陰性菌桿菌に抗菌作用が優れ、グラム陰性菌とグラム陽性菌共に安定した抗菌効果がでるように改良されています。注射用セフェム剤については第1世代から第4世代に種類わけされていますが、明確な分類定義はありません。なおセフェム系抗生物質セファレキシンは他の抗生物質に比べ重篤な副作用は少ないのですが、アレルギー性副作用が発生することがあるので注意が必要です。

セフェム系抗生物質には、主成分のセファレキシンが使用されたジェネリック医薬品も多く存在しています。海外ジェネリック医薬品につきましては市販薬と同じように処方箋なしで購入いただけますが医師の指導の下ご使用いただくことをおすすめします。

日本で市販されている膀胱炎の薬

膀胱炎の治療薬は一般的に抗生物質で治療しますが、抗生物質を使用したものをドラッグストアーなどで市販薬として購入することができません。現在、膀胱炎に使われている市販薬は、猪苓湯などの漢方薬がほとんどです。排尿痛をやわらげたり尿量をふやしたりすることで膀胱炎に使用されますが、抗生物質とは作用が異なります。現在、抗生物質を購入する方法としては、病院で処方してもらうか、個人輸入により海外で取寄せることにより購入するか、があります。

急性単純性膀胱炎で症状が軽い場合は、抗生物質を使用しなくても2週間ほどで症状が改善するケースもあるようです。ただしこの場合は、膀胱内に細菌が残っているケースも多く、再発する可能性が高くなります。また、長期間放置することで膀胱炎が悪化して腎炎などのさらに体の中まで細菌が侵入することになります。普段から水分を取らず、トイレを我慢しがちな生活スタイルの人は要注意です。

膀胱炎に使う薬のページ。アイジェネリックストアー(iGenericStore)は膀胱炎に使う薬をはじめ、様々な成分、効能を持つ海外のジェネリック医薬品の通販・個人輸入代行させていただいております。
ジェネリック医薬品のアイジェネリックストアーは厚労省指導基準に準拠してサイトを運営しております。